徒然ラーメン日記「FukuokaZoo」福岡県

Fukuoka Zooって書いてあるから、福岡市動物園で販売されてるラーメンなんかなって思うけど、このラーメンはノースユナイテッドという北海道の会社が販売している袋麺シリーズの中の一つです
画像

他にも、北海道の円山動物園のしろくまラーメン、大阪市天王寺動物園のカレーラーメン、上野動物園のパンダラーメン、京都市動物園のラーメン醤油があります。
円山動物園と上野動物園は確か食べたことあるな~
ちなみに、このラーメンは商工センターに新しくできたレクトで販売していました。
藤原製麺のラーメンは美味しいので楽しみなり~
画像
乾燥麺が使われているので、麺はツルツルでコシがあり、麺は満点
スープもあっさりとした豚骨スープでこれまた美味しい
スープを最後に一滴まで飲み干し完食
御馳走様でした

原材料
めん:小麦粉、卵白粉、食塩、小麦たん白
肉エキス、食塩、豚脂、しょうゆ、砂糖、香辛料、ごま油、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、かんすい

製造者:藤原製麺 ㈱
北海道旭川市永山北2条7丁目7番地

オマケ
久しぶりに読んだ本アルバム
今回読んだ本は安部智里著 黄金の烏(きんのからす)
画像

シリーズ化されている本なので、1巻「烏に単は似合わない」から読んだ方がより物語がわかりやすいとは思いまする。
人間界とのパラレルワールドみたいに存在している八咫烏の世界の話でございます。
1巻、2巻は宮廷の陰謀系どす黒話だったけど、この黄金の烏は、とりあえず今までの宮廷陰謀話からは離れて、八咫烏の世界に侵入してきて、人のかたちを取っている八咫烏を喰らいまくっている大猿とそれを裏で招き入れた者を探すというちょっとした謎解きサスペンス。
毎巻、サスペンスチックでラストまで犯人がわからんのだけど、今回も見事に犯人の読みを裏切られ、こいつかよー的な結果となったので悔しい思いをしたさ。
八咫烏の世界がより露わになってくるので、1巻目から読んでいる人は、おぉぉーー、そういうことかーーと楽しみながら読めると思うよー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック