徒然手作り日記「徒然手作り日記「かわいい刺しゅう」デアゴスティーニ13号

定期購読がちょいちょい溜まりがちになるけど、牛歩レベルで進んでいきデアゴスティーニ「かわいい刺しゅう13号」までの報告をば。
7z9c.jpg

ちなみに、12号の暮らしのステッチ小物はスモッキング刺しゅうの小花の通帳ケース
6_201907200641435f1.jpg
達成感がハンパなく、早速通帳を入れて使用したけど、割とリボンが簡単にほどけて通帳がばらけて使い勝手が悪いため、結局、放置...
次からは、暮らしのステッチ小物は最終的に使うもんにアレンジしようかな...って思った次第。

さてさて。
まずは季節の童話タペストリーから。
今回はハーメルンの笛吹き男とネズミを刺し進めていくよーー

ネズミはアウトラインステッチで輪郭をぐるっと刺し、耳はサテンステッチ。
笛吹き男は指定されたところをサテンステッチで埋めていき、今回はここまでで終了~。
7z9e_20190720074915437.jpg

全体的にこんな感じになったよ
7z9f.jpg

お次は暮らしのステッチ小物 こぎん刺しのふたつの柄のポットマット
こぎん刺しは、何号か前にヘアゴムを作ったんだけど、小さい小物でもかなり刺すのに時間がかかってしまい、苦手意識を育てまくって終了。
今回はヘアゴムからかなり巨大化したポットマットの作成。
早速、開始したけど、ついつい気が散って、何度も目を数えるのを失敗し、一度間違えると、全てが狂うので、その都度やり直し
なんとかかんとか、完成なりよー
7z9g.jpg

この柄はデアゴスティーニオリジナルだそうな。
いやーーー、長い道のりだったわーー。

オマケ
読んだ本アルバムでございます。
今回の本は最近、本屋の人気コーナーまで作られている阿部智里著の八咫烏(やたがらす)シリーズ、空棺の烏でございます。
6.jpg
多分、4巻目??
今まで出ていた4冊の中では一番面白かったと思う。
今までは、宮廷のドロドロゴタゴタや、外部からの敵の話だったりするけど、今回はエリート武官養成所の話。
養成所でも宮廷の権力闘争が入りこんでいて、何かともめ事が発生したりするんだけど、まぁ、最終的にはえ、そういうことなのーーとお決まりのどんでん返しが待っているので、そこはまたそうくるんかよーーってひっくり返った次第。
てか、10代の少年たちが大人よりもしたたかで、頭が良すぎるんはどうしたもんなんじゃろうか。
あまりに大人がなめられてる気がして、ええ歳からげた私としては、頑張れよ、大人って思ったわ。
本の中盤までは、権力闘争の中で振り回される背伸びした少年たちのすったもんだや友情、仲間化など。
後半に向けて、真相が明らかになり、びっくりな中、ちょっとがっかりだったりと、複雑な読者となり、落ち着いたところにラストは養成所から離れ、この世界の一番の問題である外敵や世界の秘密など、クライマックスがデーーンと発生するので、ラスト1行まで目が離せんと思うよ。
ネタばれになったらいけんので、私のびっくり仰天ニュースみたいな書き方みたいになったけど、この本を読むなら1巻から読んだ方がどっぷり楽しめると思う。

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント