徒然釣り日記「柳井の渚でボウズ祭」

前回の釣行で、名人とあちこち釣り場のチェックをしていて、一番気になった釣り場がざわつきの渚。
そんな話を稲さんにしていたら、稲さんが名人の前釣りでチェックしに行くと言い出し、早速、ざわつき渚に行くことになりましたー。
いつものようにうちに迎えに来てくれたんだけど、今回はてっきり釣りを辞めたと思っていたゆきちゃんが1年ぶりくらいに釣りを復活とのことで、一緒に来ていました。
こりゃ、どうやらざわつきの渚でBBQをしそうな気がするねー。
ざわつき渚への道は私の頭の中の記憶を頼りに行くことになったので、ちょっと自信がなかったけど、何事もなく現地に到着しました。
見渡す限り、商売ができそうなくらいのゴロ石がびっしりとある広大な渚じゃね。

1_202006201606369f0.jpg

右に行くと浅くなっているので、そこまで奥まで歩かずに手前に陣を取ることにしました。
今回の配合餌はこちらでございます。

3_20200620161906ed1.jpg

ざわつき渚まで行くから激重まで奮発したし。
しかも、道糸まで新調。
余談だけど、今まで使用していたサンラインのおしゃれ、昨年の9月に替えてからずっとそのまま使い続け、高切れゼロ。
めっちゃ長持ちするねー。
もちろん、今回も当然、おしゃれにしたわ。

新品おしゃれ第1投で釣れた魚は...
ひゅっとラインが走り、磯ベラーーー

2_202006201832070b9.jpg

これは色々釣れるかもーと、磯ベラで気をよくして、藻の先に第2投。
今回は投げて少ししたらバンっとラインが走り、うわっ、きたーーーーと思い、合わせを入れたけど、そのまま藻に突入されました
藻抜きだわーーーと、大嫌いな藻抜き開始。
ラインを緩めて、チヌが動くのを待っていたけど、なかなか動かないし。
もしかして逃げたんかなと、引っ張ってみると、生命反応はあり。
やっぱ、おるじゃんーとまたラインを緩めて待つも、引っ張ったのが良くなかったのか、チヌがお怒りになられてちっとも動いてくれない...。
結構、待ったけど、段々めんどうくさくなってきて、藻が切れんかなってぐいぐい引っ張っていたら、青い顔をして稲さんが入ってきて、そんなことをしたら余計魚が怒り狂うけーと、ワーワー言ってきました。

5_20200621171652126.jpg

我慢の限界なりーーとウダウダ言っていたら、俺がやってみるわと、稲さんが交代。

1_202006211646407f9.jpg

そして思ったんだけど、もしかしたら藻というよりは大きいゴロ石についているんじゃないかと。
海底に見えるゴロ石ってそこそこ大きいし。
稲さんに話したら、、確かにこりゃ藻じゃなくて確かに底の石にひっついとるかもしれんっていうので...。
もう無理っぽいし、2投目であたりがきたから、まだ次があるかもだし、諦めようやーという話になり、この魚は諦めて結局、糸を切りましたわーー

ただ...
これが、大きな間違いだった...。
それからは、とにかくあたりがなし。
しかも、底のゴロ石に根がかりして浮きをロストしまくり。
底を狙ったらアウトねー。
仕掛けを軽くして沖を狙うも、大潮あて潮なので、右にぐんぐん流れながらも速攻で藻の中に突入するし、釣りにならんし。
もしかしたらだけど、ざわつき渚は、小潮くらいじゃないと釣りにならんかもしれんね、うちらみたいな素人には太刀打ちできんわ...と、お昼になったので、ランチにすべく稲さん持参のパラソルの下に撤退ーー。

実は稲さんたちが釣れなかったらBBQに逃げようと冗談めかして前日に話していたんだけど、ほんまにそうなるとはねー。
早速、BBQタイム開始よ

1_20200621171816bee.jpg

食材も海老やら肉やらすごいじゃんって感心していたら、ゆきちゃんが、この肉なんて250円よ、安くない??と主婦自慢してきた

2_20200621171943e1d.jpg

え??、こんなにでかいのに??
250円ってほんまに牛肉なんってびっくりし、そういえば何の肉なんかねとゆきちゃんが首をかしげ、でも、見た感じ牛じゃろーって太鼓判。
まさか、ホルモン剤ばりばりの薬漬け中国牛じゃないじゃろねぇと超疑っていたら、焼いたら大丈夫よとのことだったので、とりあえずなんちゃら肉を3等分することにしました。
まぁ、私はBBQをするのを聞いたのが前日の夜だったので、買い物が間に合わず、とりあえずうちにあったウィンナーと焼きおにぎりを持ってきただけだから文句は言えんのですけれどもがー。

更にBBQは毛色を変え、今度は稲さんチョイスのお好み焼き

4_20200621173021d85.jpg

このお好み焼きがめっちゃ美味しい。
まさか渚でお好み焼きが食べられるとは思わなんだわ。

締めは肉めし。

3_202006211914447dc.jpg

これをちゃっちゃとフライパンで炒めて、胃袋大満足

それから、だいぶ潮が引いたので、午後の部をスタート。
藻ゾーンもなくなり、改めて干上がった根がかりゾーンを見てみると、大きな岩がゴロゴロ。
こりゃ、根がかりするはずだわ。
かけあがりも近いし、こりゃええ感じじゃねーとしばし投げるも、何もあたりはなく、それなら帰りに前回釣れた由宇の波止で竿を出して帰った方がいいかねという話になり、満ち上げが始まってちょっとしたら、とっとと片づけをし、由宇の波止へ。

6_202006211918419f2.jpg

この写真は帰る間際に撮ったのであれだけど、到着した時は投げ釣りのファミリーたちがわさわさと竿を出していて、その間で投げさせてもらうことにしたけど...。
全く何のあたりもなく終了ーーー。

まぁ、あのまま渚にいても釣れるかどうかわからんし、ちょっとでも東に戻った方が帰りが楽だしねという言い訳で、帰りはいつものボウズBGM、ラウドネスが車内にガンガンに流れまくり、広島入り。
稲さんが反省会をどっかでするって言いだし、天一でラーメンを食べながら反省会となりましたー
これだけ食べまくっても、稲さんのむかつきは収まらず、ちきしょーーの連発。
まぁ、遠距離運転してボウズだったからそりゃー、面白くないじゃろーて。
ただ...そんなイライラモードの時は悪いことが重なるってことで...。
天一から出る時に、鉄柱に車をぶつけたという二次災害。
これにはさすがになんと慰めていいかわからず、稲さんも空気を読んで、大して大きな傷じゃないから、全然OKよーーと、大人な対応をしておりました。

ま、チヌこそ釣れなかったけど、広々とした渚でBBQは美味しかったしよしとしましょうよーー
頑張れ、稲さん。

"徒然釣り日記「柳井の渚でボウズ祭」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント