徒然釣り日記「上関の渚でチヌ釣り」

チヌ釣り名人との月一釣行2月編ーーー。
2月も上関巡りなり。
まずは名人が出発前から目を付けていた波止をチェックに行きましたが...。

007_20210416085237dcd.jpg

この釣り場はものすごく潮が高かったらええけど、ちょっとでも潮が低かったらあまり釣りになりそうにないような感じで却下となりました。
まぁ、のんびり探そうやーーとまたまたいつものように上関ドライブー

上関釣行といえばの道の駅に寄って、今回はかしわまんっていうご当地まんをゲット

006_202104160933109fa.jpg

名人はダイエット中なのでいらんって言ってたけど、ホカホカと湯気がたっているかしわまんを見ると我慢できんくなり、わしにも半分くれってことになり、車内で半分こして食べながらの更なるドライブタイム。
何ヵ所か波止を見てみたけど、どうもしっくりこんみたいで、最終的に行きついたんは、水産試験場の隣の渚。

001_20210416101533da0.jpg

この写真を見てピンときた人はおるかなー。
この釣り場、前月の1月に4人で磯釣り釣行に行った時に午後から移動したポイントで、名人と稲さん組が立っていた一文字波止とジャイアンと私が上がった地磯があるねー。
10日くらい前はさっぱりだったけど、今回はどうじゃろーかー。
試験場からは排水がドドドーーっと流れ出ていて、名人曰く、餌の成分が入ってるんじゃないかっていう読みで、排水近くを狙っていたけど、まーーー、あたらないあたらない。
ここも名人と交代で排水近くをネチネチと投げ続け、ちょうど私が投げている時に排水の土管の上の方に作業員の方がおられて、名人が排水の成分を聞いていたので、耳をでかくして聞いていたら、どうやらこの排水、消毒液が混ざっているらしい。
だから、どちらかというと排水がない時の方がいいみたい。
なんてこったぁーーーー

じゃあ、排水から離して投げんといけんねーーって藻ゾーンを越えた遠投気味ポイントに投げることに。
でも、仕掛けを回収するたびに、ゾロゾロと藻がついてくるというイライラ釣り。

003_20210416120440bba.jpg

とにかく針にかかるのは藻ばっかりじゃわー。
そして、14時を回りそろそろ15時の納竿が近づいてきた頃...
仕掛けを回収しようとしたら、何だかまた仕掛けがずっしりと重く、無理くり引っ張ってたら生命反応あり
なんか釣れとるよーーとゴリ巻きをやめたけど、すでにそやつは藻場に引っ付いているので、やばい事態に。
藻抜きタイム発生ーーー。
フグでもなんでもええけぇ、とりあえず生き物を釣って帰りたいわーーと思いながら、ラインを緩めて獲物が油断するのをしばし待つーー。
ちょっとしたら、竿先が動きだしたので、竿をあげてババっとラインを巻き、なんかそのまま巻けそうだったので、引き続き巻き続けたら、藻抜き成功ー
あとは、渚なのでずるずると引っ張ってくるだけでタモなし取り込み成功ーー

002_202104181540335b4.jpg

てことで...
ようやく、中ぐらいサイズのチヌが釣れましたーー

001_20210418154447dc6.jpg

付け餌はこの日は赤と黄色の練餌を配合を変えたりして混ぜて使っているのみだったので、このチヌは黄色に赤のマーブルが出るように混ぜた感じで釣れました。
まぁ...この後は、いつものように何事もなく、藻ばっかりずるずると釣るばかりだったのはまぁ書くまでもない感じだけど...。

最近は14時台に釣れることが多いけど、この日もなんとかかんとか釣れた魚はチヌ1枚のみでしたーー。

チヌのお腹の中からはほんの少し藻と砕けた貝殻と練餌が出てきました。
もう、胃の内容物からして渋さ全開って感じじゃね。

まぁ、のっこみで数が釣れるのも面白いけど、激渋な時に何とか1枚釣れるっていうのってたまらんねーーー。

2月10日(大潮)
満潮 8時17分
干潮 14時13分
竿:シマノ 鱗海スペシャル 1.0号
リール:ハイパーフォース
道糸:PE
ハリス:シマノ LIMITED PRO MASTER FLUORO 1.2号
針: 金龍針 勝負チヌ1号


チヌが釣れた時間:14時22分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント