徒然釣り日記「柳井の河口でチヌ釣り」

旅行に行っていたり、ウェブリブログが大々的な更新をしたらしくて私のパソコンが更新についていけずフリーズを繰り返したりと釣行レポートの更新が大幅に遅れてしまったけれども...
とりあえず、前回行った釣行レポートでございまするーー

毎月の恒例となっているチヌ釣り名人とのチヌ釣り釣行6月編。
いつもの感じで周防大島近くで7時に待ち合わせをし、名人カーに乗り合わせて、更に西へレッツラゴー
とりあえず、柳井の護岸か地磯か波止で釣ろうということになり、柳井の海岸線をドライブ。
ただ、この日は午前中が潮位が低いため、良い地磯があっても、かなりな遠浅具合でちょっと釣りをするには厳しい感じ
波止も然り
どーーするーー、ええとこ全然ないーーと、車内でウダウダ話していたけど、コマセもバッチリ作ってるし、どっかで竿を出さんとねーーと二人で悩んだ末、前回パラパラっと釣れた柳井の河口の護岸で竿を出すにしました
でも、河口もめっちゃ潮位が低く、それでもちょっと水深がありげなところは、護岸にちょうどいい感じにクーラーボックスが置けて、座りながら釣りができる感じ。
この日、名人は腰を痛めていて、悪ぃがわしは腰が痛いけー、ここで釣るでーー、もしじゅんちゃんのところがどうにもならんかったら、わしんとこの隣で竿を出せやーーと、提案
じゃあ、どうにもならんかったら、そっちに行くから、そん時はちょっと左に寄ってよーーとぶちぶち言いながら、私はもはや底がうっすらと見えているポイントへ。
画像

釣り場を求めてウロチョロしたので、開始はめっちゃ遅く、9時くらい。
この日はちょいと珍しい付け餌で、多分、マルキューの海外仕様の付け餌
名前は常温ネリエ
画像

パッケージの裏にはちょいちょいハングル文字がある一品。いちいち冷凍せんでもそのまま常温で保存できるから、そこら辺に投げていても全然OK
気になる方は韓国でゲットだぁ。
常温ネリエ、大島の渚で大ヒットだって、春先の渋い時でもなーーんと10枚くらい釣れたという1品
常温っていうだけあって、ちょいと固めなので、既存の練り餌をちょっくら混ぜるか、アミノ酸エキスみたいんで練りまくるかしたら使いやすいかも。
てことで...常温ネリエを今度はチョコクリームエキスで練ってみた。
画像

においがほんまチョコクリームで、お菓子みたい。
まぁ、もちろん指もチョコクリーム臭むんむんになるけどーー

美味しそうな付け餌クッキングが完了したので、早速、釣り開始~~
足元を見ると、水は濁っているにも関わらず底が見えているからよっぽど浅いんじゃろけど、底は見えども魚が見えない...
手前は敷石が出ているので、なるべく真ん中に投げてはみたけど。
とにもかくにもあたりというものがないーー
名人もあたりがないらしく、おおーい、そっちはあたりがあるかーーと大声で聞いてきている...そんな午前の部。
全くあたりがないのは名人のとこも同じらしいねー
それでも...
1時間くらいしたら名人がおっしゃーーー、きたでーーーと吠えました
名人が言うには30cmちょい。
この釣り場のアベレージ30cmちょいくらいなので、この釣り場あるあるチヌ。
こんな小さいの、釣った気にならんって心にもないことを口ばしっとるけど、ずっとあたりがなかったので、めっちゃ嬉しそうな名人
でも、食べるならこのサイズがベスト
腰が痛いってワーワー言っているので、スカリを持って名人のところに走って行き、チヌを収納~
その1時間後に、名人は更に同じサイズのチヌをゲット。
その間、私は全くあたりなし
わしが3枚釣ったら、ここに来いやーーと、言ってはくれてるけど、その後名人は静かになり、3枚目の期待はなかなかナッシン。
しまいには、とりあえずこっちに来るかって言ってはくれてるけど、今に満ち上げになるから、きっと何かあるかもって思って、そのままその場所で釣ることに。まぁ、移動がちょっくら面倒なんもあったけど
名人が大したもんじゃって褒めてくれたので、気分がよくなり、何時間もあたりがないけど、上機嫌で竿を出していた次第。
まぁ、機嫌はよくてもそれでもあたりがないーー
まぁ、名人も引き続きあたりがないから、昼くらいには名人持参の弁当をもらって、置き竿をしながらのんびり。
満ち上げにもなってきたし、川の流れは速くなってきたので、置き竿もやめて真面目に竿先に集中していたら...
竿先にほんのもぞもぞですけどーーみたいな、微妙なあたりが発生
初あたりなので、違和感を与えたらいけんぞなもしーーとちょっとラインを出し、チョコクリームが気になってしょうがない魚の好きにさせてみた次第。
そうして、私のスイーツがお気に召したのかスーーっとラインが動いたしーー
きたきたーーーーと、顔のにやけが全開で合わせてみたら、バッチリかかったよーー
早速、、やり取り開始~。
やり取り開始をして思ったけど、めっちゃ強いやつでございます。
川底にはでかいニラみたいな水草があるので、その水草にひっついたりと大騒動。
腰を痛めた名人がヨタヨタと駆けつけてきて、やりおるやないかーーと絶賛。
こりゃ、でかいでーーと太鼓判を押してくれたので、竿を持つ手にも力が入るわぁ。
ドラグを緩めて、そんなあたりがない日なので、この1枚に賭けるつもりで、チヌが弱るのをひたすら待ってやる勢いーー。
とはいえ、ハリスは1.2号、シモリとか護岸での擦れとかありそうだから、何だか切れそうな気がしてしょうがないー。
嫌な予感と期待とか入り混じって無口になっていたけど、横では名人がやんややんやと応援してくれていたのも良かったのか、段々と手前に寄ってきた大物様。
6.jpg
まだまだ、ボディーが拝見できませなんだが、焦らずに少しずつ巻いていくとようやく大物様の素晴らしい肉体美が素人釣り人の前に現れました。
名人が、おいおい、こりゃかなりでかいでぇーーびっくり。
ようやくタモが届きそうなとこまで寄ってきたので、早速、タモ入れを開始したけど、水位が低すぎて、腕がつりそうな。
ちょっと網にチヌがあたって、そのまま網に入らなかったりと、タモ入れが成功するまでマジで時間かかったわぁ。
8z9.jpg
四苦八苦で釣れたチヌは、名人がサイズを測ってくれて53.2cmでした!!
6.jpg
まさかまさかの年なしでございまするーー
しかも、自己ベスト更新
いやーー、偉業を成し遂げた気分よーー

名人も、わしのポイントに来ずに、ここで釣り続けて年なしを釣ったってのは、ほんま素晴らしいでーーと手放しで褒めてくれ、私も鼻の穴が3倍くらいに膨らんで年なしの感動に浸りまくっていたわーー

ただ…
それからは、満ち上げで潮位が上がっているにも関わらず、あたりはほとんどなし。
あのチヌははぐれチヌ
名人もあたりがないらしく、場所移動をして頑張っていたけど、とにかくイベントは発生せんらしい。
私はまた何かあるかもしれんと思って、同じところで竿を出していて、アミノ酸エキスのココナッツ風味は特に何もあたりはなかったけど、チョコクリーム練り餌でまたまたあたりがあり、頭のでかいアナゴが釣れたわぁ。
8z7.jpg
このアナゴ、FBに投稿したら、黒アナゴってコメントで教えてもらいました。
ダッシュ島の黒アナゴはもっとでかかったから、若い黒アナゴなんかね。

とりあえず名人が15時納竿にしよーでーというので、それまでは頑張ってみたけど、それからは特に何のあたりもなし。
名人も何のあたりもないらしいので、15時15分まで延長やーーと、ちょっとだけ延長
そしてラスト1投。
ちょっと大きめの黄色練り餌withチョコクリームを投げて、ドラマ開始を期待していたら…。
今回は明確なあたりでラインが走り、なーんとラスト1投でチヌが釣れましたーー。
そりゃ、年なし様と比べたら、ちびだけど、美味しく頂けるのは若い魚肉でございます。
8b.jpg
ラスト1投のドラマって、年に何回かあったりするんよね。
この日はほんまあたりは後にも先にもたった3回という日だったけど、収穫は今年一番の釣果になりそうな気がするーー。


6月13日(若潮)
満潮 5時58分
干潮 12時32分
竿:シマノ アートレーター0.4号
リール:シマノ ハイパーフォース(スプールはデスピナ)
道糸:シマノ ファイアーブラッドハイパーリベルαナイロンゼロサスペンド1.7号
ハリス:TORAY トヨフロンLハード 1.2号
針: 金龍針 ネリエ&コーン1号



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック