徒然食道楽日記「伽哩本舗 門司港レトロ店 」北九州市

翌日は...
国道3号線沿いのパチ屋にジャイアンが入り、お昼ごはんは抜き
漫画コーナーで漫画を読みながら、待っていて、結局、午後の遅い時間にまたいつもの埴輪みたいな顔をしたジャイアンが現れ、いざ東に向かって出発

この日は広島までは戻らず、小倉でストップ。
早速、小倉グルメを色々調べてみたけど、グっとくるお店が見つからず、結局、門司港で焼きカレーを食べようということになりました。
門司港へは、車で行こうと提案したけど...
乗り鉄のジャイアンがモノレールみたいなんに乗るってワーワー言い、モノレールとJRを乗り継いで行くこととなりました。
とりあえず、モノレールの駅まで行くのに、かなり歩いたけど...
そして、特に何鉄でもない私はモノレールとかの写真を撮るのをすっかり忘れてしまったという...。
モノレールからJRに乗り換え、門司港入り

久しぶりに門司港駅に来たけど、何と、門司港駅の構内にあったしゃぶしゃぶ屋さんがスタバになっとった
お気に入りのお店だっただけに残念~。
でも、夜に見る門司港駅はライトアップの効果もあり何だか幻想的。

4z4z4v.jpg

お目当ての伽哩本舗は歩いて5分くらい。

4z4z4r.jpg

この建物の2階になります。
前回来た時と同じく、窓際の席を案内されました。
店内の客は、中国人家族、さすらいの旅ガラスのお兄さんの2組でした。

4z4z4s.jpg

今回注文したんは和牛の焼きカレー(1050円)。

九州黒毛和牛を使用ですって
焼かれたルーの香ばしい香りが毎回食欲をそそらされますわぁ
お肉も柔らかいし、チーズも香ばしい。
辛さ5倍にしたので、いい感じに口がホットになり、それもハナマル。
来て正解だったわぁ
ただ、めっちゃお腹がすいていたので、ちょっくら量的に足らなくて、腹六分目くらいに感じられたな。

ジャイアンが注文したんがチキンの焼きカレー

4z4z4u.jpg

このカレーはプラス200円でライスとルーの量が大盛り仕様です。
でも、大食漢のジャイアンでも、この量は完食するのは結構大変だったみたい。

てことは、腹六分目くらいがちょうど良かったかもねーー。

帰りは門司港の他の場所には寄らず、そのまままっすぐ駅へ。
そういえば、門司港駅ってホームもレトロで旅愁を誘う感じね。

4z4z4w.jpg

そして、帰りはモノレールに乗らず、徒歩でホテルに帰ることになりました。
結構な距離だったけど、歩いて行くと小倉城が見えました。

4z4z4x.jpg

小倉城といえば、佐々木小次郎が細川氏に剣術指南役として召し抱えられたんだっけ。

何か、今回はあんまり行動をおこしていなかったので、ライトアップ小倉城を見たら、何だかすごい観光をしたような気になったわぁ。

伽哩本舗 門司港レトロ店
北九州市門司区港町9-2阿波屋ビル2F
050-5868-2134
11時~15時(ラストオーダー 14時30分)
17時~20時
11時~20時(土日祝)
定休日:不定休

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント