徒然参拝日記「鎌倉の大仏(高徳院)」関東旅行3日目

鶴岡八幡宮参拝後は、ちょっと表参道を歩こうかとか話していて、表参道のお店も気になるけど、鎌倉に来たからには大仏を見たいと提案。
話に出した時はウダウダ言って乗り気じゃなかったジャイアンだけど、鎌倉駅前からバスに乗ったら、気分が切り替わったみたい。
バスなんて広島でも滅多に乗らないから旅先だとバス率上がって何だか楽しいなり
で、鎌倉に来るまでは知らなかったんだけど...
鎌倉の大仏って、どっかの広場にドーンとあるんかと思いきや、高徳院っていうお寺の境内にあるみたい。
てことで、高徳院前のバス停でバスを降り、早速、高徳院へ。

4z4z4z4z4z4k_20200229215202900.jpg

拝観料を支払い、そのまま進んで行くと、ほんまに突然、鎌倉の大仏様が青空の下に現れました

4z4z4z4z4z4m_20200301095758140.jpg

でかいねーーー
鎌倉の大仏様が今日までに至った経緯が書かれていたので、とりあえずここに書いておくわぁ。

この大佛様は阿弥陀仏である。源頼朝の侍女であったといわれる稲多野局(いだのつぼね)が発起し、僧浄光が勧進(資金集め)して造った。零細な民間の金銭を集積して成ったもので、国家や王侯が資金を出して作ったものではない。初めは木造で暦仁元年(1238年)に着工し六年間で完成したが宝治元年(1247年)大風で倒れたので、再び資金を集め、建長4年(1252年)に至って現在の青銅の像を鋳造し、大仏殿を造って安置した。原型作者は不明であるが、鋳工として大野五郎右エ門や丹治久友の名が伝えられる。大仏殿は建武元年(1334年)と應安2年(1369年)とに大風に倒れ、その都度復興したが、明應7年(1498年)の海潮に流出以来は復興せず、露像として知られるに至った。大正12年(1923年)の大震災には台座が崩れ、仏像は前に傾いたが倒れなかった。大正14年(1925年)台座を補強し、仏像を台座に固定せしめる耐震構造の修復がなされた。昭和35、36年(1960年~61年)の修理では、前傾している頭部を支える頸部の力を強化プラスティックで補強し、大正修理でなされた耐震構造を改め、大地震の際は台座と佛体が離れる免震構造が施された。この強化プラスティックの利用と台座の免震構造は日本の文化財としては最初のものである。

最初は木造の大仏様だったんじゃね。木造大仏はどれくらいの大きさじゃったんじゃろ。
大風や地震の被害に遭いながらも、その時代の人たちの手によって復活してきた大仏様というんがわかりました。

高さは台座込みで13,35m。
台座なしだと11,32m。
重さは121t。


4z4z4z4z4z4o_202003011057248a6.jpg

なんと大仏様のアフロの数まで656ケと記載してありました

大仏様の後ろに回ると、何だか猫背気味の哀愁漂う大仏さまって感じ。
色合いも哀愁カラーだけど、昔は金ピカの大仏様だったらしいです。

4z4z4z4z4z4q_20200301105612ea6.jpg

背中にあいている小窓は、換気のためとも言われているけど、頭部を据える時に体内への人の出入りのために造られたとか、鋳造された後、背中の窓から土を運び出したと言われています。

そして、鎌倉大仏は20円で大仏胎内に入ることができます。

頭部はこんな感じ。

4z4z4z4z4z4r.jpg

頭部付け根部分にある茶色のもんは昭和35年に施された強化プラスティックです。
地震大国日本だし、これまでの災害を考えたら当然の措置なんだろうけど、中は薄暗いので、せめて同系色のカラーにすると目立たない気がするな。内側といえども、昔の雰囲気を残しておいて欲しかったなーと思ったりもした。

継ぎ目とかもよく見えて、造られたのはほんと大昔なのにほんますごいよね。

4z4z4z4z4z4t.jpg

大仏胎内から出たら、早速、御朱印を頂きました。

4z4z4z4z4z4v_202003011150259a5.jpg

お寺の御朱印って字の個性が強くて毎回楽しみなんよね。
個人的には真言宗のお寺の御朱印が特に楽しみだけど。
そうそう、高徳院は、最初は真言宗、それから臨済宗、現在は浄土宗だそうな。

御朱印を待っている間、番号札を渡されたので、その間、御守などを見ておりました。
そしてグっときたんが大仏キーホルダー。

4z4z4z4z4z4z.jpg

このクオリティーで300円。
割と分厚い大仏キーホルダーで、このキーホルダーをバッグに付けてタイを旅したら、タイの人たちからも良い目で見られて快適に旅ができること請け合い...そんなキーホルダーじゃね。

いやーーー、ほんと来て良かったです、高徳院。
鎌倉まで来て、鎌倉大仏を見なかったら、それこそ大後悔するところじゃったわ

鎌倉大仏殿高徳院
神奈川県鎌倉市長谷4丁目2番28号
0467-22-0703
4月~9月:8時~17時30分
10月~3月:8時~17時

大仏胎内拝観時間
8時~16時30分

御朱印受付時間
9時〜15時30分(平日)
9時〜15時(土日祝日)

オマケ
今回のオマケも手ぬぐいアルバムから。
鎌倉でお買い上げした手ぬぐいその2でございます。
前回は鶴岡八幡宮柄の手ぬぐいを紹介したけど、今回は鎌倉大仏と鳥居

4z4z4z4z4z4z4a.jpg

シンプルだけど存在感すごいね、この手ぬぐい。
鳥居と大仏の組み合わせも斬新ねー。


アクセスカウンター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント