徒然食道楽日記「伊勢夫婦岩めおと横丁店」三重県 京都・三重の旅2日目

伊勢夫婦岩ショッピングプラザ内には、なんと赤福のお店もあり

3_202006090845158b2.jpg

ほんまは、伊勢神宮参拝の後、おかげ横丁の赤福本店に寄ろうって話になっていたんだけど、行列がすごかったらたいぎいので、人が少な目のショッピングプラザ内でのんびりと赤福を頂くことにしましたー

早速、店内へーー。

3_202006090905225ba.jpg

ショッピングプラザの人は少なかったけど、さすが赤福。
店内は、そこそこの人の入り。

とりあえず入り口近くが空いていたので、そこを陣取りました。
店内にあるこの柿みたいな蒸し器みたいなんは赤福のトレードマークみたいに見えてしまうわー。
かわいいねーー

3a_20200610213926db7.jpg

注文したんはもちろん赤福 盆(220円)。

3a_20200610214629649.jpg

いつも見る赤福は、ピンクの包みに箱の中に並んだ赤福餅なので、こうしてお皿にのった赤福餅を見ると、三重県まで来たなーーと実感が湧いてきますねー
赤福餅の独特な形は、伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流を、白いお餅は川底の小石を表しているそうです。

3a_20200610215619db2.jpg

そしてこちらは、冬季限定の赤福ぜんざい(口直しのかり梅と昆布付き)(530円)。

3a_202006102159479ec.jpg

大粒の大納言小豆は、雑味を残さず、また小豆の粒と風味を損なわないように丁寧に炊き上げます。また焼餅は注文を受けてから焼き上げるそうです。
焼餅のこの香り、めっちゃええよーーー

後の話だけど、伊勢神宮前のおかげ横丁は、ごっちゃごちゃの人もみれ。
赤福本店なんて近づくのもありえんくらいの人だった。
ここで赤福餅を食べてて大正解ーーー

伊勢夫婦岩めおと横丁店
三重県伊勢市二見町江580 伊勢夫婦岩めおと横丁 1F
0596-43-2319
9時~17時

オマケ
今回のオマケも三重県限定モケケ
三重県といえばの伊勢エビモケケでございます。

3a_20200611100935f47.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント