徒然釣り日記「宮島の波止でチヌじゃなくてタナゴ釣り」

ほんまは、この日は釣りの大会があったけど、悪天候のため中止とか。
勧められて勢いで申し込んだけど、たくさんの人が苦手なので、むしろ参加がなくなったのでホっとして、うちで手芸グッズを広げて、創作活動に励もうとしていた時...
大会がなくなって不完全燃焼の稲さんから、我慢できんから釣りに行こうとワーワー連絡がきました。
強風で悪天候で中止なったんじゃけー、大人しくしときんさいーって言ったけど、宮島の包ヶ浦は風裏だから問題ないから急いで準備してゴーよーと...そういうことになりました
朝一でオキアミの解凍予約をかめやにしていたらしく、11時にかめやに集合となりました。
私は何だか釣れる気がしないので、余っていた冷凍コマセを持参。
ちゃちゃっとコマセを作り、とっとと宮島口へ。
あれでも、土曜日なので、もし宮島渋滞があったら、木工団地とかそういうとこにしよーというのが稲さんの計画。
木工団地は風は大丈夫なん??と、若干不安を口にしたけど、まぁ、行ったらなんとかなるじゃろーという楽天返答があったのはいつもの話。
宮島は、人はすごかったけど、車は混んでいなかったので、早々にフェリーに乗り込んださー
画像

そして、人気のポイントなので、人がいないのを祈りながら、包みヶ浦に直行
道中に車窓から見た海はとりあえず薩摩白波。
何か、白波立っとるよーと、ウダウダ言い始めた私に、ここが白波立っていたら、包みヶ浦は凪よ凪ーーと稲さんは太鼓判。
そして、包みヶ浦に到着ーー。
悪天候だからわざわざ来なかったのか、人気の釣り場だけど、地獄の波止みたくカラスだらけだったけど、誰もおらんね。
画像

てか...そこそこ風が吹いとるしー
稲さんは、この風はちょっとしたらやむと思うよーと楽観的だったけど。

とりあえず、ポイントまで移動して準備。
今回のコマセのメインは冷凍コマセ。
画像

あとは、ホワイトベースと、めっちゃニンニク臭がするチヌスパイスをぶちこんでみた。

早速、釣り開始ーーー。
今回は、遠投バッチリ系の大知浮きナブラを使ったので、飛ぶ飛ぶーー
画像

でも...向かい風が強いから、仕掛けは飛ぶけど、コマセが届かないという
向かい風で上潮が滑って仕掛けが手前に押し戻されてくるので、まぁ、よしとしましょうよーー。

しっかし...
あたりがない。
オキアミが真っ白になって戻ってくるし、バケツの水も冷たいから、とりあえず浮きをL00号にして、ガンダマ打って、底を這わしてはみたけど、餌とりもおらんのか、オキアミがそのまんま。
稲さんは、あれでもと、中層とか表層狙ってみたけど、どの棚もオキアミそのまんま東。
満ち上げだから、今に潮が上がったら、ええことになるかもねーと投げ続けてはみたけど、とにかく餌がそのまんま。
そして、風は弱まるどころか、ものすごく勢いを増してくるし。
こりゃ、稲さんの予報が胡散臭いと思い、ヤフー天気を見たら、何と、15時には強風7にまでパワーアップするらしー
稲さん、予報だと15時には強風7だってーーーと、ゲンナリモードでお知らせ。
マジかーと早速、やる気をなくした稲さん。
結局、いつもの光景になってしまった...
画像

別にチヌが釣れんでもええけー、カサゴとかタナゴとか、何か持って帰れるの釣れんかねーーと、私は引き続き、投げ続け、波止の反対側にも追い風に乗せて投げてはみたけど、まぁ、つまらん結果。

そして、予報通り、15時頃になると、ビュービュー。
まぁ、これだけビュービューでも、続けられんでもないので、とりあえず粘ってみた。
16時過ぎた頃から、ちょっと風が緩んできて、ちょっと釣りやすくはなったけど、相変わらず餌はそのまんま。
でも、16時半頃、ラインがピュっと走ったんよーー
当然、何かきたーーーーーーーーと、大騒ぎ
チヌじゃないよ、チヌじゃーーと、即答した稲さんの言葉通り...

タナゴでございました。
画像

まぁ、釣れりゃー何だってええんよ、フグとカナコギ以外ならーー
とりあえず、何かが釣れたのがありがたかったわぁ。

その後、ちょっとしたショッキングな事件が...
ポンポン船に乗ったおっちゃんが、釣れんじゃろーと、声をかけてきて、波止の周りから網を回収したり、新たに網を設置したりしておりました
波止の周りにあるブイは、そういうことだったんじゃね。
てっきり、タコツボかと思ったわぁ。
風と網のダブル攻撃だったけど、とりあえずお土産が釣れて良かったぁ
親はベラとかタナゴが好きなので、チヌよりええでーーと、喜んでおりましたさ。

ちゃんちゃん。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック