徒然釣り日記「周防大島の渚でチヌ釣り」

今回の釣り名人と月一の釣行は、柳井で釣りポイントを探そうというテーマを元に柳井へGO~。
まずは雰囲気むんむんっぽい護岸に行き、竿を出してみた。
14時干潮ということで、潮は引き始めていたのもあるけど、めっちゃ浅いので、微妙~~。
ほんま、ちょい先には砂地が出てるし、なにせ海底が手に取るようにわかるんだから、ちょっとね。
名人は一応、護岸をずーーっと歩いて、魚チェックをしたけど、チヌの鱗すらなかったらしい。
何か、お互いにたいぎくなって、別のとこに行こうやーということになり、そこら辺をウロウロ。
めっちゃ水質が悪そうだけど、怪しい排水が出ているとこを見つけ、上から海を見てみたら、割とチヌがいる
しかも、年なしクラスも悠々と泳いでいて、釣るには楽しそうだけど、間違いなく釣れたチヌを食べたら病気になりそうな気がしたので、やめることに。
結局、探す心が折れてしまい、周防大島まで戻り、いつもの渚に行くことにしました。
まぁ、引き潮じゃないといけないからちょうどええよねーーっていう話。
よしっ、覚悟を決めたら、歩くでーーと、覚悟を決め、また延々と砂浜を歩いたさ

なにせ、フカセ釣りは荷物が重くて多いから、移動は休み休み。
あれでも、冗談言いながら、からかいながらの移動だから、ワーワー笑いながらの移動だからおもろいけどね。
そして、ようやく釣り場に到着。
前回も藻がすごかったけど、今回は更に藻が育っていて海岸周りは藻でボッサボサ
画像

写真の海、なめらかなところは全て藻・藻・藻藻藻藻藻~

まぁ...とりあえず、藻だらけだけど始めようかということで...
袋の中身半分ずつ残していた配合餌でコマセ作り。
そうそう、今回のコマセはリッチにマルキュー祭
画像

この配合、結構、まとまりが良くて、遠投もバッチリだったよーー

開始は12時くらいから。
満ち上げは毎回あたりすらないから、14時くらいまでの2時間が勝負じゃね。

潮は左から右に流れていて、かなりの速さ~。
強風がかなりのもんで、それで上潮がかなり滑っていて何かめっちゃ釣りにくい
結構、先まで藻があるから、最初は藻にラインがあたらないように竿を立てて、流していたけど、なにせ風が強過ぎてラインが風にとられて、にんともかんともにんにん状態
だめだこりゃと、いかりや長介ばりでしばし悩み、こうなったら...と、びっしりと生えている藻の上にラインを乗せ、仕掛けを流すというなんじゃこりゃ釣法を試してみた。
これなら、ラインが風に取られることなく、流すのは楽。
幸い、藻がやわらかいため、回収の時に針が藻に引っかかってもブチブチっと藻を引きちぎって悠々と回収可能
こりゃ、もしかしたらあたりがぼやけるかもしれんけど、何とかなるかもーーと、藻に協力してもらいながら、仕掛けをちょっと流しては回収を繰り返していたら...

ちょっとラインが引っ張られたーーー
早速、釣り友さんに、きたーーーーーーと大アナウンス
釣り友さんが、藻の根っこに入りこまれるなよーーと、ワーワー後ろでアドバイス。
わかっとるーーーと、無理くりゴリ巻きで、そのまま藻の上部にチヌが直撃。
大体、藻抜きとか、ラインを緩めてチヌの警戒が緩んで、チヌがゴソゴソ動いてくるのを待つパターンだけど、ここでは、藻の上の方にひっついたチヌをこっちに寄せるべく、竿を立てて、グーーーっと引っ張っり、藻の絨毯の上にチヌの尾が見えたり、頭が見えたりと引き寄せる度に藻の上でチヌも大変そう。
割と藻の上をチヌが引っ張られてきたら、チヌも暴れ始め、おかげで、あまり藻にひっつくことなくバババっとチヌが取り込みエリアまで引き寄せられました~

チヌは藻のコートにまとわれて、ミノムシみたいだって、それはそれはものすごい重量。
気分は年なしを釣った気分
藻をむしって、釣り友さんがサイズを測ったら、そこそこのサイズがあり46cm。
よくもまぁ、私なのに釣れたもんですわ
画像

あんだけガシガシ引っ張ったのに、しっかりと刺さっているから安心だったわぁ。
画像

今回使用した針のネリエ&コーン、軸が太くてしっかりしてるから強いんよねーー

それから、同じ釣り方で頑張ったけど、やっぱ藻にラインが乗っていると、あたりがわかりにくいねー。
あ、もしかしたらあたってるかも??とあわせても時すでに遅しって感じでバレること2回。
なにせ、風もすごいし潮も超速だから、あたりを取るのがそもそも素人な私には難しいという話で...。

それでも、干潮潮止まりまでネチネチと同じ方法で投げ続け、なんとかあたりが感知でき、旨い具合に釣れたチヌはその後、2枚釣れました~
付け餌のオキアミを持って来ていなかったので、コマセに混ぜたオキアミをひとつかみキープしていたんだけど、今回はその解凍オキアミを付け餌にしていて、釣れたのはそのオキアミだったよ。
練り餌はグルメチヌは今回はいらんみたいな感じだって、回収の時に藻の絨毯にポロっと乗っかったりと何だか哀愁が漂っておりました。

まぁ、柳井護岸巡りが開始が9時くらいで、それから渚で2時間くらい竿を出し、チヌ3枚っていうんは、自分で書くのもなんじゃけど、よーー頑張ったでしょーーだと思うわぁ
画像


満ち上げで私はどうせ釣れんじゃろーと、岩に座って休憩していて、釣り友さんは男の意地を見せるけーのーと、しばらく投げていたけど、ダメじゃ、男の意地は今度見せちゃると、潔く納竿
まぁ、あんまり満ちると退路が絶たれて帰れなくなるので、とっとと片づけて撤退~

そういえば、今回、藻の絨毯の上に浮きが乗ってました。
てことは、誰かがここに来たってことじゃねー。
引き潮限定で入れるレアなポイントだと思っていたので、釣り友さんと2人で衝撃だった次第。

4月2日
中潮(東安下)
満潮:7時38分
干潮:13時46分
竿:シマノ アートレーター 1号
リール:シマノ テクニウム
道糸:シマノ ファイアーブラッドハイパーリベルαナイロンゼロサスペンド1.7号
ハリス:シマノリミテッドプロマスターフロロ EX 1.7号
針: 金龍針 ネリエ&コーン1号


チヌが釣れた時間
13:10
13:32
13:40 
  
 

オマケ     
一年で一番好きな時が、自分の誕生月も兼ねてるこの桜の時期ですが...
今年は雨風が昨年ほどひどくないので、割と桜が長持ちしとるような気がするねー 
特にうちの近所のこの桜は夜が幻想的で満月の夜なんかは妖怪が出そうで、めっちゃいい雰囲気。
昼も昼で綺麗だけどねー。
画像

桜が散る頃、1つ歳をとる寂しさ。
でも、やっぱり桜はほんと綺麗じゃねーー。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック