徒然お出掛け日記「おきなわワールドで遊んできました」沖縄旅行3日目

知念岬公園から、今度はおきなわワールドへ。

3f3z3y.jpg


ここでの一番の楽しみは陶芸体験
今回は玉泉洞には行かないことにし、そのまま進んで行ったら南都酒造所に到着。
南都酒造所では、ハブと13酒類のハーブをミックスしたハブ酒を扱っていて、通路の脇にエキスを抽出中のハブがどっぷり漬かっている入れ物が置いてありました

3f3z3u.jpg

相当な数のハブが入っていて、グズグズに溶けていなくて生きているみたいなんよね。
よーーく見てみるとお亡くなりになられているみたいなので、ホルマリンみたいなエキスなんかねーー。

製品化されたハブ酒がこちら。
底にとぐろを巻いたハブが鎮座。

3f3z3w.jpg

瓶のお酒がラスト少しになってきたら、ハブのエキスがかなり濃厚なんじゃないかと思ってします。
飲み干したら、このハブはどうするんだろ...とか色んな妄想で頭の中がパンパン。

それから屋外へ...。
屋外へ出たら熱帯フルーツ園

3f3z3z3.jpg

園内には、色んな果実が実っていて、中でも目立っていたのはパイナップルかなー

3f3z3z3b.jpg

あと、私は初めて見たんだけど、これはアボカドの木よ

3f3z3z3d.jpg

アボカドってこんな感じでできるんじゃね。
何度か種を植えて小さな若木みたいなんまでは育てたけど、どうしても同じところで大きくは育たずに枯れてしまうんよねー。
でっかくなったらこんなになるんだってのがわかっただけでも、沖縄ワールドに来たのは大正解

色んな木の実のなり具合をチェックしまくった後は琉球王国城下町へ行き、当初の目的だった陶器工房へ行き、陶芸体験をしたかったんだけど...
この日はろくろの先生がお休みらしく、手ひねりの体験しかできないみたい。
手ひねりも先生がいないから、あんまりうまくいかないかもって言われたので、今回はあきらめることにしました

城下町では、紅型や紙漉き、機織りなど色んな体験ができるけど、そういえば前回は機織りをしてなかなか良い体験だったんを思い出したわぁ

今回は陶芸って決めていたので、他の体験って気にはならずブクブクー茶屋ブクブクー茶(500円)を飲むことにしました。

3f3z3z.jpg

ブクブクー茶の説明書きがあったので、ここに書いておきます。
ブクブクー茶はソフトクリームのように盛り上がった真っ白い豊かな泡を飲む沖縄独自のお茶です。沖縄の地下水は、珊瑚礁(琉球石灰岩)の影響でカルシウムを多く含んでおり、その水を使用することが泡のたつ条件となります。
昔、船出やお祝いの時に親しい人たち同士、楽しい談笑の中で飲まれていました。たて方や作法や流儀はないので、誰でも気軽に飲める心の触れ合いを大切にしたお茶です。


ブクブク茶の作り方
材料:さんぴん茶・やんばる茶・硬水・赤飯
① 白米をキツネ色になるまでまんべなく炒める。
② 炒り米を10倍位の水で煮て、20分位煎米湯を作る。
③ 煎米湯にさんぴん茶とやんばる茶を一対一体に混ぜ、その茶湯を煎米湯にブレンドします。
④ ブクブクー鉢に煎米湯を三分目位入れ、茶せんで一気に泡立てる。
⑤ 赤飯を入れ、煎米湯を茶碗に適量入れ、④の泡をのせてお客にすすめます。


お味は、ジャスミン茶の泡バージョンって感じだったなーー

ラストはハブ博物公園

ひと昔前は、ハブとマングースショーが各地で開催されていたけど、今じゃ動物愛護法で禁止されたということで、試行錯誤で考え出されたハブショーを観ることができます。
まずは、ハブをもっと知ろうということで、ハブの毒やハブの習性などなど、ハブ豆知識を増やしてもらいました。

3f3z3z3g.jpg

マングースとの決闘はタブーだけど、代わりにウミヘビとマングースの水泳大会みたいなんが開催され、ウミヘビとマングースはどちらが泳ぐのが速いかってのをやったんだけど...
ウミヘビがちっとも泳がずにマングースの圧勝で終了ーーー。
そりゃ、ハブとマングースの決闘ほどの盛り上がりはなかったけど、ショーが面白く構成されているので、最後まで楽しめました

なんと、ショーの後では、巨大ニシキヘビを首に巻かせてくれるというサービス付き。
巻きたい人は並んでくださいって言われたので張り切って巻きに行ったらなんと一番乗り。
早速、ニシキちゃんを巻かせてもらったけど、ひんやりとして気持ちよかったーー

3f3z3z3i.jpg

ほとんどの人が、巻きたくなかったみたいだけど、私が巻いている時に特に危険もなさそうな雰囲気だったということで、ワラワラと列が長くなっていきましたー。
ハブ博物公園は、他にも色んな蛇が展示されていて、ハブだけで種類が色々。
ハブの放し飼いコーナーなんかもあり、何だかインディージョーンズの蛇だらけの洞窟みたいな雰囲気だったわぁ。
そんな中、ぽっこりとした甲羅をお持ちの亀がいたら、亀に癒されてしまった。

3f3z3z3p.jpg

なんだか、蛇画像が占めてしまったおきなわワールドだけど....
今回は行かなかった玉泉洞など他にも見るところは色々ありです。
なにせ、午後の飛行機に乗らないといけないので、全部見てまわるのはバタバタするからねー。
ハブ博物館で他の蛇を見て、博物館が出口に近いので、そのまま外に出ることにしました。
ま...空港からもそんな遠くないし、沖縄旅行の締めにはピッタリかもね、おきなわワールド

おきなわワールド
沖縄県南城市玉城字前川1336番地
098-949-7421
9時から18時(最終受付17時)
フリーパス券(入園券&ハブ博物公園) 1700円
入園券(玉泉洞&王国村) 1300円     
ハブ博物公園 650円

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント