徒然食道楽日記「Monte Beer (モンテビア)」広島市南区


広島駅南口前大通りの向かい側、少し前までウィラーバスの発着点でもあったあたりのちょっと古めかしい飲食ビル1階にモンテビアがあります。

3z3z3z3z3p.jpg

居酒屋ポスターとかを無視したら見た感じ、外国のパブみたいで何だかいい感じじゃね
このお店、居酒屋チェーンのお店がやっとるらしいです。

中に入ってみると、バーカウンターがありこれも外国のパブっぽくてモンテビアの雰囲気、私は結構好きです

3z3z3z3z3s_201911250654456df.jpg

予約をしていたので、お店の一番奥に案内されました。
お店は奥がカギ型に曲がっていて奥に広い感じじゃねー。
入店時間が13時30分くらいだったんだけど、お昼時な時間帯にも関わらず、お客はパラパラめじゃね。

3z3z3z3z3u.jpg

メニューは単品だと居酒屋料理がずらっと揃っていたりと、その種類の多さにグっときます。
でも、ランチメニューが色々ついてやっぱりお得かな。
てことで、ランチメニューからチョイスすることにしました。
ランチメニュー一覧はこちら。

ハンバーググリルランチ(各780円)
BBQハンバーググリル
TERIYAKIハンバーググリル
オニオンソースハンバーググリル
チーズハンバーググリル


チキングリルランチ(680円)
BBQチキングリル
TERIYAKIチキングリル
オニオンソースチキングリル
チーズチキングリル


セットランチ
厚切りロースカツセット(880円)
特製煮込みハンバーグのビスマルク風セット(880円)
BIGチキンカツセット(780円)


それぞれライス・スープ・サラダが付いてきて、ライス、スープはおかわり自由です

せっかく市内まで出てきたので、なんていうかチキンっていう気分にはならず、ハンバーグ系で検討することにしました
そして決断したハンバーグはセットランチの特製煮込みハンバーグのビスマルク風セット(880円)。

まずはセットのサラダ

3z3z3z3z3w.jpg

サニーレタスメインでドレッシングはフレンチドレッシング。

そして、スープはホールの中央付近にずんどうに入っていたので、自由に持って来ていいみたい。
ずんどうの隣にはセルフサービスのライスもあり

3z3z3z3z3z3.jpg

スープは玉葱が具材となっているコンソメスープ。
最近、塩分強めなコンソメスープに当たっていたけど、モンテビアのコンソメスープはそこそこ美味しかったわーー。

そしてメインの煮込みハンバーグ

3z3z3z3z3z3b.jpg

さすがに煮込むだけあって、チキングリルシリーズより提供されるのがちょいと時間がかかりました。
待っただけに期待してフォークを入れてみたら...
ハンバーグがチカチでフォークを刺す時に力いるし。
ハンバーグって、ミンチを使うから表面はあばたになっていると思ったんだけど、表面がツルっとしていて固いから何だか河原の石みたい...
固いので当然、煮込まれてもスープの味が染みていなくて、微妙だった...。
こんなハンバーグ、初めて食べたわ。

今回、ランチでお邪魔したけど、やっぱ居酒屋だと思って夜にちょいと飲む感じで寄るのがいいんかなーー。
居酒屋チェーン系列お店だけにお酒に合う一品料理多いし。
でも、まぁ、ハンバーグのレベルがこれだから、次回行くかどうかはちょっくら考えるかもね。

モンテビア広島
広島市南区松原町10-32 宏和14 1F
082-262-0988
11時~12時
11時~2時(金・土・祝前日)

オマケ
オマケは読んだ本アルバム
今回はあやかしお宿で食事処はじめます 友麻 碧著

3z3z3z3z3z3d.jpg

人間の住む世界がうつしよ、あやかしが住む世界がかくりよというそういう世界設定な小説でございます。
前号はかくりよで大借金を抱えた祖父がぽっくりと逝ってしまい、その借金のカタにうつしよに住む祖父の孫の女子大生がかくりよに嫁入りせんといけんけど、そんな流れは嫌と今風の若者の勢いで却下し、その代り、かくりよで得意の家庭料理を駆使して食事処をオープンさせて儲け、借金を返済しましょうというところで終了。
今回は、いよいよ食事処ゆうがおをオープン開業から始まりましたーー。
旅館の厨房の丁稚からの嫌がらせなどがあるのと、場所が悪いということで、客入りは悪く、材料は廃棄が続くという悪循環が続くけど、がんばりやの主人公の努力で次第に客足が増えてきて、有名な小説家やしまいには王家の人が結婚記念日に利用したりという宣伝効果も功を奏し、繁盛街道を進んでいっていたけれど...
それを妨害する何者かが現れ、しかも、身の危険系。犯人や意図はまだわからず、ちょっとミステリー風味を帯びてきたというワクワク感。
私の大好きな大旦那は、相変わらず、キュンキュンさせてくれ、今回のキュンキュン画面はしっとりと雨が降る中、裏山に行った大旦那様。
忘れて風化したドキドキ感が猛烈に甦る、そんな裏山事件を何度読み返したことかでございます
こういう小説に出てくる女の子って、大体、よく食べ、元気でみんなに平等、正義感に燃え、弱いもんの味方。でもプチ天然で周りのしっかり者なイケメンが支えてくれるっていうんが定番だけど、この小説の女の子はまぁ、そういうところもあるけど、それ以前にとにかく努力家。
そりゃ、住む世界が違うから人に頼るところはあるけど、料理の開発とか客の入りを伸ばそうと努力するところなどなど、本当に頑張っているので、何だか読んでて気持ちがいいねーー。
今回も色々と事件があったけど、そんな中、主人公ちゃんは美味しい料理をじゃんじゃん作っておりました。
中でも、気になったんは炭酸水を使った豚の角煮と小豆牛乳かん。
どうしても私も食べたくなったのは小豆牛乳かん
私も作ってみよーーーと思いたち、張り切って小豆から購入し、一晩水に漬け込んだところから始め、本でアドバイスが入ったように、とろみがついた時に型に流し込んだので、小豆がまんべなく散りばめられて、いい感じになりました。
甘さ控えめにしたので、いくらでも食べられて胃袋にめっちゃ収納してしまった。

3z3z3z3z3z3m.jpg

3巻が楽しみでござる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント