徒然釣り日記「上関&柳井ランガンチヌ釣り」

ベトナム旅行紀をダラダラと書いていたので、釣行レポートが年が明けても更新されなかったという事実...。
季節は春だけど、まずは極寒の初釣りからのレポートになるよーー

初釣りは、恒例の名人との月一釣行でございます。
名人が耳をでっかくして仕入れた釣り場情報で、今回の釣り場は上関の白井田となりました。
フカセ釣りを始めた頃に白井田の波止で竿を出したことがあるけど、強風過ぎて、にっちもさっちもいかんかった記憶しかなく、それからは夜釣りでアジングできていたけど、日が高い時には白井田には来たことがなかったな。

名人との釣りは、朝がのんびりなので、道の駅に寄ったりとドライブを楽しみながら、他の釣り場のチェックをしながらとゆっくりだらだらだったので、現地に到着した時は朝の10時。
夜釣りほど人はいなくて、メバルを釣りに来ていたおっちゃんがパラっといたくらい。

001_20210410104105877.jpg

ざっとポイントチェックをし、名人の目利きで決定したポイントはテトラの隣。
ちょっと先が水深がそこそこあり、テトラと地磯についているであろうデカチヌ一発勝負な雰囲気よーー

テトラは私がまたこけて大事態になったらいけんと名人が言うので、テトラゾーンの隣の波止から投げることになりました。
テトラのちょっと先の潮目に投げていたんだけど、1時間経過してもなーーんもあたりなし。
ちょっと飽きてしまって、名人と交代して、名人が釣り場のおやつに持って来ていたポンカンを食べながらのんびり見学ー。
でも、名人も全くあたりなし..。
海はこの日は水温がめっちゃ低いみたいで、名人曰く、水温が低い時の嫌なグリーン色をしているやばい感じ。
更に、赤潮発生ーーー

002_202104122212053e4.jpg

交代で竿を出していたけど、昼過ぎてなんもなかったらランガンしよーでーーと名人が見切りをつけ始めた頃...
段々と遊び気分になってきて、テトラ近くに投げてコブダイを狙ってみたら...
冗談みたいだけど、ドーーンとあたりあり
でも、ドーーン、ブチって感じで速攻でラインブレイク
名人曰く、こりゃコブダイじゃろーって。
まさかのコブちゃん登場ーーー。
竿が0.6号なので、柔らかすぎて速攻でシモリに逃げられる感じで、こんなテトラとシモリだらけのポイントでコブちゃんを釣るなんてきっと名人でも無理じゃねー。
てか、私の釣りの目標は年なし、ロクマル(100%無理じゃけど)を釣るよりも50cmオーバーのコブダイが釣りたいのでありんす。
といっても、コブちゃん狙ってじゃなく、チヌを狙っている最中に偶発的に釣れるんがいいんじゃけどという適当な願望。
名人にコブを釣ってよーーーと焚きつけ、今度は名人がテトラの際を狙い、またもやドーーンとコブ様ご来店。
頑張れ頑張れーと、ワーワー応援しまくったけど、またもやズドンとシモリに突っ込まれラインブレイク...。
こりゃ磯竿かもうちっと固い竿じゃないと無理やでーー、ジャイアン船長か稲ちん先生に固い竿でトライさせてみーやーーと、このコブ事件をきっかけに、白井田から移動することになりました。
うーーん、どっちも白井田まで来そうにないから、また名人を焚きつけんといけんかねー。

白井田から、また釣り場をチェックしながら移動していたけど、割と強風になってきて、どの釣り場も釣りにくそうな感じじゃね。
釣るところがないねーーと釣り場巡りドライブを楽しんでいたけど、結局、柳井まで戻ってきました。

もう釣り場的に二人とも飽きてきたんだけど...
結局、いつもの浮き島みたいなところの護岸で竿を出すことになりました。
名人と二人釣行の時はボウズなし更新が続いていて、意地でもボウズでは帰らんという意気込みはすごいもんよ。
コマセも結構使ってしまったので、1投コマセ杓すりきり3杯くらいでネチネチ投げ続けども、なーんもあたりなし...。
でも、この釣り場って水深3mくらいなんじゃないんーくらい潮がめっちゃ低くなったくらいでも釣れたりするので、粘ればなんとか釣れるかもしれんと風で上潮が滑りまくっているけど、投げてはいたけどフグもメダカも何もあたりゃしない。
まぁ、水深が浅いから、ちょっと投げては手返しよくしようと、練り餌はネチネチやわやわの柔らかさ&カラーはオレンジに。
そして、よもや15時になろうという時に、ラインがスーーっと伸び...
二人で竿先をガン見していたので、二人同時にきたーーーー&きたでーーーとやり取り開始

003_20210413095458e16.jpg

せっかくのチヌをばらしては大事なので、名人が慎重にタモ入れをしてくれ、なんとかかんとかのチヌをゲットーーー

004_20210413101956015.jpg

まぁ、予想通りというかなんていうか...
残ったコマセを全て撒いて数投したけど、後にも先にも、釣れた魚はこのチヌ1枚。
全部片づけてから、チヌのお腹チェックをしてみたら、ネチネチに柔らかくしていた練り餌を何個か食っていました。
針から外れたやつを拾ったんか、それとも餌を突いてあたりがあったのに見逃していたのか...
もっと早く釣らんといけんかったのーーと名人がぼそっとつぶやき、まぁ釣れたけん結果オーライじゃねーと、今回もボウズからは何とか逃れて名人釣行記録更新でございます。

1月14日(大潮)
満潮 9時41分
干潮 15時34分
竿:シマノ アートレーター0.6号・鱗海スペシャル 1.0号
リール:ハイパーフォース
道糸:PE
ハリス:シマノ LIMITED PRO MASTER FLUORO 1.2号
針: 金龍針 勝負チヌ1号


チヌが釣れた時間:14時56分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント