徒然釣り日記「笠佐島の波止と渚でチヌ釣り」

ちょいちょい行っている恒例の山口釣行~
今回は、前々から気になっていた笠佐島に渡ることになりました
特に何も調べたわけじゃなく、とりあえず、現地に到着してから船の待合所に行き、出航時間を確認。
笠佐島への船は朝一番の出航時間は8時。1時間待ちくらいなら、構わないねーということになり、駐車場でウダウダ話しながら、しばらく待っていました。
8時前になると、島に渡る人が2組ほど集まってきて、何だか和気あいあいな感じで出航となりました~。
画像

たくさん釣れたらいいねーとか、船で励まされ、やる気満々
ほどなくして、笠佐島に到着し、早速、荷物を降ろし、釣り場の検討へ...。

とりあえず、満潮が10時ちょい過ぎくらいなので、それまでは波止で釣ろうということになり、フェリー乗り場近くの波止の先端で竿を出すことになりました。
友人は、強度の花粉症と風邪も併発して午前中はちょっとグダグダ状態で、午後に頑張るということで、クーラーに座り、見学をすることに。

とりあえず、準備準備~
今回は、初めて使用する大知浮きナブラのL00号から使ってみたぁ。
ハリスはもしかしたら真鯛がくるかもしれないと欲が出て、1.7号を使用なり。
針はいつものネリエ&コーン1号でございます。
画像


配合餌はマルキューのDASH・白チヌ・激重・VSPとオキアミ2枚
VSPは新発売らしーから、ちょっくら楽しみなりよ。

付け餌はまずはこちら。
くわせオキアミスーパーハードビッグL
画像

早速、投げてみたよーー。
ポイントは、みおすじと重なっているかけあがりチックなところ。
コマセを撒いてみると、大潮だけど、潮はそんなにバーバー流れていなくって、のんびり流れていて、もしかしたらいい感じかも??
と思い、喜び勇んで仕掛けを投げたけど...
オキアミ、そのまんま~~
しかも、真っ白になって戻ってくるから、割と水温が低いんかもねーー。
オキアミはそれから3回投げたけど、ちっとも
食わんねーーーと、ウダウダ言いながら、オキアミやめー、チェンジーーー。
今度の餌はこちら。
画像

これに、グレコレを混ぜこんで、やわらかーーくしてから、投げてみた。
練り餌もそのままんまよーー。
いけずぅぅぅーーー
やばいねーー、何のあたりもないじゃんかぁ。
開始して1時間ちょい。
潮は少し速くなり、足元の小魚たちも賑やかになった頃、ラインを張り気味にしていたので、ほんま小さいあたりみたいなんが竿先に発生
きたよきたよー、あたりーーーと、ウハウハしながら報告。
見学人も、待てよ待てよー、まだ早いでーと、竿先をガン見。
2人で本あたりがくるのを待っていたら...
チキチキ食っていた餌を思い切って食ったみたいで、ペコンっと竿先が挨拶をしたので、今やーー、と釣り友さんが吠え、わかっとるーーというアンサーバックと共に、思いっきり合わせて、やり取り開始~
足元は敷石がボコボコ出ているため、グルっと左に移動させて、取り込み。
画像

見てよ、ええとこにかかっとるねーー
画像

チヌは釣り友さんに渡し、私は引き続き、仕掛けをポーン。
釣り友さんがヒマ潰しにサイズを測ったら33cmくらいだったってー。

33cmだったでーーと、聞いた時に、なーーんと、同じポイントでまたまたチヌをかけた私
またきたよーーと、再びやり取り開始
藻の間を縫って取り込もうとしたけど、うっかりと藻にかかってしまって、取り込みに難儀...
藻と一緒に取り込んだから、まーー、重かったことーー
画像

どちらのチヌも底付近で釣れたねーー。
このチヌもしっかりと地獄にかかっていました。
2枚釣ったら、また何もあたらなくなったので、オキアミに付け替えて投げてみたけど、これだけ小魚がいても、オキアミはそのまんま戻ってきたりと、どうやら魚たちの満腹中枢稼働中~って感じ。
潮が割と止まり気味になってきた中、餌をローテしてちょっと投げては回収していたら...
ようやく、練り餌でベタ底であたり発生~
今度のチヌは、なかなか食い込んでくれなく、まぁ、練り餌も比較的大き目なのを使っていたので、辛抱強く待っていたら、ようやく食い込んでくれ、嬉しい3枚目を追加~
画像

危ない危ない~~
口皮一枚じゃんかー。
画像

ただ、この3枚目から続かず...。
多分、そのまま潮が低くなって釣りにくくなるまで延々と頑張ったら、あれでももしかしたら釣れそうな気がせんでもないけど、そろそろ渚で釣りたいねーーという話になり、場所移動をすることになりました
とりあえず、ポイントを探そうということで、渚が切れるところまで歩き、その先にある磯もチェック。
満潮からまだ間がないので、お昼ご飯を食べてから竿を出そうと釣り友さんが提案し、漂流木を拾ってきて、椅子にし、釣り友さんのふるまい、渚で寿司パーティー
スマホをクーラーの上に置いたままになっていたので、せっかくの寿司写真が撮れなかったけど

釣り友さんは、それから磯で竿を出したりしていたけど、私はお腹がいっぱいになって、眠くなってきたので、漂流木を枕にちょっくらお昼寝
そろそろ、だいぶ引いてきたかなーーと、ゴソゴソ起きだし、私は渚の方で竿を出すことに。
画像

色々とチェックしてみて、ちょっと前に飛び出た平べったい岩礁ゾーンがあり、潮が右と左でぶつかっているようなざわざわしている感じで、何だか釣れそうな雰囲気...
正面は藻がズラーっと並んでいるので、藻の先に仕掛けを投げ、仕掛けを投入。
しかしながら、何のあたりもなしー。
潮は、右に行ったり左に行ったりと忙しそうだけど、ダメじゃねー。
後で釣り友さんに聞いたら、悪いポイントじゃないって言っていたけど、何だかちょっと飽きてきたので、場所移動。
渚を左に移動し、またちょっと潮がどこかにあたって戻されているのと左側からの潮があたって、波が高くなっているようなところがあり、ここも何だかコマセが溜まりそう
よしっ、ここで投げてみよーーと、潮が左から流れていたので、ポイントのだいぶ左から流し、投げたポイントが藻の先といういことで、ラインが藻に乗らないように、竿を立てて、速い潮と一緒に仕掛けと一緒に歩いていきましたさ
そして、波のザワザワゾーンに到達したら、仕掛けを止めて、しばし待つ...。
何事もなし~~
でも、砂浜をこうして歩くんは、ある意味いいエクササイズじゃね
目標1枚だったのに、3枚釣って安心しているのもあって、エクササイズ釣法を貫くことに
そして、3往復ほどした時...
ザワザワゾーンで竿を立てて、仕掛けを止めていたら...
きましたきました~、待ちに待ったあたり
多分、コマセが溜まりだして魚が寄ってきたんかも??
まだまだ、前あたりじゃけん、あわせたらいけんよーーと、自分に言い聞かせ、ドキドキしながら竿先を見ていて、本あたりきたーー。
オーバーアクションで合わせて、今度はチヌを誘導しながら左に歩いていき、藻が少なくなってきたところまで竿を立てたまま平行線で移動し、藻の隙間を縫って、安全にチヌをゲット~
画像

この釣り方で、なーんと、続けざまに3枚も釣ったよーー
餌は黄色の練り餌で、1号針は全部飲まれてたーー
それから、潮が逆向きになったので、ザワザワゾーンのちょっと左先から今度は逆向きに歩いて行ったさ。
でも、この時は、餌がそのまんまじゃね
1時間くらい歩いたと思う...。
潮の向きはちょいちょい変わったけど、オキアミも練り餌も食わないねーー
遠投だと、潮がもはや本流チックの激流のため、ラインが足らなくなるしー。
釣り友さんは、後で聞いたら、PEを使っていて、割とラインの長さがあるので、遠投で真鯛狙いで遠投したらしいけど、撃沈したみたい。
16時になり、あと30分くらいしたら納竿。
全く食わないので、かかり釣りの時にちょっくらヒットしたオキアミを練り餌で包んだ付け餌にして、流していったら...
なーーんと、思いっきり食ってきたーー
さっすが、グルメチヌ。
海老と練り餌を思いっきり吸い込んでたよー。
この付け餌、割と餌が外れやすいけど、潮が引きまくって、ポイントが近くてあまり投げなくて良かったため、仕掛けが外れなかったみたい。
もしかしたら、活性が上がったからかも?と思い、試しに、次は練り餌で流してみたら反応なし。
オキアミも然り。
また、海老餃子を付けて流してみたら、これがあたるんよねー。
結局、その後、2枚追加したよ、海老餃子で。
ラストの1枚は本日一番のチヌ。
画像

納竿して見学していた釣り友さんが測ってくれたら、45cmあったんだって。
渚だからよく引いたよーー

後で、この付け餌報告を釣り友さんにしたら、その付け餌は、紀州釣りの付け餌やないかーーと、ワーワー言われたけど...
まぁ、釣れたらええんですよ、釣れたらーー
なんとなんと、何だかかんだと今回の釣果はツヌケの10枚~
画像

宮島沖の筏で釣れたチヌはお尻が赤かったけど、周防大島界隈のチヌたちはまだお尻が赤くなく、痩せていたなー。

釣り友さんは、私のクーラーに餌を入れていただけで、クーラーもスカリも持って来ていなかったので、釣れたら逃がしていたからどれだけ釣ったかは覚えておらず。
ただ、私が昼寝をしている時は、ちっとも食わなかったみたいです。
いい時に昼寝したわぁ。

連絡船乗り場が近いので、とっとと片づけて、乗り場の階段に座ってまったり
島の住人の方々とお喋りをしながら船を待っていました~。
船から降りる時に船長さんに、また来てくださいねーと言われたり、何だか島にいる間中、みなさんがいい人過ぎて、心に染みましたわぁ。
連絡船の時間が、8時・12時・17時なので、どうしても帰る時間は17時過ぎなってしまうため、餌は多めに持って行った方がいいね
島には、民宿が1軒あったので、民宿でのんびりってのもいいような気がする~。

3月8日
大潮(大畠)
満潮:10時13分
干潮:16時17分
竿:シマノ アートレーター 0.4号
リール:シマノ ハイパーフォース(スプールはデスピナ)
道糸:シマノ ファイアーブラッドハイパーリベルαナイロンゼロサスペンド1.7号
ハリス:TORAY スーパーL EX 1.7号
針: 金龍針 ネリエ&コーン1号


チヌが釣れた時間
9時40分
9時50分
10時20分
14時30分
14時48分
14時55分
15時06分
15時58分
16時13分
16時22分






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック