徒然釣り日記「阿多田島の浮き桟橋でチヌ釣り」

稲さんから、久しぶりに阿多田島の浮き桟橋で釣ろうやーーとお誘いがあったので、もれなく乗っかりましたー。
段取りは稲さんがしたんだけど、久しぶりに大竹の小方港から出る平内渡船を予約したらしい。
5時45分までに来てくれということで、いつもはおくしん渡船でのんびり出航だったので、久しぶりに4時起きをしたような気がする...。
5時45分に行ったら、船長さんが、ちょっと遅いげなことを言っていたので、稲さんが、5時45分って聞いたからと、ちょっとやり取りめいたことが発生し、その間に私はせっせと軽い荷物から船に積み込み作業。
行き違いがあったみたいだけど、もしかしたら、出航時間は5時半だったんかも
この日は、フカセ釣りは私ら2名だけで、残りの何組かはみなさんダンゴ釣りみたい。

まずは、阿多田島の筏からどんどん人を降ろしていき、船長さんが、筏の方がよく釣れるから、私らも筏に降りたらーー?と、筏を勧めてくれたけど、稲さんは、すでに浮き桟橋モードになっていたらしく、浮き桟橋で頑張る宣言
私は色んな魚が釣れたら、筏でも浮き桟橋でもどっちでもOKだけどーー。
最近は、チヌ狙いって感じじゃなくて、できれば5目みたいに色んなんが釣れる方が面白くって。

結局、船長から浮き桟橋は暑いよーーーと、最後の忠告をもらい、浮き桟橋へ降ろしてもらいました。

7z9z9n.jpg

グルっと浮き桟橋を歩き、私は先端で釣ることにしました。
稲さんは、前に話していた時は、浮き桟橋の左側が爆釣って言っていたけど、並んで先端で釣ることにしたみたい。
まぁ、近くで並んだら、コマセもバシっと効いて、魚が寄ってくるかもねーー

今回のコマセのレシピは...
ヒロキューの制覇チヌホワイトベース・麦黒鯛・マルキューの遠投Gとオキアミ3kg
早速、釣り開始ーーー。
コマセを撒いてみてビックリしたけど、何か潮が激しくて、足元はプチうず潮発生中~
試しに仕掛けを落としてみると、洗濯機みたいな感じでわやくちゃにされて、そのままペっと仕掛けが浮いてきたり...。
でも...まぁ、ドロっと動かない潮よりは、まだ洗濯機の方が気分的にはいいかもーー。

そして、洗濯機の中に仕掛けを投げて、コマセを投入し、ごちゃ混ぜーーーな感じで投げていたそんな時...
まず、きたきたーーーって叫んだのは稲さん。
多分、7時くらいだったかな。
記念すべきやり取りの写真を撮ってよーーと、ワーワー言っていたけど、あっという間に、ポーンとチビ黒鯛がタモなしで上がってきたので、あっという間の出来事で、間に合わず
とりあえず、記念すべきチヌ写真をパチリコ。
稲さんは、割と潮が速かったから、もう少し大きいチヌかと思っていたらしく、チビかよーーーと、イラついていたけど、それでもチヌはチヌじゃんねー

7z9z9o.jpg

稲さんのとこは、右にバンバン潮が払いだしていく潮だったそうな。
途中で仕掛けを止めていたら、このチヌが飛びついてきたそう。
とりあえず、1枚釣れた安心で稲さんはホクホク。

私も波止ならまだしも、渡船を使ったからには、1枚は釣りたい釣り人心。
洗濯機の中にオキアミやら練り餌を流すも、ハリスがガンダマに絡まってグチャグチャになるばっかだし、にんともかんともにんにんよ

それから、洗濯機はやめて、15mくらい先に投げて、右斜め前に払い出す潮に、どんぶらと流していったさーー。
あまり流すのもあれなので、少し流して仕掛けを止めて様子を見ていたら...
2投目にして、竿先に違和感発生ーーー
この浮き桟橋って真鯛がくる可能性も大なんだけど、このモゾモゾあたり、何だかチヌっぽい気がするーー。
どうするのー??食うの食わないの?みたいな感じで様子を見ていたら、思い切って食ってきたので、それーっと合わせてみたー

うまい具合にかかってくれて、早速、やり取り開始

7z9z9p_2019090521060913b.jpg

あんまり元気のないチヌだったけど...
とりあえず1枚釣った安心感ーー。

7z9z9q_20190905214544448.jpg

餌は常温練り餌と食い渋りイエローのミックス。
チヌコレと海水を混ぜてめっちゃやわやわに柔らかくしたような気がするー。

でも、そのポイントはそれからは鳴かず飛ばず。
たまたまそこにチヌがいたから釣れた感じなんかねー??

今度は、足元に落として、浮き桟橋に住みついているチヌを釣ろうと戦略変更~。
洗濯は終了したみたいで、足元周りはプチうず潮がなくなってたな。
足元系の潮は、右に行ったり左に行ったりと、落ち着かない感じだけど、まぁ、動いているだけましよねー。
流れていく方に向かって、ポツポツとコマセを打ち、上潮が滑っているので、ガン玉を重くしてみて、仕掛けを行ったり来たりさせてみましたー
まず、10時くらいに、ドンっとすごいあたりがあり、ドラグをちょっと緩めていたので、ジリジリーーっとすごい勢いでラインが出て行き、その後、浮き桟橋の鎖に逃げられたのかバチっとラインブレイク
真鯛がきたら...と欲をかいてドラグを緩めにしていたのが、大失敗ーー

なんだったんだろ...
割と大き目の練り餌を付けていたから、貪欲な魚が食いついたんかもねー。

気を取り直して、また同じような感じで流していたら、今度は前回ほどの爆弾あたりじゃなかったけど、シュっとラインが走り、またもややり取り発生
今回は魚に負けることなく、バシっと取り込み成功。
私が釣るのはやっぱこれくらいのサイズがちょうどいいーー

7z9z9r.jpg

ええところにかかっとるじゃろ

7z9z9u_2019090621340850a.jpg

それから、連続して同じように流したら、同じ棚でもう1枚同じくらいのチヌを追加~

ただ...
この1枚を追加してからは、また鳴かず飛ばずタイム...

チヌもいなければ、外道もいない。
でも、潮は相変わらず右に左に行ったり来たりはしていて、まだ沼みたいじゃないので、気分は違うけど...。

ちょうど、お昼くらいになったけど、あまりに暑くて、干上がりそう。
浮き桟橋が鉄板状態で、打ち水をしながら暑さを凌いだりしたけど、上から下から熱波がくる感じね~。
稲さんがパラソルを持って来てくれたから、パラソルがあるだけでも違うわ

稲さんは、とりあえずいつもな感じで、やめやめーーーと、吠えてゴロっと鉄板の上で昼寝。
私は、夏場はコマセが傷んでしまうので、冷凍で持ち帰ることができないため、いつもはそんなにコマセを撒かないけど、コマセを撒ききらないと捨てるのももったいないので、足元にスナック菓子を置いて、ポリポリ食べながら休憩なし釣り。
ずっと沖にに流していったり、仕掛けを止めて待っていたりと色々試すもフグすら釣れず...。

船のお迎えがあるんだから、そろそろ何か釣りんさいやーー、ベラ釣ったらちょーだいーと稲さんを焚きつけて、稲さんも休憩モードから復活。
でも、あまりに暑いから、活かしバッカンの中に海水を張って、プチプールを作り、なんと活かしバッカンの中に入り込んで竿を出しておりました。

7z9z9v.jpg

ほんま、おもろい人だわ、稲さんって。

そして、納竿から30分前くらいの14時前くらい。
結局、沖もどこもあたらず、浮き桟橋のだいぶ左に投げ、足元を通過する感じで右に流していたら、またドーーンというあたりがきたーー。
ラストあたりも中層くらいだったかなー。
何か結構、重量あるかもーーーと、嬉々としてやり取り開始

7z9z9w_20190906222749b01.jpg

居付きの黒々としてチヌが釣れたよーーー。

7z9z9x_2019090622300355a.jpg

そういえば、今回釣れた4枚とも、同じ配合の練り餌のみで釣れたなー。
オキアミでは1枚も釣れなんだ。
てか、オキアミ自体、そのまま回収されたし。

このチヌが最後となり、コマセを撒ききり、私は納竿。
稲さんは、私が釣れた棚を聞き、そこに流していくようにしたら、なんと同じところであたりがあったらしく、チヌをゲットーー。
まだいたねーー、チヌ

そして、ほどなくしたら、お迎えがきたーー。
船長からキンキンに冷えたコーヒーをもらい、船の上で一息~

6_2019090709131997f.jpg

コーヒーを飲んでまったりしていたら、稲さんが足首の日焼けを見て大騒ぎ

7z9z9z_20190907111807341.jpg

めっちゃ真っ赤だし。
そういえば、釣りをしている間、日焼け止めの塗り直しを一度もせんかったから、シミだらけになりそうで恐ろしいーー。
わやじゃねと話していたら、ダンゴ釣りの人らもどんどん回収され、その人らの話では、あまりチヌは釣れなかったみたい。
でも、ハマチが釣れてたらしいから、やり取りを想像しただけでも相当なもんじゃと思うわー。
全員回収したら、船は港まで超かっとばし。
ちょい気持ち悪くなり、ただただ港に早く到着してもらうのを願うばかり。

港に到着したら、稲さんがチヌを絞めてくれ、内臓も取り除いてくれました

いつも渡船を利用しているおじさんが、浮き桟橋は大体渋いから、あんまりオススメじゃないと言われましたさ...。
まぁ、筏もあまり釣れていなかったので、筏も渋かったけど、浮き桟橋が爆釣するのは年に数えるほどしかないらしー。
近くに釣り堀があるから餌も効いてるかと思いきや、そうでもないんじゃね。

まぁ...私としては4枚釣れたら大漁の部類に入るから、祝杯もんだけどーーー

7z9z9z9d.jpg
7z9z9z9f_201909071218181d5.jpg

そういえば...
フェリー乗り場に住み着いている白黒猫は、まだまだ健在でした

7z9z9z9h_2019090713174580e.jpg


私がチヌ釣りを始めた頃に見たから、結構な年齢のような気がする。
でも、フェリー乗り場に専用の座布団とか敷いてもらったり、めっちゃ愛情たっぷりに面倒みてもらっている白黒猫だなと思うわー。

8月4日(中潮)
干潮 5時42分
満潮 11時30分
竿:シマノ アートレーター0.6号
リール:シマノ ハイパーフォース(スプールはデスピナ)
道糸:シマノ ファイアーブラッドハイパーリベルαナイロンゼロサスペンド1.7号
ハリス:TORAY トヨフロンLハード 1.2号
針: 金龍針 ネリエ&コーン1号


アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント