徒然釣り日記「叶島の磯で巨大真鯛を狙ってみた」

突然、チヌ釣り名人から叶島にデカ真鯛を釣りに行くでーーーとお誘いがあり、釣れるか釣れんかわからんけど、デカ真鯛ドリーム釣行にいざ同行
渡船は前回、横島に行った時にお世話になった手島フィッシングさんに今回もお世話になることになりました。
出航は7時だけど、上関方面なので、早朝から向かう上関はちと遠く、運転中、目がもげぞうなくらい睡魔が襲ってくるのを防ぐべく、眠々打破を飲みながら、なんとか到着。
今回は平日というのもあり、他の釣り人さんはメバル狙いの男性2人のみ。
4人全員そろった時点で出航となりました
この日は割とな強風デーで白波が立っていて、名人曰く、波は3から4mくらいじゃのーとか言っておりました。
最近、釣りに行く度にもれなく強風のような気がする...。
叶島まではそこそこな距離があったので、しばらく船の上でお眠りタイム
起こされた時は私が降りる磯に到着しておりました。
今回は1人磯だけど、足場がバッチリだしなだらかで広い岩の上なので、余裕だわーー。
微妙に風裏なので、白波地帯じゃなさそう。

3z3z3z3w.jpg

これは、帰りに撮った磯なので、潮がだいぶ高くなっております。
磯に上がるのも、ステンレスの板みたいなのが打ち込まれていたので、余裕で上がれ、私が渡船客の中では磯一番乗り。

3z3z3z3v.jpg

この磯、ステンレスの板以外に鉄の棒が上部に数か所打ち込まれていて、一体何に使われているんだろうねー。
船長さんのアドバイスは正面に向かって投げたらいいとのこと。
15mくらいですぐにかけあがりなので、そこら辺を狙えばいいらしい。
てことで、正面の位置に立って投げることにしましたー。

3z3z3z3z.jpg

今回の配合餌はマルキューオンリー。
DASH・VSP・爆寄せ・ムギの4種類でございます。
これが、めっちゃ飛ぶコマセで気持ち良く投げられるし。
付け餌は私特製ムキエモンを数種類のエキスにどっぷり漬けたハイパームキエモンとマルエビイエロー、食い込みイエロー、普通のオキアミと、黄色練り餌。
いでよデカ真鯛ーーー

早速、開始ーー
まずはオキアミを付けて投げ、ちょっと投げて回収したら餌捕りにやられ、食い込みイエローも同様になくなり、そしてなんとマルエビイエローまでいつも間にやらなくなってるーー
足元はスズメダイの絨毯なので、スズメダイの餌になってるんかなぁ。
潮は右にあて潮気味に流れていて、私が立っている岩をぐるりと回る感じ。
右側はシモリ村なので、岩を回ったら仕掛けを回収ーー。
そして...ハイパームキエモンを付けてちょい遠投気味に投げたら、仕掛けが馴染んでちょっとした頃に突然、ギューーーーンとドラグが鳴り、すごい勢いで沖に向かって魚が走り始めました
実は...
左肘を痛めていて、整体に通っていて肘をテーピングで固定して動かないようにしていたんだけど、あまりの強さに肘が伸びてしまって、超激痛
腕の爆弾が破裂したような感じで、竿が持てないーー。
とりあえず、ドラグを調整していたので、ラインがキュルキュル出て行いくままにしていて、右手メインで竿を持てるようにしようと四苦八苦。
確か、ラインが出て行くのが止まったら、やり取り開始って名人からコツを聞いていたけど...
ラインが止まったのは止まったけど、何か根がかりなにおいがするんじゃけど...
しかも、ほどなくしたら、仕掛けが軽くなり、どうやらラインブレイクした感じ。

ポカーンとしながらも仕掛けを回収してみたら、ハリスがギザギザになっていて擦れて切れたみたいね。
まさかの沖で瀬切れ...。
後で船長と名人にこの話をしたら、船長曰く、底に碇か何か大きいもんが沈んでいるらしく、こういうことがあるらしいー。
両サイドはシモリが点々と沖に出ていってる感じなので、真鯛や青物を釣る時は結構、難しいポイントなんですよとのこと。
なーーんだよ、そんなとこに降りたのーーって、聞いた時はがっかりしたけど、まぁ、それから、そんな心配は無用って感じで、パワフル魚がかかることはなく、というより、あたりがなく、唯一午前中に釣れた魚はこちら。

3z3z3z3z3.jpg

何か、えらい背びれが長いベラみたいなん。
前回は赤いベラを釣ったけど、今回は背びれ長いバージョンベラ。微妙に巨大ベタに見えるわー。ベタだけにベラ。
今年は始めて釣る種類のベラが多いなーーー。
ベラベタは塩焼きにして食べるので当然お持ち帰り。

何か、ちっとも釣れる気がせんけど、いつ何が起こるかわからんので、油断せずに引き続き投げておりました。
もはや肘は熱をもってきたけど...。
11時くらいから、ラインがスーっと持ってかれたことは2回あったけど、何が気に食わないんか、餌を離すし、何だか魚に見きられとるんじゃろーか。
それから潮が岩を思いっきり回らず、もう少し左に流れながら大きくゆっくり右に回りこむ感じになったので、もう少し長く左に流していったら...
バシっとラインが走り、それが朝ほどじゃないけど、そこそこパワフル
しかも、足元でギューンと更に勢いを増したので、もしかしてグレって思ったら...
グレでした
すごいよ、多分、今年初
落としたらいけんので、慌ててスカリに入れたため画像はないけど...
それから、立て続けに私のハイパームキエモンでグレが釣れました。
叶島のグレはめっちゃ肉厚。
こりゃ、帰ってから食べるのが楽しみぞなもし。

昼を過ぎてから、更に潮が変わり、正面の沖に向かって流れていく感じになりましたー。
碇ゾーンがちょっと怖いけど、とりあえずかかってから考えようと、なんくるないさー釣法で流していくことにしましたさ。
餌は、オキアミ数種類、練り餌などローテで色々替えてみて投げたけど、潮はいいのにあたりがないねーー。
時々、ベイトチックなベビーイワシみたいなんが回遊してるんだけど、青物現れず...。
まぁ、満ち上げなので、15時まではキチキチ投げようと投げ続けていたら、バシィっとまたラインが走り、合わせてみたら、沖に魚が走ったので、もしかしたらまた真鯛かもーーとやり取り開始。
でも、朝のすごいやつとは違って、こちらに寄せてこれるので、実際魚が浮いてこないと何の魚かはわからんかったけど...
浮いてきた魚を見たら、塩焼きサイズ真鯛。
この真鯛もハイパームキエモンで釣れましたーーー。

結局、真鯛からは納竿まではあたりレスだったけど...

当初の目標にはずれまくったけど、土産は釣れたということで...

3z3z3z3z3a.jpg

魚は後で磯チェックに来られた名人が魚を全部絞めてくれたので、うちに帰って食べた魚がめっちゃ美味しかった
グレがとにかく美味しいねーー。
チヌが木綿豆腐なら、グレは絹豆腐って感じ。
チヌみたく身が固くないから、アレンジ料理に向かないところもあるけど、単体で食べたら、身が繊細でめっちゃ美味しかったわー。

ちなみに、メバルは何十匹も釣れたそうで、超大漁だったそうですよ。
ま...私のハイパームキエモンのみで魚が釣れたというんが嬉しい釣行でございました。

11月21日(長潮)
干潮 9時59分
満潮 16時50分
竿:シマノ アートレーター 0.6号
道糸:サンライン 磯スペシャルオシャレ 1.75号
ハリス:TORAY トヨフロンLハード 1.5号
針: 金龍針 ネリエ&コーン1号


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント