徒然日記「晩秋の宮島散策&不愉快なカフェ」

宮島に用があり、宮島に渡ることとなった時、母親もついでに宮島の紅葉でも見に行くというので、二人連れだって宮島に渡りました~
水族館方面に用があったので、とりあえず母親に近くのカフェでお茶でもして待ってもらおうと、水族館近くのまるかふぇに立ち寄りました。

3f3z3z3z3z3z3z3z.jpg

確か、以前に友人と水族館に来た時にここでオムライスを食べた記憶あり。
入り口付近が土産もんコーナーで、土産もんコーナーの向こう側がカフェスペースになっております。

3f3z3z3z3z3z3z3z3a.jpg

平日の16時前で、紅葉シーズンもほぼ終わっている宮島ということか、店内は4人の男性グループ以外は誰もおりませんでした。
庭の緑も何だかいい感じじゃね。

3f3z3z3z3z3z3z3z3d.jpg

母親が一人で飲食店に入るのが人生でほとんどない人なので、とりあえず一緒に入って、注文までしてあげるはずだったんだけど...。
席についた時点で、店員さんが持ってきたメニューをチェックし、注文をするべく女性スタッフを呼び、注文。
店員が一つしか注文していませんけど...と、目を吊り上げた
なので、私は用があるので、今から出ていくのでと、母親の分を注文までしてあげた旨を告げると、食事をされないのなら、早くおひとり様は出て行ってくださいみたいなことを言われたし。
だから注文したから出るって言ってるじゃんって言ったら、もう、その中年女性の顔は鬼の形相
まだ話している途中で、私の水をトレイに乗せて、カウンターに戻っていきました。
怖っ
料理を注文しなかったら、店内の空気も吸ったらいけん勢いじゃね。
何か、居づらいわーーと、ぐずっていた母親に、他に待つところもなさそうだし、寒いしで、20分くらいで戻るからーーと出て行きましたさ。

そうそう。
とりあえず、注文したんは珈琲ぜんざい(700円)。

3f3z3z3z3z3z3z3z3e.jpg

写真は母親が撮った写真でございます。
ぜんざいなので、底にちょろっと小豆が入っていたらしい。そして、ほんのりとコーヒーの香り。
でも、注文時にその女性が鬼のような顔でガミガミ言ってきたのを思い出したら、味があんまりわからんかったらしい...。
700円ほどのスイーツでもないと思うという辛口の意見でございました。

この時は気付かなかったんだけど、このカフェの近くに別のカフェがあったので、何もここで待ってもらわなくても、そこに行けば良かったわぁ。

20分くらいして戻ってきて、レジに1000円札をペっと渡して即刻出ていきました。
二度と行かない。

この話を、昔から宮島の表参道商店街で店を出している家の友人に話したら、そもそもそのカフェ自体知らなかったんだけど、そんなひどいの宮島にはおらんと思うわ、よそもんなんじゃないんって言っていたけど...。

そして、帰りに宮島の残りわずかな紅葉を見て周りました。
こちらは、もみじ谷

3f3z3z3z3z3z3z3z3f.jpg

もみじ谷近くの広場

3f3z3z3z3z3z3z3z3g.jpg

そして広場に群れていた鹿

3f3z3z3z3z3z3z3z3h.jpg

ラストは大願寺

3f3z3z3z3z3z3z3z3i.jpg

嫌な思いはしたけど、散った落ち葉があまりに綺麗で、おかげで腐った心が浄化されましたわぁ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント