徒然釣り日記「横島の磯でチヌ釣り」

稲さんから、横島の磯ででかい真鯛が釣れとるよー、行こうやぁというお誘いがあり、そりゃ真鯛が釣ってみたいわということになり、早速、横島に行くことになりましたー
稲さん、私の自宅を覚えてくれたので、朝はうちまで迎えに来てくれることになり、出発は4時30分で早いけど、今回はだいぶ楽な釣行となりました

朝が抜群に早いということで、何も高速を使わんでもええじゃろと下道から行ったけど、余裕だったと思う。
ただ、稲さんが冒険してナビの言う通りに進んでしまい、わざわざ2号線から外れてしゃれこうべが出そうな気持ち悪い一本道に途中迷い込んでしまい、そのチョイスのおかげでラストコンビニに寄れず、トイレに行けなかったという

今回、お世話になった手島フィッシングの船長さんに港に着いてからトイレを聞いたら、車で5分のところに公衆トイレがあるとのことなので、稲さん号でふっとばしてもらってとりあえずトイレに行って一安心

出航時間には間に合い、早速、出航ーーー
横島は思っていたより結構、遠くて、ちょっとした上関クルージング。
アジを釣りに白井田に行く時に渡る橋の下を通った時は、何だか貴重な体験をした気分でした

3z3o.jpg

この橋をくぐったら正面左側に横島発見
横島に到着したら、まずは男女ペアが比較的水深が浅めな磯に降り、次の磯には男性が1人、そしてお次の私たちは磯を2ヶ所見せてくれて、2ヶ所目の磯の水深が結構あり、そこに降りることになりました

3z3p.jpg

船長さん、めっちゃ親切だったわぁ。

3z3v.jpg

なだらかな磯な感じで、足場が良さそう。
てことで...なだらかなスベリに稲さん、その隣のギザっと岩が出てるところに私な感じでスタートすることになりました。
バッカンを置いたら、立つところがないので、ちょっと難しいけどバッカンの後ろに立って投げる感じ。
バッカングラグラだし。
もっと、稲さんが降りたスベリに行きたいって主張すれば良かったな...とちょっと後悔...
でも、まぁ...早いもん勝ち
そして、もっと後悔したのが...
私の磯の足元とその右側は赤潮発生
稲さんーーー、ここら一帯赤潮が発生しとるーーーと、とりあえず不満第1号をぶつけたけど、マジでーーという返事だけ戻ってきた。
こちらは残念だけど、稲さん、投げる度にあたりがあるらしく、すでにテンション上昇中って感じ。
しょっぱなからベラから始まり、色々釣れており、今日は最高ーーーと大騒ぎ。
今まで、赤潮ポイントで釣れたことがないので、私は投げる前からテンション下げ下げ
多分、私のポイントあたりにシモリがあるのか、何かに潮があたっているんかわからんけど、私の正面で赤潮が止まってる感じ。
何だか赤潮が赤い蛇に見えるわ、気持の悪い
ただ、どこに投げても、潮が右に流れていて、しかもあて潮。
どうしても赤潮ゾーンに流れてしまうし。
稲さんとこは、私の前に来る前に仕掛けを回収するか、左に投げると左に流れていくっぽい。
てことで、開始しばらく小魚一匹全くあたりなし
そもそも、稲さんとこは、赤潮がないので、足元にスズメダイがいるけど、私んとこは、スズメダイすらおらんのに、バッカン置く前に気付けば良かったわぁ。
でも、移動するにも、右側は赤潮だし、足場が悪そうで釣りにならん感じ。
稲さんの向こう側はひと山越えるっぽくて、バッカン持って移動は難しいし...。
今、思えばひと山越えたら良かったと後悔だけど...。
フカセ釣り先輩の稲さんに、これじゃあ釣りにならんけん、どうしたらええかねーと相談したけど、潮が変わるかもしれんけー、もう少し頑張ってみたらとのことだし、とりあえず、頑張ってみることにした次第

お隣の稲さん、最初はベラ祭だったけど、ちょっとしたらチヌがきたらしく、写真撮ってーーと大騒ぎ
とりあえず、やり取りの写真を撮ったけど、毎回あたりがある稲さんを横目に全く面白くない釣りをしているので、稲さんがチヌを釣っても何か素直に喜ぶ気分じゃないくらい、心の部屋は狭くなる一方だったけど...。
そして、10時を周り、その間、全くあたりがない苦行を強いられ、やめたやめたーーーと、とうとうはぶてモードに突入ーーー。
ふてくされて側にある小石を赤潮に投げたりして、ボッサーとしている中、稲さんは、おぉーーー、すげーー、今度は真鯛がきたーーー、マジやばいわ、ここーーと楽しんでおります。
もう、耳栓したい気分で、ラーメンを食べ始めた私。
散々、楽しんだ稲さん、潮止まり前に、ちょっとここでやってみるーーと、声をかけてきました。
ふてくされていたので、今日は来てないことにするから、やらんってごねていたけど、それじゃー俺が立場ないけん、とりあえず、やってみんさいって言うので...
じゃぁ、稲さん、私のところでやってみて、状況変ったか見てみてやーーと言ってみたら...
嫌じゃわ、絶対釣れんじゃろ、そこって速攻却下
ここで何かを釣ったら、今度から「名人」って呼ぶから、とりあえず、一回でも竿を出してよーーと焚きつけても、餌がもったいないとノリが悪いので、諦めて場所移動。

てことで、稲さんは私の後ろで休憩することにし、私は稲さんとこで投げてみた。
付け餌は、前日から3液に漬け込んだ超臭うスペシャルムキエビを使用。
なんと、1投目からあたりあり。
まずは、スズメダイが釣れたけど、スズメダイがめっちゃ嬉しかったわーー。
そして、今度はこれも漬け込み液を練り込んだ練餌を付けて投げてみた。
仕掛けが馴染んで、更にコマセを3投追加。
そうしたら、スーーっとラインが伸びていき、きましたー、第2あたり!!
後ろにいた稲さん、私にはやり取りの写真を撮ってーーとうるさかったけど、後ろに座っていたのに、私の写真は撮ってくれていなかったという事実...。
ほんまに、私が釣ったから
そして、釣れた魚はチヌでしたーーー

3z3q.jpg

これだけ、投げる度にあたりがあったら、そりゃ面白いわ。
ただ...、稲さんが立っていて見えなかったけど、その隣の磯、人が上がれる感じ。
赤潮で釣れないって嘆いていたんだし、絶対釣れんじゃろって思ってるくらいなら、人のいい友人なら隣の磯があるって教えてくれたらいいのにーと、チクっと言ったら、潮が変わったら、私のところでも釣れると思ったんよってそういう判断だったらしいーー。
うーーん、稲さん、以前はこんな感じじゃなかったと思うんだけどどうしたーー。
でも、一番いい潮で変ってあげたかったと言っていたから、まぁ、そこはありがたく思いまする。
ところが、そのチヌから底潮があんまり動かなくなって、あたりが激減...

それでも、それから5投目くらいで、スペシャルむき身でギューーンとラインが出ていき、ちょっと緩めていたドラグからラインが出る出るーー。
なになにーー、真鯛ーーとやり取り開始。

3z3r.jpg

やばいよ、何かすごいでかい真鯛かもしれんーーと大騒ぎ。
こりゃ、タモ入れ頼むよーーと、嬉しい悲鳴を上げながらのやり取り。
そして、少しずつ足元に寄せてきて、稲さん、そろそろ浮きそうじゃけーー、早くタモ入れ頼むよーーーと、ちっともタモ入れを頼んだのに、後ろで座っているから、再度タモ入れ要請!!
とにかくすごい魚じゃわーーと、うっすらと影が見えてきて魚は...
何だか長く、鯛じゃないみたい。
早く早くーーーと、急かすも、まぁまぁ、慌てんさんなとまだ後ろに座ってる稲さん
ちょっと後ろに下がってタモを取る余裕がないくらいのすごい引きで、頼まんとやばいわーー、てか、竿がやわらか過ぎて、ちょっと厳しいかも。
段々イラついてきて、これでタモ入れできんかったら、一生許さんけんねと言いながらこちらに寄せてきたら、魚が浮いたーー。
なんと、魚はだいぶ前に海上釣り堀で釣ったくらいの大きさのハマチ。
ハマチじゃわーーー、急いで急いでと、急かすも、それでも、まぁまぁとのんびりタモを掴んで、後ろでボッサーとしてる!!
そして、大丈夫じゃけーと、ノロノロとようやく私の隣で魚を掬おうとした稲さんの目の前で道糸が切れてしまったーーーーー。
燃えるような目で稲さんを睨みつけ、わざとトロトロして腹立つ!!と一言
稲さん、まさか、ラインブレイクすると思わなかったみたいで、茫然。
道糸を見たら、岩盤で擦れてギザギザになってました...。
稲さん、ハマチなんてまたくるけん、落ち着きんさいってなだめられはしたけど、宣言通り、一生このことは忘れん気がする...。
チヌの時に、こういうちょっとした稲さんのおふざけは何回かあったけど、ハマチほどじゃないので、今度やったら許さんよみたいなそこまで睨みつけるってことはなかったけど、さすがに今回はね

それからは、底潮が動かなくなり、あたりレスとなってしまった...。
納竿までに、ベラが釣れて終了なり。

3z3s_20191112073631207.jpg

稲さんは、それから、私の左側の磯で竿を出し、1匹ヤズを追加。
午前中にもヤズを釣っていたので、まぁ、景気のいいこと。
ハマチの詫びに1匹くれるって言ったけど、いらんと突っぱねたけどね。(最終的に、私のために釣ったんだから、持ちかえってくれって言われて、持ち帰ったけれどもが)

コマセを撒ききったので、私は納竿をし、稲さんは、たっぷり持って来ていたので、それからまだ竿を出していたけど、やっぱりあたりがなかったみたい。
やっぱ、満ち上げの午前中が良かったみたいね。引きは微妙だったわー。
レポートを書きたいから、磯でのチヌ持ち写真を撮ってよーーと言うのでとりあえず、写真を撮り、私も今回はほとんど写真を撮ってもらってないから撮ってよと頼むと、とりあえず魚を捌くからと、魚を捌き始めた稲さん...。自分だけかよーーー
結局、お迎えがきてしまい、せっかく横島に来たのに、横島の磯チヌ持ち記念写真が撮れなかったという...。
やばい、写真が撮れんけー、港で撮るわって、一言言われたけど、チヌが死んでたらつまらんじゃん。

あ、残り3時間ちょいくらい釣った後半の磯はこんな感じでした。

3z3t.jpg

赤潮があるのとないのでは全然違うんじゃねーーー。
よい勉強になりましたわぁ。

てことで...
港に到着し、私の唯一の釣果の記念写真パチリコ。

3z3u.jpg

てか、港での写真も忘れていて、残った魚を捌いていた稲さんだったけど...。
変わり果てた稲さん、昔の稲さんに戻って欲しいと最近時々思ってしまうわぁ。
帰りの車の中では、この日一日の赤潮からハマチまでのグチを一気にまくしたて、スッキリし、そのまま稲さんとレクトでトンカツを食べて帰りましたさー。
よくよく考えたら、うちまで送り迎えもしてくれたし、ファミチキも奢ってくれたし、感謝せんといけんかったのに、釣り場のいざこざでついつい忘れてしまったわぁ
やっぱ、ガツガツしたらいけんね、釣りっちゅうもんはーーー。
テークイットイージーで心穏やかにいこうと心に誓った次第。

11月3日(小潮)
干潮 5時44分
満潮 12時41分
竿:シマノ アートレーター 0.6号
道糸:シマノ ファイアーブラッドハイパーリベルαナイロンゼロサスペンド1.7号
ハリス:TORAY トヨフロンLハード 1.5号
針: 金龍針 ネリエ&コーン1号

チヌが釣れた時間  11時45分



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント