徒然食道楽日記「支留比亜珈琲店 広島大竹店」大竹市

朝っぱらから大竹に用があったので、その帰りに久しぶりにトライアル内にあるシルビアコーヒー店に朝食で寄りましたっ

3_2020062911575396e.jpg

シルビアコーヒー店はコメダコーヒー店と同じくモーニングタイムにドリンクを注文すると、トーストとかが付いてきます。
確か、前にもレポートをしたことがあるんだけど、今回は久しぶりなので、レポート更新なりね

衝撃的だったんは久しぶりのシルビア朝食一式は、サラダとヨーグルトが増えていたっ

3a_202006291238329cb.jpg

確か、前はトーストとゆで卵だけだったような気がするーー。
アメリカンコーヒー代500円のみ払ったら、これだけ付いてくるってお得よねー

こりゃ、また機会を作ってモーニング食べに行かんといけんわ

支留比亜珈琲店 広島大竹店
広島県大竹市晴海2-10-48
0827-30-8688
7時~19時30分
定休日なし

オマケ
今回のアルバムは読んだ本アルバム
今回の本はわたしの幸せな結婚一 顎木あくみ著
インスタをやっていたら、広告がちょいちょい出てくるんだけど、その中にあるコミック系アプリの広告があり、漫画が何ページ分か分割されて流れるんですよ。
その漫画でわたしの幸せな結婚というのがあり、主人公の女の子が継母と義妹からのいじめで痛々しくて、とっとと婚約という名目でうちを追い出され、その後どうなったのか気になり、どうやらこの漫画、小説が元になっているという情報をキャッチしたので、早速、小説をゲットしてみました。

3_20200629130019291.jpg

漫画と表紙イラストが同じかどうかは覚えていないけど、広告で見た漫画はこんな雰囲気だったような気がするねー。
このお話の設定は明治時代っぽい。
この時代に、魑魅魍魎を見ることができ、それぞれに特殊な能力を持った異能の家系に主人公の女の子美世さんが生まれ、美世さんが幼い時に母親が死に、実父の元彼女の後妻に入ってきた女がそりゃーもう意地悪し。
それから意地悪後妻が生んだ美世さんの義妹がまた底なしに意地が悪く、嫁入り前まで使用人以下の扱いでいびりたおされていた美世さんにも恋心を抱いていた幼馴染の男の子がいたんだけど...
結局、その男の子も美世さんの妹の婚約者になり、家からすると邪魔者な美世さんは冷酷無比といわれる久堂清霞と婚約することに。
ここで婚約破棄されたら、野となれ山となれとどのみち厄介払いと追い出した次第。実父も悪いやつじゃ。
清霞さんは、20代後半ながら、それまでの婚約者たちみんなから逃げられているという冷酷無比男っていう設定だけど、冷たいのは最初だけで、何かと気遣いがあるし、私から見るとええ人じゃんって感じのイケメンだったわー。
しかも、最初の冷たさっていうのも仕方がない理由からだったし、噂って怖いねー。
清霞さんも、美世さんの無表情な顔や良家なのにみすぼらしい恰好とか、口を開けば謝ってばかりの卑屈満載の美世さんの裏事情が気になり、それとなしに調べて見て、美世さんのバックグラウンドを知って愕然。
それでも今までが不幸のどん底だった美世さんも、噂とは違う清霞さんのやさしさに惹かれていって、何だかあれよあれよと相思相愛チックな展開。
でも、たまたま清霞さんを見かけた意地悪妹が、あまりのイケメン金持ち清霞さんは私が婚約者にふさわしいと思い込み、そこから事件が発生ーー。

明治時代ってまだギリギリ魑魅魍魎系話がしっくりくるし、清霞さんが軍人なのがはいからさんが通るの伊集院少尉を彷彿とさせてしまうし。
髪もお肌も痛んでゴワゴワ、決して美人じゃないと言われ、ひっそりとしているけど、基本的に追い出されたくないからってのがあるけど、何か役に立とうとする前向きな主人公の美世さんは応援したくなるし、そんな美世さんも化粧を覚えて綺麗になっていき、清霞さんが美世さんに惹かれていくところも何だか美しいー。
ざっくばらんに書いたストーリーだけど、ボロボロだった美世さんの女っぷりに磨きがかかっていくのは女性が読んでいて面白いかもー。
旦那さんの清霞さん、冷酷無比ってずっと言われていたけど、世の男性方よりもずっとお優しい麗人と思われるので、最初の設定が何だか後々からくりがあるのかと思ったくらいっす。
まさにシンデレラストーリー。
1巻だけでも、後半は異能が使われてドッカンバッタンと大事になったり、建物どころかお家が潰されかかったりと、大騒動で幕を閉じました。
何だか、すっきり気持ちよく1巻は終了したので、2巻が楽しみじゃねーー。
頑張れ、美世さん。

"徒然食道楽日記「支留比亜珈琲店 広島大竹店」大竹市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント