徒然お出掛け日記「サイゴン動物園へ行ってきました」ベトナム旅行最終日

ホーチミンの街にも慣れてきて、午後からどこに行こうかって話になり...
突っ込みどころ満載なひなびた遊園地かサイゴン動物園の2候補がノミネート。
突っ込みどころ満載の遊園地が気になったけど、ちょっくら遠方で距離的に難しいというのがわかり、サイゴン動物園に決定となりました。
広島の動物園には子供の時に行ったっきりで、今では別に行こうとも思わないけど、そういえば台湾に行った時も台湾動物園に行ったし、今回もサイゴン動物園って話になったし、海外に行くとちーと考え方が変わるんかねーー。
サイゴン動物園は、ピンクの教会のタンディン教会よりも更に遠くにあるような気がしたわ。
ホーチミンのうだるような暑さがたまらんくて、もはや私たちは歩き回る靴は室内履き用に持って来たクロックスに変更しダレダレで歩きましたさ。
ダレダレと歩いていたら、ようやくサイゴン動物園の入り口を発見

003_20210327092209dce.jpg

後で知ったけど、どうやら私らは遠回りをしてたどり着いたっぽいね。
交通量の多さと風通しの悪いビルの間で蒸し暑い中を歩いていたため、開放感ある動物園に到着した時は風通しがちょっとよくて若干蒸し暑さから解放されたような気がする...。

早速、動物園のマップチェック。

005_20210327092112a30.jpg

台湾動物園ほど大規模じゃないけど、一般的な広さはある動物園っぽいね。
ちなみに、1864年に設立され160年近く経過しているらしく、世界で6番目に古く、アジアではいっちゃん古い動物園でございます。
午後から見て周るにはちょうどいいかも。
まずは生きてはいないけど、刈り込まれた植物の馬かキリンかなんかわからんけど、入り口付近に生息しておりました。

006_20210327105046b2b.jpg

異世界の動物っぽくて、なんだかファンタジーゾーンに突入したみたいで、何だかええねーー。

そして、まず入ったのは鳥ゾーン

005_20210327111441c5e.jpg

なんだかでかい種類の鳥たちが生息しているみたい。

007_20210327113557b92.jpg

間近に白鳥やらトロピカルな鳥やら放し飼いでウロチョロしております。
網とか何もないので、歩いているとでっかい鳥にすれ違いまくり。
何だか不思議な空間じゃね。

中でも一番目立っているのが孔雀。
雌はずっと餌ばっか食べているけど、色んな雄があちこちで求愛活動中

004_20210327120346039.jpg

ところが、雌たちは、そんな気分になれないらしく、ざわざわと羽根を広げて近寄ってくる雄たちをフル無視。
迷惑なんよ、あんたみたいな感じで餌を食べるのをやめて、他の場所にとっとと移動し、羽根を広げて張り切っていた雄は、しょぼくれてその場で羽根をしぼませていく光景が何ヵ所かで見られて何だか鳥の世界も大変そうだな...って思った次第。
鳥コーナーでいっちゃん目立っていた孔雀はCon công(コンコン)というらしい。

何か雄が痛々しかったけど、こういうんが間近で見られるサイゴン動物園って激熱じゃねとそういう話でまとまりましたさ。

それから、適当に全部周るべく歩いていて、色んな檻を見るも、檻の中が緑で茂っていたり、何故か動物かいなかったりと、動物発見がなかなか困難だった。
てことで、中型の動物たちの写真はなし。
カワウソらしきもんが水槽に生息しているのを確認していたら、近くにめっちゃ気に入ってしまった噴水発見

ベローンと伸びた舌から水が出ているカエルの噴水っ

003_20210328090249974.jpg

このセンスがええわーー。

そして、何だかお城の廃墟みたいな建造物らしきもんがあり、期待を込めて行ってみたけど、確か鹿が無数にいたような気がする。

009_20210328104740bcb.jpg

もしくは、その手前の小径が鹿ゾーンかは覚えてないけど、このお城の先にはすごいアニマルズがいるんかと勝手に予測していたのを裏切られたのは覚えてる...。
鹿は宮島みたいな雰囲気だったので、あまりにもマイナー過ぎて写真を撮るのも忘れてしまった...。
確か、すごい数だったんよ、鹿。

そういえば、サイゴン動物園にはこういう古めかしいお城や噴水など構造物があちこちに点在し、その中でもお気に入りの構造物がきのこの休憩所

めっちゃいい味が出とるねーー。

010_20210328110920fed.jpg

こういう古い構造物には日本だとアホな日本人は落書きをしがちだけど、ベトナムの方々は街ではたまにスプレーの落書きを見かけるけど、案外と落書きをしないみたい。

それからも猛獣ゾーンとか行くけど、猛獣がいた形跡があるコーナーはあるけど、当の動物はご不在とか割と動物たちがご出勤されていないいようで...
意外にホワイトタイガーがいたんは衝撃的だったけど、物の影に隠れて写真は撮れなかった...
でもでも、めっちゃサービス精神ありありのノーマル毛皮の虎は近くで水浴びをしてくれましたーー

004_20210328113142b39.jpg

毛皮がめっちゃ綺麗なよねーー
そりゃこの暑さだと水浴びしたくなるわ。
猛獣だけどかわいいなりー

あと、クマ写真は撮れなかったんだけど、クマコーナーにはこんな写真スポットも

003_20210328115934ada.jpg

この界隈で数が多いのは...
あとはワニかなーー。

006_202103282222429dc.jpg

人口沼みたいな上に遊歩道が作ってあり、遊歩道から沼を見下ろしながらワニチェックができる感じでした。
人口沼も割と低木みたいなんが茂ってるので、リアル感があり、ワニを見つけるのがなかなか面白かったな。

今度は反対側を見ようってことになり、象コーナーやキリンコーナーの前を歩いていたら...
パリパリに痩せた猫が歩いてきました。

008_20210329111331723.jpg

あらまかわいい~
日本語は通じそうにないので、プスプスプシィーキティーーってわけわからん呪文みたいなんを唱えていたらフレンドリーな野良ちゃんだったみたいで寄ってきました。

007_20210329112302c0b.jpg

そのまま進んでいったら、今度は豹とかハイエナみたいな私の中のカテゴリーでは虎やライオンほどのキングじゃないけど、家臣レベルの猛獣たちがいました。
ハイエナとかは、ほとんど昼寝をしていたけど、豹はガンガンに起きていて、割と近くで見れたので、豹の美しさに見とれていたら、すごい勢いで威嚇されました

005_202103292152177e0.jpg

めっちゃお怒りの豹は、その後何度か威嚇をしに来られました。
サバンナだったら、とっくに頸動脈にくらいつかれて、そのまま生首ふっとんどったわ。
虎と豹の写真、永久保存だわーーー。
家臣猛獣ゾーン近くには蛇ゾーンもあり、大中小取り揃えられて蛇たちがとぐろを巻いておりました。
ボアっていうんだけっけ?
めっちゃでかくて、サラマンダーみたいだったけど、とぐろを巻いてなくてデローーンと伸びていたので、カメラの中に入り切らなかったな、そういえば。
飲みこまれたら、骨砕けて即死なんかな...と嫌な妄想をしてしまいましたけれどもが...。
蛇ゾーンにはやたらとニシキヘビがおったな。
ここで繁殖させてるんだろうか...。

出口には、またもやフォトスポットが。
蛇ゾーンなのでサラマンダーの像みたいなんがあったよーー。

011_20210329221628c31.jpg

なんかね、サイゴン動物園って、得意な動物はやたらとケージが多かったというのが印象的。
カワウソやニシキヘビとかもずらっとケージが並んでいたし。
ただ、空のケージも多々あったような気もする。
今回、見てはいないんだけど、ここは植物園もあるみたいだし、来園者のためのフォトスポットもちょいちょいあるし、何より植物園もあるくらいだから緑がいっぱい。
また次に来た時も行きたいスポットとなましたわぁ。

サイゴン動物園
2 Nguyễn Bỉnh Khiêm, Quận 1, TP.HCM
7時~18時
入園料:50.000ドン/約230円

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント