徒然釣り日記「柳井の護岸と波止でチヌ釣り」

チヌ釣り名人との月一釣行10月編~
今回は、釣り場の選定でちょっくら話し合いから始まりました。
今年の名人釣行は柳井メインで、ちょっくら同じ釣り場に飽き気味な私は今回は別の地域にしようってワーワー意見を唱えたけど、名人は、今回だけは柳井にしようと説得するので、今回柳井に行ったら、後はしばらく別のところよーーという確約をゲットし、今回も柳井界隈の釣行となりましたー。
そうそう、浮島もネタには出たけど、結局、この日は強風のため、浮島に行っても釣りにならんということになったので、浮島は別の日の案件となりました。
そうこうしていたら、稲さんが浮島リベンジを計画しそうじゃけどねー。

てことで...
今回も開始は9時30分くらいからののんびり釣りーー
朝がゆっくりなのはええねーーー。

釣り場は柳井の波止から。
この波止は初めての波止だったので新鮮じゃねーー。

ただ...
この日は、めっちゃ強風ビュービューで、この波止は近くにせり出た半島みたいなんがあるので、そこで風をブロックしている感じだけど、海だけは波が激しくうねりまくっておりました。
しかも、いざ仕掛けまで作ったら、半島が風をブロックしていると思っていたのに、急に強風バンバンとなり、竿を支えるのが大変な瞬間強風のパンチがきたりとわやじゃけん。
波止の先端に立つと、白波冠をかぶった高い波が時々打ち寄せ、またもや靴下がビシャビシャになってしまったという、最近は靴内部ばかり狙われる釣行なり...。

3_2020101722262150c.jpg

そうそう、配合餌は名人が全て持って来てくれ、中身はマルキューのダッシュと、残りは前に使用した余りものコマセだったと思うわー。
付け餌はいつもの通り練り餌のみ。
開始がまだ潮が高かったので、そんな遠投をせんでも良さそうだったけど、向かい風で上潮どころか底潮も当て潮なので、結局、無理くり遠投せんといけん感じ...。
まだ開始早々だから、あれでも治療中の腕もまだなんとかなったけれどもが...。
ただ、瞬間強風で、投げたコマセのパラパラ部分が顔にぶち当たってコマセを食べてしまったしーーー
余りものの古いコマセが入っているので、お腹壊しそう
潮は右から左にザーザー流れていて、見た感じ、左側に藻ゾーンがあるので、藻ゾーンに突入する前に仕掛けを回収するパターン。
なので、とにかく手返しよく進めていく感じでございます。
ガン玉はG1を3点打ちにしてみたよ。
名人が練り餌をチューインガムがもっと柔らかくなったくらいに柔らかくしてくれているので、何だかグルメチヌが食いそうなもんじゃけどねーーと、ウダウダ思いながら投げていたら...
スパっとラインが走り、名人と二人できたぁぁあーーーとはもりましたっ
早速、やり取り開始ーーー

3_202010181122173d0.jpg

ただ、こちらに引き寄せ、近くになるにつれ、パワフルチヌがさっさと力尽き、何だか軽いなーーと思いながら浮いてきた魚を見てみたらやっぱりチヌでした(笑)
あっさりとタモ入れー。
この日はスカリを持ってくるのを忘れたので、その場でチヌをしめてもらいました
チヌのお腹チェックをしたら、コマセは食っていなくて、練り餌を2つくらい食っていました。
落ちた練り餌とか拾ってたんじゃねー。

3_202010181233283df.jpg

それから30分後に同じポイントでもう1枚追加なり
餌は黄色と赤色に2種類のブレンドか単色のみ使用で、前回は赤が強い練り餌、今回は黄色が強い練り餌でございまする。

3_20201018124931abd.jpg

このチヌもコマセを拾ってないねーーー
せっかくチヌ持ち写真を撮ってもらったけど、何故か動画で撮られてた(笑)

それから20分後にパリパリに痩せたチヌが釣れました。

3_202010181259229b3.jpg

お腹の中は、ほとんどが海藻
ちょろっと練り餌の破片が入っていました。

ただ、このチヌから潮がめっちゃ緩み、チャンスかと思ったけど、釣れるのはフグフグフグ田さん。
二人とも意見が一致して、とっとと他で釣ろうやーーと、別のところへ移動っす

近くの護岸に移動したけど、潮の引きが微妙で前に出れないし無理じゃねーーと、お次は海水浴場近くの波止へ。
ここはバッチリの潮でここであたらないとおかしいじゃろーーみたいな雰囲気だったけど、全くあたりなし。
名人との推測で、公園だし近くにトイレもあるし駐車場も近くってことで、みんなここで竿を出していて、魚がすれてるんじゃとーーという結論に至りました。
そして、とっとと移動なり。
見切りをつけるのはめっちゃ早いと思うわぁ。

結局、いい時間になったため、2度目に行った護岸に行ってみたら、いい感じに潮が引いております。
こりゃ、釣れそうな雰囲気むんむんよーーーと、敷石の先端を陣取りましたっ。

3_202010181321021a8.jpg

ここはそんなに潮が速くないので、ガン玉G1を真ん中に1点打ち。
左右に藻があり、藻ゾーンの先に投げたら、案の定、あたりが出ました。
といっても、ここもフグメインだけど...。
でも、近くに藻があるし、藻から出てきそうじゃけどね、チヌ。
そして、3匹目のフグの後、またまたバシっとあたりがあり、こりゃフグじゃない重さ。
チヌじゃねチヌーーーと、すでにチヌを釣った安心感から余裕しゃくしゃくでやり取りー。

3_20201018135906c63.jpg

竿を見--や、竿をーーーとワーワー言われながらも、釣れたよー、チヌーーー

釣れたチヌは、そこそこサイズのチヌ。
夏チヌチックなチヌが多かった前半と比べたら、大きい方だと思うわーー。

3_20201018213708792.jpg

同じ仕掛け、同じ練り餌でたて続けにに2枚釣れた後は、もうびっくりするくらいのフグの猛攻
針が取られるどころか、ハリスも切られ、もうゲンナリ...。
フグ自体はチビフグでまだお若い感じだけど、やんちゃ過ぎじゃろーーー。
結局、コマセを撒ききりそのまま終了ーー。

まぁ、クーラーにチヌ6枚が収納されているから、フグの猛攻があれどもオールオッケーじゃけどねーー
ファイナルステージのチヌたちは、主に練り餌とムギを食っておりました。
一応、コマセは拾ってたみたいねー。

次は柳井の波止じゃないところで釣りをしようということになり、名人とお別れしました
しっかし、昼から曇ってきたし、風も朝から冷たくて、ほんと寒い一日だったと思うわーー。
お優しい名人様が、ワシは更年期で煮えとるけージャンパーを貸しちゃるってジャンパーを貸してくれジャンパー2枚重ねだったけど、それでも寒かったわぁ。

10月16日(大潮)
満潮 8時23分
干潮 14時29分
竿:シマノ 極翔硬調黒鯛 0.6号
リール:ハイパーフォース
道糸:PE
ハリス:シマノ LIMITED PRO MASTER FLUORO 1.2号
針: 金龍針 勝負チヌ1号

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント