Junkie's 徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒然お出掛け日記「2018年初詣」

<<   作成日時 : 2018/01/12 23:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今までは、大晦日の22時くらいに宮島に渡り、厳島神社に参拝していたけど...
不謹慎な理由ながら、大晦日は、ダウンタウンのガキの使いに張り付いているので、2018年初詣は、年が明けた元旦に海を渡ることになりました
初詣メイトはジャイアン。
割とゆっくりめに家を出て、電車に乗ったけど、初詣客で満員だと思いきや、普通に座れるくらいのガラガラ具合。
意外だったわぁ〜。
フェリーに乗っても、席はバッチリ確保でき、のんびりと12時近くに宮島に到着しました。
元旦はめっちゃ天気が良く、宮島の大鳥居の朱色がめっちゃ綺麗に空の水色に映えていました〜
画像

こんな日に宮島散策は気持いいね〜
電車とフェリーは混んではいなかったけど...
さすがに、厳島神社は石段くらいから混んでいました。
この人ごみのほとんどは、北陸からのバスツアーの客っぽいから、このバスツアーと遭遇せんかったら、そうでもなかったかもしれんけど...。
画像

厳島神社で配っている初詣限定干支しゃもじもゲットし、いざ参拝へ〜〜
バスツアーゾーンを抜けたら、のんびり歩けたけどね。
まずは厳島神社のフォトスポットで写真を1枚
画像

せっかく参拝したので、厳島神社のこともちょろりと書いておきまする
厳島神社は推古天皇元年(593年)、佐伯鞍職により創建されたと伝えられています。
原始宗教のなごりで、島全体が神の島として崇められていたので、陸地では畏れ多いと潮の満ち引きするところに社が建てられました。
それから、平清盛が(1146年)に安芸守に任官され、平家の守護神として尊崇し、社殿を現在の姿に造営しました。
御祭神は宗像三女神( 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たきつひめのみこと)です。
御利益のメインは交通安全・海上交通安全だそうな。


参拝を済ませ、厳島神社を出たら、神社の上に五重塔が見えて、これまた何だかいい風景なりよ〜。
画像

毎回、参拝を済ませた後に思うけど、出口から参拝料を払わずに入ってくる不届き者が割といるからイラっとするけど、今回は正月なのでムカつかないように我慢我慢

帰りに焼き立ての栗もみじとかぼちゃもみじをゲットし、宮島を後にしました〜

そして...
1月7日は両親と廿日市上平良にある速谷神社に参拝しました。
画像

速谷神社は、火災にあったので、真新しく見えるけど、歴史は古く、創祀1800年だそうです。
平安時代にまとめられた延喜式によれば、名神大社(官幣)に列せられ、延喜式所載の安芸国三社(速谷神社・嚴島神社・多家神社)の中でも格別の待遇を受けました。
御祭神は安芸国を開かれた大神、飽速玉男命(あきはやたまおのみこと)です。
交通安全として有名な神社ですよ。


安芸国の総氏神なので、広島人は参拝でしょ
おみくじをひいたら、毎年のことだけど、大したことは書いてなかったな...
画像


次の日、まだ初詣に行っていないという、釣り友のあきを君が、今年は厄年かもしれんし、初詣に行っていないからどっかオススメのとこあるか〜って聞いてきたので...
あきを号も兼ねての初詣なら車系速谷神社だし、厄払いなら厄払い最強らしい由加神社がいいらしいよと、知ったかぶってアドバイス。
由加神社は、岡山にあり、なんで私が知っているのかというと...
前に勤めていた大学病院の薬学部研究室の人たちが病みに病みまくっていて、教授のパワハラで鬱になってやめてしまったり、別の子は奇声をあげたり、泣き叫んだりと、実験マウスの呪いか〜って本気で思っていた時...
その中でもいつも味方になってくれていた修士生のお兄さんが一番まともだったけど、とうとうパワハラとおかしな人々過ぎると病んでしまい、あともう少しで卒業なのに、やめたいと悩みまくり...しまいには荒れまくりとなっていたので、シャキシャキの社会人の彼女が由加神社を調べあげ、修士兄さんを連れて行ったところ...
翌日から、お兄さんの顔付きが変わり、就職も内定が決まっていなかったのにバサバサと決まり始め、今は卒業でき超一流企業で働いているという、本人いわく、ミラクルが起きたと言っていたという小話がありんす

私も一度は行ってみたかったので、あきを君の厄払いに便乗することにしました〜
私が聞いた話だと、倉敷あたりにあるっぽいので、朝の10時くらいに出発〜
とりあえず、小谷SAで、朝ごはんをゲット。
小谷SAは、アンデルセンが入っているので、鏡餅がなんとパンでできていましたっ
画像

かわいすぎじゃろ〜〜
あきを君はパンを食べ、私は外で売っていた石焼き芋をゲット
画像

露店の兄ちゃんに値段を聞いたら、ボソボソっと220円って聞こえたんだけど、いざ受け取ったら実は500円だったという
ほんま、ボソボソっと何言っているかわからん人と、すぐに荒びまくるおっさんは苦手だわ

思った以上に遠かった由加神社には12時過ぎに到着。
駐車場が最初に見えたけど、通そうだったので、まだ先に行こうやって先に行ったら、近くに駐車場がありました。
いざ、参拝って、張り切って行ったら、あまり古くなさそうな蓮台寺っていうお寺があり。
画像

でも、しっかりと日本一の厄除けって書いてあるし
私は確かに由加神社って聞いたからお寺じゃなかった気がする〜って思っていたら、あきを君がその場でネットで調べてみました。
どうやら由加山は、この蓮台寺と由加神社が隣接していて、祀っている神様は同じみたい
じゃあ、お寺で厄払いしてもらおーって、そのまま近くの蓮台寺で厄払い申し込み。
祈祷は1時からなので、しばらくのんびりすることに。
蓮台寺は初耳だったので、蓮台寺と由加神社を調べてみました。
蓮台寺は約1300年前、行基により十一面観音が祀られ、瑜伽大権現を霊地瑜伽山にお迎えされ、神社仏閣が一体となった瑜伽大権現(由加大権現)と呼ばれる神仏習合の山となりました。
瑜伽大権現は阿弥陀如来と薬師如来の二尊が仮に神人の姿をもって現れたと言われています。
明治時代に神仏分離令により、由加神社と蓮台寺に分離され、第二次世界大戦後の国家神道解体により、形式的には分離したままで、僧職が本殿で祈祷を行う等事実上明治以前の形態をとり、由加神社は蓮台寺により一体的に運営されていました。このため由加神社としての宗教法人資格は一応保持していた形でした。
1997年に、宗教法人としての独自活動を開始し、蓮台寺と対立状態にあるそうです。


何だか、神社仏閣が対立関係ってものすごく俗っぽい気がせんでもないけど...
お金のにおいもするし。
去年、豊岡八幡宮の事件があったから、なんだかね
歩いている時に、近くに新しい本殿の建設予定地みたいなんが書いてあり施工費12億と書いてありました。
何だかね。
そういえば、坊さんと見合い結婚した友人も、旦那さんの金使いの荒さが常識を越えているって呆れていたのを思い出したわ。
古いお寺の方が格式があるような気がするけど。
ちなみに、数年前に蓮台寺では世界最大級の木造不動尊がお迎えされたそうです。そういえば、1階に不動尊があり、あきを君に、何か新しげな感じじゃねって言った気がする。

まぁ...そんなマイナスイメージは払拭し、いざ、祈祷場所の2階の本殿へ上がって行きました
驚いたのが、祈祷祈願の人がめっちゃ多い〜
祈祷は、鮮やかな緑色の袈裟をまとった複数のお坊さんと、オレンジの袈裟の位が高そうなお坊さんで行われ、太鼓が使われたり、経文をパラパラっとななめ上から流したりと、迫力満点。
この迫力だけでも、厄が落ちた気がする。
てか、初めて、お坊さんをかっこいいと思った気がする、って書くのは不謹慎よねぇ
あきを君の話では、真言宗らしい〜。

祈祷後、お札を受け取る時、これは無料だったけど交通安全ステッカーとか火の用心とかそういうお札も持ち帰られました。
交通安全ステッカーは、一番車をぶつけそうな父親の車にデーンと貼っております
本殿1階には、不動明王以外にも、何体か仏像がお祀りしてあり、中でも愛染明王は縁結びとか出会いの縁の神様らしく、若者たちが拝みまくっていました。
愛染明王は、願い事を紙に書いて、液体に入っている壺に入れ、右側に箸を回して紙を溶かしたら願いが聞いてもらえるんだって〜
愛染明王の御守は岡山といえばのデニム生地でできていて、めちゃオシャレな感じでした。

お次は奥の院へ。
画像

階段を上ったら、明治初期に建てられたという権現堂がありました。
権現堂から客殿までは、古い回廊のようなところを歩け、これがなかなか趣があっていい感じでございます。
画像

画像


最後に一番奥にある由加神社へ参拝。
なんと、鳥居が備前焼でできています
画像

備前焼の鳥居は明治27年に奉納され、獅子は文政12年に、当時の備前天城・池田氏が奉納されたそうですよ。
鳥居前にはこの先にある由加神社は由加大権現と名称を変えて権現様の名称を使用していますがこの由加神社と1300年の歴史をもつ蓮台寺とは一切関係ありません。御祈祷、お札、御守を受ける時は間違えないようにと蓮台寺が大きな看板を掲げていました。
看板にお金のにおいあり...
多分、参拝者のほとんどが、こういうのを読むと微妙な気持になりそうな気がするので、内々でやって欲しい気がしまする。
でも、隣に当初、目指していた由加神社があるので、もちろん参拝
画像

帰り道はまた蓮台寺を通ることになるので、よく当たるという推命おみくじを引きました。
推命おみくじは四柱推命を基にしたおみくじで、50万以上のデータを基に、100通りの運勢から生年月日、男女別で判断し、当人さまの運勢にあてるそうで...
早速、難しげなおみくじを呼んでみると、私の大運は傷官で道理が通らないことが起きやすく、対人関係でストレスがたまるというのが基本らしい。
目上の人のアドバイスが吉らしく、なるべく人とは接触しないのが無難だそうな。
それって、ここ数年、そんな感じのような気がする...
大運は、何年かサイクルらしいから、当たってるんかなぁ...。
今年の運は食神なので、食べることには困らないらしいから、ありがたいけど〜〜

あきを君のぶんも、あんまりいい事が書いてなかったらしくて、ショックを受けてたな。
まぁ、厄を落としてもらったんだし、深く考えんことよね〜
御守は、蓮台寺で身につける御守ブレスレット、由加神社で御守をゲットしました。
画像

色々ともめているようだけど、両方参拝させて頂いたので、両方の御守りが欲しかった次第

実は帰りにしまなみ海道で、アジングをして帰ろうって話になっていたけど、この日は朝から晩までしつこく雨なので、あきを君が根性で下道で帰りました
いやーーー、男だわ、ほんま〜
私なら途中でくじけそうな距離でございました。

以上...
長々ネチネチと書き綴った初詣話は終わりでございます。

遅らばせながら、今年もジュンキーブログをよろしくお願いいたしまする〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徒然お出掛け日記「2018年初詣」 Junkie's 徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる