徒然釣り日記「宮島の磯 (アオノリ)」でチヌ釣り

ジャイアンが休暇で戻って来たので...
釣りに行くことになりましたー。
このコロナご時世なので、色々と叩かれる元だけど、平日に行くことにし、オクシン渡船さんは、他にも釣り人さんがいたけど、時間をずらしての個人グループ単位での時差出航でした。
うちからおくしん渡船まで車で20分もかからないくらいなので、直行したら、密どころか人に会わんけん。
私らは1便っぽくて出航は6時。
朝焼けがきれいなねーー

3a.jpg

アオノリって、何年か前にジャイアンと稲さんの3人で行き、それから名人と名人の友達みたいな人とで行ったので合計2回、しかも超久々だったんだけど、これだけ遠いのは覚えてなかったわぁ。
宮島をぐるっと回って、更にぐるっと回り続けたような気がするーーー。
そして、久しぶりに到着したアオノリは、全く記憶がなく、こんなとこだったっけーーと、初めて来た磯みたいな新鮮さがありました

3_20200426122728143.jpg

とりあえず、足場が良さそうなところを陣取り、準備準備ーーーー。
今回のコマセは二人分まとめて作ったので配合餌の袋もこんなにあるよ
最近のチヌの胃袋チェックでは、ムギがごっそりと出てくるので、別にムギもごっそりと投入。

3a_20200426124929401.jpg

まぁ、私はあんまりコマセを撒かないので、ジャイアンバッカンが割となパンパン具合になったけど。

早速、釣り開始ーー
潮は左から右にゆっくりと流れていて、足元はまだ餌取りもいない状態で、魚っ気は朝一番はないねぇ
そんな中、ジャイアンがおっしゃーーーと吠え、2投目くらいでちょいサイズの真鯛をポーンと釣り、ありゃ、魚がおるじゃんかーって話になったっ

ただ、その真鯛がたまたま通りがかりの真鯛だったのかどうかはわからんけど、それからあたりは全くなし...
遠投で真鯛がこないかとか思ったけど、そう簡単には釣れんよねぇーー。
そして開始から1時間半くらい経過したら...
練り餌付けて、20mくらい先に投げていたんだけど、スーーっとラインが伸び、やったーーとやり取り開始ー。
のはずが...
枝がボキっと折れたような音がし、私の後ろにある松の木の枝が折れたのかと思いきや...
なんと折れたのは私のアートレーターだったぁ
竿が折れたぁぁぁーーーと、ジャイアンにワーワー言い、ジャイアンが飛んできた
でも、そこは釣り人。
竿よりもとりあえず、かかった魚をなんとかして取り込もうと、ジャイアンが折れた竿の上側を持ち、私が下側を持ってリールを巻いて、二人がかりで魚を確保しました。
釣れた魚は真鯛なり。
40cmくらいだったかな。
竿ハプニングでちょっとサイズを忘れてしまったけど...。

3a_202004261326369a7.jpg

去年の暮れ前に買ったアートレーターは、まだ私の竿在庫の中では新人クラスなのに、早々にこんなことになってもーたー

3a_20200426134237a4d.jpg

何か、折れる時はあっさりじゃね...。
てか、去年もGWくらいの時に新品のマスターチューンが投げたと同時に真っ二つにボキっと折れたんよね。
春って仕事がなくなるし、竿は壊れるしで、誕生日がある季節なのに、実際は失うもんばかりなり
でも...渡船代と餌代がかかっているので、ここで凹んでいる場合じゃないーーー。
てことで...
またまたアートレーターでやったるー。

でも、竿骨折事件からまた、ヒマヒマピーちゃんタイム。
あたりなんてどんなだっけ...と忘れそうになるくらいの超絶ヒマ時間。
あれでも、潮が右から左になったりと変化はあるんだけど、なんだかんだでずっとあて潮だし、また潮が左から右に変わった頃にいは、ちょっと右に流れていったら近くの岩にひっかかりそうな勢いなり。
何か釣れる気がせんねーーと、いつも的な釣りの会話になっていたけど...
手返しよく近場に投げては回収をしていたら、ちょっと右に流れていった時にドッカーンと大物がきたぁ

3_20200426143307d8e.jpg

でもね、いつもなら速攻でぶち切られる感じのコブダイっぽいんだけど、割となやり取りタイム。
座ってやり取りするなってジャイアンが後でワーワー言っていたけど。
竿が0.4号だし、ハリスが1.2号だからすぐに切れると思っとったんよ。
せっかくジャイアンがタモを持って待ち構えていたけど、寸前でラインブレイク。
初コブダイゲットかと思ったけどいつもな感じだったわぁ
そして、コブダイ事件から、ここ数年のギザミ釣果の中でも特一なギザミが釣れたという件。

3_20200426141222e70.jpg

でも、11時くらいからゴールデンタイムな気がしたので、気を引き締めて直して頑張っていたら...
まずはジャイアンが朝一番で釣ったくらいの真鯛を釣り、その後、私も朝の真鯛よりちょっとサイズアップした真鯛をゲット。
更に更に真鯛を釣り、それからまた真鯛と真鯛祭。
どの真鯛も同じ黄色練り餌カスタムバージョンで釣れたよーー
何故か、オキアミはそのまんま戻ってきていたけど...。

滅多に褒めないジャイアンが大したもんじゃと言っていたくらいだからよっぽどなイベントだわぁ。
確かお迎えを14時に指定したので、13時前にはジャイアンがあれだけあったコマセを全て撒ききり、早々の納竿。
私はまだまだコマセが余っていたので、とりあえず13時45分までは続けようとやる気満々モード

もはや遠投なんて午前中のうちにやめたので、大体が15~20mくらいの距離に投げていたけど、投げてちょっと流していたら、また気持ちの良くラインが伸びていくあたり発生

3_202004261511155de.jpg

またきたよーーーと、ジャイアンにお知らせをし、ジャイアンの目利きだと首を振っているからチヌじゃないんかと。
首を振っているかどうかは普通に引いてるだけっぽくてよくわからんけど、そこそこの重さだったので、真鯛でもチヌでもなんでもござれーーと、シモリに逃げられないように、ドキドキモードで巻いていたら、なんとなんとのこの日初めてのチヌでしたぁ

3_2020042615443429e.jpg

結局、それから何が釣れたってわけでもなく、ラストにチヌが釣れるという景気の良い話で、竿こそ折れたけど、それでも楽しい釣行となりましたーー

とりあえず、二人とも釣ったということで、帰りの船の上では超上機嫌。
赤と黒で写真を撮ってよーーと、記念写真を撮り、行きは遠いってぶつくさ言っていたけど、帰りはあっという間に大野に到着でした。

3_202004261617289bc.jpg

船長のとこには外に流し台が設置してあるので、釣れた魚たちは料理上手なジャイアンが血合いまで全て取り除き、完璧な持ち帰り状態となりました。

それから、なんちゃって板前ジャイアンが真鯛・チヌで鯛比べの刺身盛り、真鯛の塩焼き、真鯛の粗汁を作りましたー。
てことで、この日はジャイアンプレゼンツ、鯛祭の夕べとなりましたーー

3_2020042709145998e.jpg

やっぱ、真鯛は美味しいなり。

4月16日(小潮)
満潮 4時
干潮 10時11分
竿:シマノ アートレーター 04号
道糸:サンライン 磯スペシャルオシャレ 1.75号
ハリス:LIMITED PRO MASTER FLUORO 1.2号
針: 金龍針 ネリエ&コーン 1号

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント