Junkie's 徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒然お出掛け日記[海中道路を越えてその先の島々へ」沖縄旅行2日目

<<   作成日時 : 2019/03/13 22:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ランチを食べて、気分は大満足モード。
今度は、友人が行きたかった海中道路を目指して沖縄を横断して反対側の海に行くよーーー
海中道路は、両サイドが海で絶景らしいよー。
私はその先にある果報バンタという絶景ポイントがお目当て。
まだ空は曇り空だったけど、まぁ、雨が降っていないだけよしとせんとねー。
とっとと向かいたいってことで、高速道路に乗ってワープ
とりあえず、海中道路近くの海の駅 あやはし館に到着。
あろうことか、この時、ピンポイントで走り雨みたいなんが降ったという...
海の駅から海中道路の状況がよくわかるんだけど...
私たちが到着した時は、ちょうど引き潮。
サンゴの砂浜みたいなもんじゃなく、雰囲気は大潮干潮の地御前海岸みたいな...
潮干狩りにピッタリな風景。
予想外の漂流物と茶色の干潟チックな風景に、とてもじゃないけど、写真を撮る気分にもなれず、海中道路はとっとと通過...
行きたいところリクエストで唯一、海中道路をあげた友人は、がっかりしていたけど、まぁ、潮もあるし雨も降っていたし、こればっかりはねー。
とりあえず、先に進もうかーーと、先に進んだら、どのガイドブックにも載っていたブランジェリーカフェ ヤ○シタという天然酵母を使用しているらしいパン屋さんがありました。

ずっと食べているので、割とお腹はいっぱいなんだけど、せっかくだから寄ってみました。
なにせ、私がドライバーじゃけねーー
お店は2階にあるみたいで、2階に上がったけど、入り方がわからず、しばし悩んで、入店。
店内は、自宅を改装したような感じじゃね。
画像

とりあえず、雑誌に出てたかわいいハリネズミパンを探してみた〜
ハリネズミパンは、お店の真ん中にあり、表情が全部違ってるし、ずんぐりしたり痩せてたりと色んな子がいたよー
画像

めっちゃかわいいねー、ハリネズミ〜とウットリしていたら、お店の人が、焼き立てがありますよーーと、カウンターから声をかけてくれたので、どれどれとカウンターに行ったら、ハリネズミパンではなく、カレーパン。
カレーパンを食べてしまったら、夜ご飯に響く...
カレーパンは、天然酵母こそ使っていないけどアンデルセンでも買えるし、でもハリネズミはここでしか出会えないので...
すみません、せっかく焼き立てを勧めてくれたけど、ハリネズミパンがかわいいので、ハリネズミパンにします...と、お断りしたら、そうと一言あって、店員さんは奥に消えていったさ...。
友人に、断り方、あれで良かったよね...とちょっくら首をひねりながらも、ハリネズミパンをトレイにキープ。

友人はぬちまーすあんぱんを選択。
画像

ぬちまーすあんぱんには特別なこだわりがあるみたいで...

@餡の甘味は多良間島産の黒糖を使用。
A程よい甘味を引き出す海塩の力。
B湯こね生地にたっぷり餡を包む。
Cガス窯でふんわり、ほっこり


てことで、1つずつパンをチョイスし、レジに持って行き、イートインの旨を伝えたけど...
店員さんのそっけなさがハンパなく、とりあえずお金だけ払った次第。
特にお皿にパンを乗せてもらうこともなく、大きなトレイにパンを乗っけたまま、そのまま無言でトレイを押されただけだったという...
虫の居所が悪かったーー?それともカレーパン?

友人はすでにムカついていて、ふてくされていたけど...。
で、私の選んだハリネズミ様はこちら。
画像

多分じゃけど、ちょっと時間が経って、硬くなってる??
フランスパン的硬さでもなく、中身と餡子がちょっとパサって感じだったけど、そんなもんなんかな。
ハリネズミの針が上あごに刺さって、涙涙みたいな。
友人のぬちまーすあんぱんも、ちょっとパサついていたらしいです。多分なんじゃけど、そういうもんなんかもしれんね。

ボソボソと食べ終わり、トレイはどこに返すんだろ...と思い、店員さんにトレイはどこに返せばいいですかって聞いたけど、無視かよーーー
さすがにムカついたので、フル無視されたけど、返すとこがわからんねーと、ウダウダを言っていたら、店内で買物をしていた地元のお客さんが、カウンターに置いておけばいいですよって、教えてくれましたけど
カウンターの店員さんの前に、トレイを置き、お店を出るまで、何も言われず、最後まで無視をされたけど...。
これまで、ずっと気持ち良く旅をしていたけど、ここに来て、ドッカーーンと地の底に落とされたわ。
御自慢のカレーパンをぶつけてやりたい衝動〜〜
まぁ...気難しい職人さんって思った方がいいんじゃろーねーー、それにしても、感じが悪かったわーと、車内でめっちゃ盛り上がったけどーー。
ずっと、パン屋の話で盛り上がっていたら、ぬちまーず観光製塩ファクトリーに到着。
画像

レンタカー会社のお兄さんの一押しだった製塩ファクトリー。
私自身が、工場見学が大好きなので、ちょっくら楽しみ
受付のお姉さんに聞いたら、自由にどうぞとのことなので、早速、建物奥にある工場へGO〜
奥に行ったけど、特に工場に入るドアはなし。
建物が違うんかねーと、また元のところに戻り、案内通りなのを確認してまた奥へ...
窓はすりガラスみたいだし、どうなっとるんかね?と、周りを見回し、説明書きを発見
なんと、建物の窓から中をのぞきこむシステムみたいね。
そういえば、足元にガラスが張られていて、よーく見てみると、ガラスの下にある部屋で、何やら塩を選別している風景が見えましたさ。
画像

そして、すりガラスだと思っていた窓は、なんと塩と温度差でガラスが曇っていただけだったみたいで、よーく見たら、部屋の中に積もった塩が見えました。
画像

製塩は海水を汲み上げ、温風をあてて、水分だけ蒸発させ海が持つミネラル成分を結晶化させる常温瞬間空中結晶製塩法という世界13ヶ国で特許を取得している方法で製塩しているそうな

ショップを覗いてみたけど、ぬちまーすは割とお高く、へぇーと見ただけで目の保養とさせて頂きました
ぬちまーすは、ふわふわのスノーパウダーみたいなんだって。
あとは、ぬちまーすを使用したシャンプーとか石鹸とかもあったよ。
韓国の整形美女が、彼氏におねだりして、美容製品一式をプレゼントされておりました
今思ったけど、せめて石鹸くらいは買って帰れば良かったなーと。
もし、欲しくなって通販で買おうとしても、送料が結構するんよね、沖縄じゃけー。
時間がちょっと夕方近くなんもあったけど、他の客は韓国人カップルだけで、よくここがわかったなーと思ったわ。
ちなみに、ぬちまーすには、レストランもあり、ここでぬちまーす料理や塩スイーツが頂けるみたいよ。
天気が良かったら、テラス席で海を見ながらのんびりできるみたいね〜

製塩ファクトリーの近くには、私が行きたかった絶景ポイント果報バンタ(カフウバンタ)があるよ。
果報バンタという名前は長野県の食品会社の社長が命名したらしく沖縄の方言で幸せ岬というそうな。
果報バンタまでは徒歩8分くらいだったかなー。
突然、前方が開けて、絶景が広がり、絶句だったよ、絶句ーー
画像

果報バンタの浜には、ウミガメが産卵にもくるらしいよ。

そして、果報バンタを見下ろせる小高い丘ははなり獄(はなりだき)といいます。
画像

ここら辺一帯に清らかなパワーがあるらしい
御神木があるらしいけど、気付かなかった...

そして、こちらが三天御座(ミティンウンザ)
画像

ガジュマルとソテツに守られながら2011年に見つかった小さな鍾乳洞だって。
沖縄では天・地・海の三つの神様がいて、三天御座はその三つの神様が集まる場所だそうな。
ここは、企業のトップに立つ人、組織のまとめ役、家を守って行く女性など要となるエネルギーの福分けが頂ける聖地です。
私にはまったーーーーく無縁っぽい聖地...

ラストのパワースポットはこちら。
龍神風道(りゅうじんふうどう)
画像

2009年にぬちまーすの安全祈願をお祓いした時に近くにとても強いエネルギーを感じますと教えられたパワースポットですって。
竜宮神のエネルギーが龍神風道を入り口として末広がりに敷地内に入っているそうですよ。
龍神風道から木々を通して、やや右方向には浜比嘉島、その先には沖縄の聖なる島と言われる久高島が一直線に並んでいます。
心と体の健康、元気になりたい人、病後、何かに挑戦される人、人生をパワーアップした人に最適なスポットだって。
植物が密集していて、穴とかわからんかったけど、枯れかかった人生をパワーアップしたいね〜

まさかパワースポットに来るとは思わんかったねーーと話しながら、宮城島を後にし、私たちは伊計島までドライブしたのでありました
伊計島には、伊計ビーチという綺麗なビーチがあるって友人が言っていたけど、近くにあるホテルみたいなんが閉鎖をしていて、そこのプライベートビーチなのか、鎖がしてあって、中には入れず
そんなことないじゃろーと友人が別の浜を探し当てたけど、この浜がそうなのかは何だか微妙...
画像

右側の山っぽいところに、道があったので、そこを歩いてみたけど、途中から道が荒れに荒れまくり、しかも足元が泥と化してきて、しまいには道が寸断されたという...。
ちょっとした冒険で楽しかったけど、残念ながら引き返したさぁ〜。
私らについてきた韓国人若者御一行様、どうやら私たちが間違えたと気付き、引き返しておりました
多分、彼らも伊計ビーチを探していたんじゃろーね。

でも...まぁ、一番奥の島まで来たというのがポイント高いねーー。
なんちゃって冒険もできたし、パン屋を除いたら、新たな発見ばかりで面白かったわぁ

ぬちまーす観光製塩ファクトリー
沖縄県うるま市与那城宮城2768
098-70-1275
製塩工場:9時〜17時30分
レストラン:10時〜17時30分
ショップ:9時〜17時30分
定休日:なし

オマケ
じゃーーん、今回のモケケはおきなわのゴーヤモケケ
画像

なーんと、これは巨大モケケでいつものモケケの3倍くらいでかいんよー。
存在感バリバリ伝説でございます(古っ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徒然お出掛け日記[海中道路を越えてその先の島々へ」沖縄旅行2日目 Junkie's 徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる