徒然釣り日記「笠佐島の波止と渚でチヌ釣り」

最近ちょいちょい行っている釣り友名人と、またまた笠佐島に行って来ました~
まずは、オキアミを持って来るのを忘れたため、かめや周防大島店に行き、きざみっこをゲット。
それから、笠佐島行きの渡し船乗り場にGO~
かめやの駐車場でお喋りをしていたため、割とギリギリの到着でした
私ら以外に島に用がある人たち3人を乗せて、8時くらいに出航~
画像

笠佐島にはほどなくして到着し、2回目だけど、何だかめっちゃ懐かしい感覚を感じてしまったわーー。
画像

潮が高いので渚は絶賛水没中。
まずはコマセを作ろうということで、海水を汲んで、現地でせっせとコマセ作り。
今回のコマセは爆寄せチヌ・瀬戸内チヌ・Bチヌ遠投・DASHでございます。
なにせ、帰りの便が17時過ぎなので、配合餌はたっぷり持って来ているため、まずは1/3の量を作成。
名人は渚の先端のいっちゃん難しいとこで竿を出すらしく、朝はのんびりするらしいので、このコマセは私用
早速、波止の先端で、かけあがり付近に投げてはみたけど、5投くらい投げて一切あたりなし。
潮は本流の近くなので結構速いため、割と手返しよく投げてたから、1投1投の流している時間は短いけど...。
オリジナル練り餌は、そろそろと仕掛けを回収したらそのままだし、試しにオキアミを付けてみると、オキアミは真っ白になって戻ってきた...
水温が低いじゃんかーー
30分くらい経過した頃、島のおじちゃんが係留している船から残飯を捨てたので、その残飯に魚が集まるとふんで、付近に投げていたけど、全くあたりがないどころか、残飯にとんび二羽が集まって、そこら辺の海域に浮いている残飯にとんびが猛襲して海上は大荒れ。
1時間後に、ようやく釣れたのはカサゴ
画像

とりあえず、お土産はゲットしたので、一安心
でも...それからはカサゴもメバルも全く釣れず...てか、あたりがなし。
こりゃ、ポイントを渚側のかけあがりにしてみるわーと、提案し、ポイントをずらして投げてみたし。
そして、もはや根性で...とネチネチと投げ続けていたら、カサゴから1時間くらいして、オリジナル練り餌であたりあり
あたりは、もぞもぞっとした冬みたいなあたりで、思いっきり走るようなあたりじゃなかったけど、やり取りはそこそこなパワフルさ
そして、釣れたチヌは46cmのそこそこサイズ
画像

そして...
それから30分後に同じ練り餌で1枚、15分後に更にもう1枚追加~
画像

潮がちょっと緩んだらてきめんあたりが連ちゃんきたねーーと思い、顔のゆるみがハンパなかったけど...
ちょっとしたら、また激流モードに突入し、あたりがなくなってきたし...
あたりがなくて退屈だけど、島のどこかで飼われている黒柴がちょいちょい遊びに来て、遊んでくれたので、退屈タイムもなんなくクリア
後で島のおじちゃんに聞いたけど、この黒柴くんは、マーキング大好きっ子らしいので、気をつけなさいよーとのこと
黒柴をつつきながら、引き続き渚方向に投げていたら、今度は11時くらいにチヌがかかりました~。
画像

潮が低くなってきて、敷石が出てきたため、内側にチヌを誘導して取り込みでございます。
画像

そして30分後にもう1枚追加。
画像

多分、30分おきくらいにちょっと潮が緩むみたいで、その時にチヌが釣れる感じ。
多分、ええ感じにコマセと仕掛けが同調しとるんじゃろーねーー。
連ちゃんはないけど、それでも、コンスタントに釣れるからええわぁ
あたりは相変わらずラインが景気良く走るってもんじゃないけれどもが...
てことで、パラパラっと単発でチヌが釣れて、波止はそれから潮が引きまくりちょっと難しくなったので...
下のゴロゴロ岩場に降りて、そこで投げました。
もちろん、割と潮が引いてきていたので、ポイントはもっと沖へ...。
まぁ、もちろんすぐに釣れるとは思っていなかったけど、13時過ぎた頃にようやくチヌが気付いてくれたのか1枚チヌを追加~。
画像

それから、近くの渚が引き潮で見えてきたので、岩ゴロから移動し、渚に移動~。
ようやく足場がバッチリ安定系。
おっしゃーーと、ちょっとでかめの練り餌を付けて投げたら、まず釣れた魚は良型アジだったというー。
画像

釣り名人は、私がいたところからだいぶ離れた渚の先にある岩場で竿を出していて、良型アジが釣れた嬉しさを伝えるにはあまりに遠く、1人でヤッターマンの音楽を歌いながら、その場でアジの首をポキリと折り、血抜きもし、クーラーに投入完了して刺身のためにできる限り最高の状態にしましたさ  
そんなパパっと釣れるわけじゃないけど、今までと同じく、潮が緩んだ時に、チヌが単発でちょいちょい釣れましたわぁ。
画像

結局、連発はないけど、時間をあけて1枚ずつネチネチと追加し、気がつけば9枚釣れていました
アジもカサゴもいるので、ウハウハよーー

納竿は16時30分くらいだったけど、船がくるのは17時過ぎくらい。
それまでは、島の黒柴ちゃんと遊んでいましたわー
画像

この黒柴ちゃん、めっちゃかわいいけど、あちこちにう○こをされているので...
移動する時に、キャリーカートに乗せてえっちらおっちら歩いている時、石にタイヤが乗りあげてクーラーやらなんやらがひっくり返った時、黒柴う○こがクーラーの5mm先に鎮座しており、めっちゃ危なかったーー。

てことで...
もし、ここに釣りに来られる方、地面を見ながら歩かないと、運がつくことになりまするーー。

4月22日
中潮(東安下)
満潮:10時05分
干潮:16時23分
竿:マスターチューン 1.2号
リール:シマノ ハイパーフォース(スプールはデスピナ)
道糸:シマノ ファイアーブラッドハイパーリベルαナイロンゼロサスペンド1.7号
ハリス:シマノリミテッドプロマスターフロロ EX 1.5号
針: 金龍針 ネリエ&コーン1号

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

津田正実
2021年03月13日 23:31
はじめまして。突然の投稿失礼します。笠佐島の釣行を読んで懐かしく、以前よく行ってた頃を思い出しました。大潮の日に行って、午前中は波止から。午後は潮が引いてテトラの波止へ渡ってチヌを釣っていました。
釣り、お上手なんですね。
これからも頑張ってください🎣
Junkie
2021年03月28日 22:20
津田さん、初めまして!
コメント、ありがとうございました!!
引き潮のテトラ移動、めっちゃ参考になります。
まだテトラでは竿を出していないので、次に島に渡った時はトライしてみますね。

この記事へのトラックバック