徒然食道楽日記「寛永堂 四条本店」京都府 名古屋・京都旅行3日目

祇園にワープし、そこからまた歩き倒しました。
どこをどう歩いたかは覚えていないけど、四条って地名のところを歩いたと思う。
ここら界隈は、前に宿泊したホテルの近くだったので何となく見覚えあり。
暑い中、延々と歩いたので、そろそろ休憩がてらお茶にしたい気分になり、ちょうどお店も多い界隈だったので、お茶処を見ながら歩いていると...。
老舗の和菓子屋っぽい寛永堂というお店があり、その2階で和菓子が食べられるみたい。

3_20200905222612b1b.jpg

老舗っぽいって思ったけど、ほんま老舗だった。
寛永堂はなんと1630年創業の超老舗の和菓子屋だそうです。
1630年っていうと、江戸時代じゃんかーー。
着物とかちょんまげが似合いそうだわ。

早速、カフェがある2階へ...

2階は和モダンな雰囲気でこざっぱりとしておりました。

3_202009061127498b9.jpg

全体的に二人連れのマダムたちが多く、おしとやかにスイーツを楽しまれておりました。
何だか、京都ーーーーって感じ。

注文したんは、暑かったのでもちろん宇治金時(670円)。

3_20200906113238d15.jpg

京都で食べる宇治金時ってめっちゃ本格的なイメージあるわーー
なんてったって、宇治=京都じゃもんねぇ。

アップでどん

3_20200906120803d29.jpg

たっぷりかかった宇治シロップは、宇治抹茶率が高くて濃厚
お茶の香りも良いし、唇が紫になろうとも美味しく頂きましたー

かき氷で暑い中、歩きとばして沸騰していた体内が収まり、私の脳内辞書には、前回の旅でここら界隈のカフェがまだそっくりそのまま残っていたけど、かき氷を食べたので、そのまままっすぐ京都駅へ...。

3a_202009061227443b9.jpg

せっかくなので、京都駅を改めて散策。
前回は夜に散策したけど、今回は昼下がり。
てっぺんまでエスカレーターで登ってみたけど、てっぺんからの景色はやっぱ夜景に軍配じゃね。

3b_2020090612315711d.jpg

そして、京都駅は未来の駅みたいに、パイプみたいな廊下で空中をワープできて、そのパイプ廊下からは京都タワーが見えました。

3c_20200906123618c18.jpg

そして、この京都タワーが最後の京都観光となり...
早々に広島行き新幹線に乗り込みました。

3e_20200906213955a98.jpg

新幹線といえば、駅弁が楽しみだけど、駅弁ーーーみたいなんはもう売り切れていて、駅弁っぽくはないけど、ローストビーフ丼をチョイス。

3d_20200906214714ad8.jpg

やちむんって、沖縄の陶器のイメージがあるな...とか思いながら、肉食派の私は一気に完食。
ほとんど、寝ていたけど、新幹線の旅ってのはいいもんじゃねー。
何だか、トトロのさつきとメイの家に行った日やら、京都でどっぷり純日本に触れたりと、日によって旅の中身が全く違うそんな名古屋・京都の旅でしたーー。
武漢肺炎のおかげで海外はおろか、GOTOキャンペーンといえども、旅行なんて行く気にならんそんなご時世、次の旅行はいつになることやらじゃねーー。

寛永堂 四条本店
京都府京都市中京区先斗町四条上ル柏屋町171-3
075-229-6282
9時~21時

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント