徒然釣り日記「宮島ボウズ釣行」

最近、ボウズネタが多いような気がするけど...。
今回も張り切ってボウズ釣行レポートーー。
今回の釣りメイトは稲さん。
渡船屋を使わず、どこに行こうかと話し、近場だと宮島の包ヶ浦かねーと、今回は15時くらいが干潮なので、9時くらいまでの満ち上げまでは波止で、引きだしたら磯に行こうと包ヶ浦に決定しました。
フェリーはもちろん始発。
切符を買いに窓口に行き、JRの職員に軽自動車と大人一枚と景気良く切符を頼んだら、職員は不機嫌マックスで、自販機があるでしょーと、目で自販機を指し、自販機で自動車の切符を買えるようになったんですかーって聞いたら、見たらわかるでしょと、国鉄時代の職員を彷彿とさせるようなふてぶてしい海坊主。
なんなん感じ悪い海坊主とぶつくさ言いながら切符を買い、近くに車をとめていた稲さんに、朝から感じ悪いJR職員に遭遇したから気が悪くてボウズかもしれんーーとウダウダ言い、聞いた稲さんがなんやムカつくのーと一緒になって吠えたので何となくスッキリ。
次からは松大で行こうやーと、そういうことになりました

フェリーは、宮島に行く業者の車と、最終フェリーに乗れなかったっぽい島の人たち、朝一番観光に向かっている中国人の個人旅行者などなど、色んな人たちが乗っていて、始発ながらパラパラと人が乗ってたなー。
到着したら、おっしゃーーと、包ヶ浦にまっしぐら。
張り切って始発で来たので、波止は誰もいなくて貸し切り状態
車から降りて、いつもより増して波止の周りの激臭に鼻がもげそうだったけど、とりあえずオエーーーと言いながらも荷物の移動開始。
この波止近くは牡蠣殻の廃棄場所みたいになっていて、ちょいちょい牡蠣殻を乗せたトラックがザバーーっと牡蠣殻を捨てて行くんだけど、多分、殻に付いてるちょっとした牡蠣の身が腐った臭いかも
とにかく臭くて、鼻が壊れそう。
そういえば、ここら辺一帯の海岸はこんな感じで、砂浜というよりは牡蠣殻の浜となっております。
画像

神の島宮島も、裏側は腐臭を放っている地獄のようなとこもあるという。
そして、地獄の池には、腐ったコウイカとか、わけわからん獣の頭蓋骨があったりと正に地獄絵図
最悪じゃーーと、鼻をつまみながら、臭いゾーンからようやく離れ、準備開始

今回のコマセは超エコノミーケチケチコマセ。
画像

制覇チヌ以外は全て、昔使ったコマセをフリーザーで冷凍したやつ。
熟成開始は去年の冬くらいだから、霜がおりて年季もんでございました。
多分、2袋とも制覇チヌが入っていると思うから、めっちゃ濁ると思うんだけどーー。
稲さんは遠投G、白チヌ、ムギスペシャルと超豪華配合

今回は釣り座はちゃんと話し合って決めるんよーということになり、まぁ、2人しかいないから、普通に並んで釣り座を確保。
それはええんじゃけど、そこら辺の海域にはまんべなく網が仕掛けられとります。
前に来た時もそうだったけど、この網がめっちゃ邪魔。
まだしつこくあるとはーー
とりあえず、遠投せんと網にかかるねーと、2人ともちょい遠投気味で投げた次第。
オキアミを投げ、オキアミは綺麗にそのままで返ってきて、練り餌もかーーなり柔らかくしても、あたりもなく...
潮は大潮なのに、めっちゃトロ潮。
あれでも、底潮は虫が歩くがごとくトロトロ動いているから、悪くはないんだろーけど、フグすら活性低いんかねー。
しまいに、少しあて潮になってきて、仕掛けが網にかかったりと、ほんまイライラ。
稲さんも、網にかかって、爆発。
9時半くらいになり、とりあえず、一息入れようやーということになり、コーヒータイム
画像

今回は、以前にアメリカから釣りにやって来たジェニーさんのお土産のスタバのコーヒーを準備
お茶受けは、稲さんが持って来たウクライナのチョコレート。
ポットに熱湯を入れてきたので、速攻で波止場カフェがオープン
お互いに試した仕掛けや餌とか情報を出しまくったけど、生物全体の食い気が悪くとにかく潮が悪いとしか思えない
満ち上げになったら、ちっとは変るかねーとゲンナリしながらも、また釣り再開。
しまいには、ほとんど潮が動かなくなり、こりゃ網の近くを投げてメバルか何かおらんかねと思い、生ミックを付けて投げてみたら...
ありがたいことにカサゴが釣れましたー
画像

もうお昼くらいかなーと思いきや、どうやらまだ10時くらい。
意外と時間が経っていないので、気晴らしに波止の反対側の筏と波止の間に仕掛けを投げてみたー。
かなり水深が浅いけど、筏スレスレに仕掛けが着水。
すると、ピャッとラインが走り、釣れたのはチビ真鯛。
画像

普通にスーパーでもこのサイズは最近売ってはいるけど、仏心で、リリース

そんな時、1台の車が、こちらに向かって来ました。
稲さんが、うわーー、釣り人がきたーーと、がっかりしていました。
ちょうど、潮が引き始めていたけど、今から潮位がどんどん下がるから、多分、先端にきそう。
私らもどちらかというと、先端に近い方で竿を出していたので、人口密度増えそうなねーと話していたら、早速、おっちゃんがやってきました。
大黒様みたいにホッコリしたおっちゃんは、今から、ボーイスカウトがここで釣りますんでと宣言し、車に戻って行きました。
えーーーーーー
まぁ、ボーイスカウトだから、最近よくいる非常識ファミリーズとは違って、キチっとしているんだろうけど、多分、天秤付けてちょい釣りだろうから、近くでフカセ釣りはあんまりよくなさそう
ほどなくしたら、チャリでワラワラと小童共が集まって来て、波止の先端に大集合。
私のカサゴを褒めちぎってくれたので、気分は天高く上ったけど、とりあえずボーイスカウトも先端だけじゃ狭いだろうし、私らは撤退することに

まだちょっと潮が高いから移動が大変だったけど、腐臭ゾーンの中、磯に移動~。
少しずつ荷物を移動し、とりあえず、お次はフカセ釣り磯の巻。
画像

でも、状況は変わらず...
なにせ、磯側にも網はあるから、やっぱりそういうのも関係しとるんかねー。
そういえば、渡船の船長さんに聞いたけど、最近は穴子とか捕る網も規定の目よりもかなり細かい目の網を使用しているらしく、根こそぎ魚をさでていくんだって
この網はどんなんじゃろーと思いながらも、あまりに何もイベントがないので、お昼になり私はUFOをすすり、稲さんは巨大ハンバーガーをむさぼりタイム。
画像

なーーんか、釣れる気がせんねーーと、こんな会話ばっかしながら、ウダウダ話していて、適当な時間になったら、やめよーやーーと、そういうことになりました。
とりあえず、まだ干潮じゃないので、釣りは再開したけど、私はたいぎくなって、ほんのりぬくもっている岩の上でお昼寝
画像

14時近くなり、稲さんがやめやめーーーと、吠えた声でハッと目が覚め、気付けば私の仕掛けは岸に打ち上げられておりました
稲さん、とっとと片づけを始めたので、私も寝起きでフラフラながら、ヨタヨタと片付け開始。
ふと前方の波止を見ると、ボーイスカウトたちも、片付けをしているね。
そういえば、一度も釣れた歓声が上がらなかったから、ちょい釣りも失敗だったんかも。

それから、すぐにフェリーに乗ってもつまらんって話になり、そういえば、去年は包ヶ浦の先に何があるんかねと、宮島の裏側の道を延々と走って、行き止まりまで行ったので、今回は反対側の道も究めようやと盛り上がり、フェリー乗り場を過ぎて、一路山の中をNボックスは走って行きました~。
道は案外と複雑??
私がナビをしていたけど、どうも道が怪しくて車内であーでもないこーでもないとワーワーもめながらも、もみじ谷入り口まで到着。
観光客がひしめく岩惣界隈をお馬が通る状態で突き進み、それがあまりにも新鮮で車内で2人でゲラゲラ大笑い。
多分、釣りがあまりにも悲惨だったので、その反動もあったんかもー。
それから、こないだ歩いた大聖院の前の通りにも出てきたー。
画像

大聖院の前をぐるっと右折し、いよいよ水族館までたどり着いたけど、そこから先は未知の世界
冒険じゃん、冒険~と、2人で超盛り上がり、いよいよ文明から隔離されたようなゾーンへ突入~。
道はどんどん細くなり、周りの植物はシダが多くて、何だか恐竜が出てきそうな。
画像

ちょいちょい海が見えるけど、道が海岸より高いところにあるので、ちょっと深そうなポイントが見えたりするけど、行くのは難しい感じ
結局、行き止まりまで来てしまった...。
画像

結局、釣り場なんて見つからなかったけど、大冒険はめっちゃ面白かったので、オールオッケーじゃねー

それから、気分を良くして、セカンドステージの大竹界隈に移動。
たまうらの浮き桟橋で竿を出そうと思ったけど、ルアーマンがいたので断念
結局、ダイセル裏の大会で使われている港まで行き、参加者がリリースしたであろうチヌをハイエナのごとく釣ってやろーやと、竿を出してみたけど...
稲さんが小指くらいの小鰯、私が手の平より小さいヒトデを釣って終了~~

ほんまひでーー一日だったーー
こういう日は、帰りにラウドネスじゃねと、ガンガンにサンダーインジイーストをかけて帰った次第。
実は、前に大島の大会に2人して出た時も、ダブルボウズで気分が沈みまくったので、帰りはラウドネス。
それからブライアンアダムスのソーファーソーグッド。
同い年はこういう時、ええなーと思うわー。

しっかし、ここまであたりがないと、たまには釣れてウハウハな筏でも行くーー??って、今までは、わざわざ複数釣れるってわかっている筏に釣りに行くのもつまらんねーと、あまのじゃく状態で避けてきたんだけど、ウハウハな時にちょっと癒されに行こうかーと、次回筏案が浮上となりました~。
まぁ、いつも後手後手だから、筏が死んだ海みたいになった頃に行ってしまうんじゃろーけど...。

以上
大したネタでもないけど、ダラダラと書いてしまい申し訳なかったねーー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

じぇにー
2019年06月09日 04:20
あれから
転職などありご無沙汰しておりました。
うちのおっちゃんは
相変わらず湖上釣り行きよるですが、
キープできる大きさの
釣れんまま帰ってきたりと、、
やはりどこでも
ボウズ日和あるみたいですねぇ。

そして
知る人ぞ知る宮島の悪臭エリアでの奮闘
おつかれさまでした。笑

そういえば
宮島の反対側にある海沿いクネクネ道、
ガキの頃通った覚えあるのですが、
エメラルドグリーンの海、
そして誰もおらん自然のビーチに
感動した覚えがあるので
またの探検よろしくおねがいします!

あのインスタント珈琲
釣り先で活躍してくれての
こっちまで嬉しゅうなりました。
次の釣り遠征時に
またゲットしておきます!
(いつになるやらですが。。)

ラウドネスに80年代洋楽、
もろツボですけ!笑
同世代バリ最高~☆

じゅんきー
2019年06月10日 22:11
転職お疲れさまーー。
湖上釣り、面白そうだわーほんま。
キープできんほどの魚でも釣れるだけで羨ましいわーー。
すごいね、あのクネクネ道、行ったんじゃ!
私もガキ時代にチャリでトライしたけど、登り坂が長くてたいぎくなってやめたよー。
エメラルドグリーンの海は健在!!
ただじゃ帰られんと潮干狩りまでしたんだけど、貝すらおらんかったわー。
アメリカングッズ、ジェニーさんが来日する前に私がそっちに行くからーー。
湖の魚たちを餌付けしといてー。
ラウドネスの友、なかなか同世代でもおらんのよー。
ここに新たに発掘できてめっちゃ感動よーー。

この記事へのトラックバック