徒然お出掛け日記「鈴虫寺に参拝しました」(青春18切符の旅2日目)

ニシンそばでエネルギーを充填し、スーツケースを預けた後は、鈴虫寺へ。
実は、前日に鈴虫の音色が聞けるかもっていうジャイアン情報をゲットしただけで、あんまり詳しいことを知らないまま、鈴虫寺への階段を上りました。

4z4z4yz4z4k.jpg

鈴虫寺の正式名称は妙徳山・華厳寺で享保8年(1723年)、華厳宗の再興のために創設されました。現在は臨済宗の禅寺だけど、元々が華厳宗なので、お寺の名前がこういう名前なんですね。
ある日、秋に鳴く鈴虫の音を聞いて開眼された台厳和尚が鈴虫の妙音を聞いてもらいたいと研究をし、年中鈴虫の音を聞けるようになったそうです。


てっぺんまで上ると、山門はぴったり閉ざされていて、すでに行列ができていました。
蕎麦屋さんで聞いたけど、鈴虫寺は、住職さんの説法が面白くて人気なのだとか。
住職さんの説法を聞くなんて、初めての経験だわ。
で、ずっと山門前で待っていたけど、ちょうど前の回の人が入ったばっかなのか、結構待ちました...。

待って待って待って...ようやく、前の人たちが山門から出てきて、それから、和尚さんが次の列の人たちの案内で来られてました。
境内に案内され、そのまま本堂の前をまっすぐ進み、まずは受付で拝観料500円を支払い、書院に案内されました。
書院には長テーブルがずらっと並んでいて、入った順に奥から詰めていきます。

部屋に入ってびっくり
ほんまに鈴虫の鳴き声が響き渡ってるーー。
しかも、鈴虫の数がハンパなく、少々の草むらじゃここまでの大合唱じゃないくらい。
ていうのも、部屋の端から端まで、ずらーーーーっと鈴虫の飼育ケースが並んでいて、中を見てみると、鈴虫ファミリーがぎっしりと生息しております。
ケースの中には、きゅうりとか置いてあって、何だか捕まえたバッタを飼っていた小学生の時を思い出すわ。
鈴虫の撮影は禁止なので、写真はござんせんが。

とりあえず、奥から詰めて座っていくと、テーブルにはお茶菓子とお茶が置いてありました。
お茶菓子の名前がなんと寿々むし
この名前を付けた人に座布団5枚だわ。

4z4z4yz4z4l.jpg

お菓子はこんなん。

4z4z4yz4z4m.jpg

お茶とお菓子の用意は、禅宗の教えの一つである「茶礼」に基づいたものと、和尚さんが説法中に教えてくれました。
説法を聞けば、自分の生活を振り返って、一新したくなる前向き系なお話。
和尚さんが、複数回来た人を聞いてみれば、5回目という人もいたりして、和尚さんが言われるには、話は毎回同じみたいらしいので、よっぽど心に染みるんだろうなと思った次第。
そういえば、ジャイアンも今回で2回目って言ってたし。
結局は、お金に余裕がある人が生活と心に余裕があるんじゃないんーーというカースト的、邪な見方はこの日だけは頭から消えてしまったと思うー。

和尚さんは最後に鈴虫寺の山門前にいらっしゃる幸福地蔵さんのお話をされました。
鈴虫寺の幸福地蔵さんはなんと、お地蔵さんの中では珍しく、草履を履かれていて、願掛けをした人たちの家まで一軒一軒願いを叶えに来てくれるというすごいお地蔵さんなんだって

幸福御守には、幸福地蔵の姿が入っているそうですよ。
この幸福御守を両手にはさみ、名前、住所、願い事を言い、普段財布とかに御守を入れておいたらいいそうです。
そうすると、お地蔵さんが願いを叶えに来てくれるんだって。
願いが叶ったら、鈴虫寺に御守を返しに来て、また願い事がしたい人は新たに御守をゲットして帰るみたい。
もしかしたら、何度も来ている人はそういう人なんかも。

そうそう、幸福地蔵様は、こちらでございます。

4z4z4yz4z4o.jpg

願掛けをするには、説法の後に300円で販売される黄色の幸福地蔵御守をお買い上げします。この御守を手に挟まないといけないから、御守ゲットはマストでございます。

4z4z4yz4z4n.jpg

御守だけではなく、この日から私のスマホのロック画面は幸福地蔵様、そしてアップルウォッチの画面も幸福地蔵様。
もう、うちに来たんかなーー、幸福地蔵様
そうそう、鈴虫寺の話をインスタにアップしたら、何度かこのお寺に行かれた方がいて、毎回願いを叶えてもらっているから、その都度御守を返しに行き、また新たに願掛けをしているそうな。
私もそうなりたいもんでございます

そんな煩悩パンパンの私の心を落ち着かせてくれたのは、鈴虫寺の手入れされた庭園。
私は初めて見たんだけど黒竹(クロチク)が育てられていました。

4z4z4yz4z4p.jpg

最初は緑色らしいけど、2年くらいで段々と黒くなっていくんだって。
この竹の花は60年~120年周期で開花をするらしく、なんか前にニュースでやってたと思う、どこぞの黒竹が開花したっていうの。
桁違いの周期を考えると竹って長生きなんじゃねーー。

私は苔が好きなんだけど、庭園にも苔ゾーンが作られていて、いとをかし。

4z4z4yz4z4q.jpg

次の列の人たちの入場が始まるから、庭園を見学したら、早々に山門の外に出ました。
山門の外にある幸福地蔵さんの前にはすでに参拝の人たちが御守を手の中に挟んでお願い事をしておりました。
てことで、私も人混みの中に入り込んで、願い事タイム。
成就したら、また御守を返しに来なければ

そうそう、鈴虫寺の混み具合予想は鈴虫寺のHPで確認できますよー。

鈴虫寺
京都市西京区松室地家町31
075-381-3830
拝観時間9時~17時(入門は16時30分まで)

和尚さんが言われるには、鈴虫寺からバスでちょっと行くと、なんと嵐山が近場にあるみたい
早速、嵐山によってみました。
バスを降りてちょっと歩いたら、桂川に架る渡月橋がありました。

4z4z4yz4z4v.jpg

渡月橋ははるか昔、平安時代、亀山天皇が橋の上を月が渡るように動いているという様子を見てこの名をつけたと言われているそうですよ。
私からすると科捜研の女とか、法医学教室の事件ファイルでちょいちょい出てくる渡月橋をテレビでなく、リアルに見たのにグっときたわぁ。
サスペンスのエンディングでは、かなりの確率で渡月橋の下の遊歩道とか出てたもんねー。

橋からは、これまたテレビでお馴染みの桂川が見えて、サスペンスマニアとしては感慨深いのでございます

4z4z4yz4z4u.jpg

橋を渡ったら、嵐山といえばのかわいい和雑貨のお店とか色々あってめっちゃ楽しそう
そういえば、京都限定モケケもゲットしていないし、お店も見てみたいなぁ...と思っていたけど、なにせ一緒に歩いているのがジャイアン...。
観光スポットの嵐山の人もみれの中、人が多いのは嫌じゃとかぐずりだし、じゃかじゃか繁華街を飛ばしていき、鈴虫寺の和尚さんが話していた世界文化遺産・臨済宗の天龍寺もギリギリ参拝できそうだったけど、スルー。
かろうじてマップをゲットした私は、せめて竹林の散策路には行こうと提案。
竹林なんか見てもしょうがないってまたぐずっていたけど、嵐山に来た意味がないってぐずり返したら、ようやくぶつくさ言いながら、竹林へ...。
日暮れまで粘ったら、幻想的なライトアップタイムだったんだけど、微妙にまだ明るいので、まだライトアップはされず、曇り空の下微妙な明るさの中を外国人ツーリストに混ざって歩き、いったいどこからが散策路なんかな...と思いながらも、何だかそこら辺の竹やぶのイメージ...と心の中でつぶやきながら歩いて行きました。

4z4z4yz4z4t.jpg

てか、うちの裏山が竹やぶだから、裏山感ハンパなし。もう少し、竹が密だったらライトアップなくても素敵なんだけど。
薄暗がりだから竹のてっぺんにされこうべなんかがあったりしてと、ホラー的妄想をしたり...。
私でも竹やぶが微妙と思ったくらいなので、、当然、ジャイアンのぐずりも勢いを増してきたため、そのまままっすぐ駅に向かいました。
駅に向かっていくと、なんとトロッコ列車の駅がありましたーー
駅では、珍しいカレーが食べられるみたいだったので、早速、行ってみたら夕方だったので、店じまいで食べられなかった...。
とりあえず、トロッコ列車の売店チェックをし、モケケが売っていなかったので、結局、京都モケケはゲットできず。
そのままJRの駅へGO。
とりあえず、京都駅に向かいましたっ

オマケ
この日のお買い物は...
トロッコ列車の駅の売店でゲットした風月堂のゴーフル、トロッコ列車バージョン
なんと、春と秋バージョンあり

4z4z4yz4z4w.jpg4z4z4yz4z4x.jpg

中のゴーフルは父親の大好物でもれなく回収されるけど、この缶は日本全国時には海外とか、あちこちに限定もんで散らばっていて、このゴーフル缶を集めるのがたまらんのですわーー
余談ですが、沖縄の美ら海水族館のゴーフル缶なんて、リニューアルされて柄が変わったりしているし、ほんと目が離せんよ、風月堂のゴーフル状況。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント