徒然食道楽日記「HONEY BAKED HAM」広島市西区

レクトのフードコートの角にあるクレープ屋が閉店し、新しくサンドイッチ屋さんみたいなんができていました。
画像

すでに4回くらい食べに行っているけど、そういえばブログに書いてなかったーーと思いだし、今更ながらに書いている次第でございます。
ハニーベイクドハムは、アメリカに400店舗以上あるアメリカのハム会社だそうな~
そういえば、店頭でハムの販売もしていたような気がする~。

軽く食べたいなって思っていたので、サンドイッチだなと思い、メニューを見てみたら予想以上に美味しそうなラインナップ。

野菜タップリ&ハムサンド(セットはドリンクサラダ付き) 単品550円/セット760円
アメリカンスペシャル(ハンバーグ、ハム、トマト、チーズ、ポテトチップス、ドリンク、スープ) 1500円

ハム・チーズサンド 460円
HLT(ハム、レタス、トマト)サンド 510円
ダブルチーズ・ハムハンバーグサンド 580円
ハム・ふわふわタマゴ・トマトサンド 480円
ハム・ポテトサラダサンド 480円
ターキー・トマト・チーズサンド 490円

お好みのサンドイッチを付けたセット(サラダ&ドリンク)は760円
+ケーキ(ハーフ) 980円
+ケーキ(レギュラー) 1180円


今回は1人がセット、私は単品にしたら...
セットのコーヒーはカップを2人分準備しますよって言われたので、そうさせてもらいましたわ~
そして、ブザーで呼ばれて料理を取りに行ったら、予想以上に豪華なんですけど~~
画像


私は、即決でターキー・トマト・チーズサンド(490円)。
画像

ターキーハム、こんなに入っとるし~~
しかも厚切り。
こんだけ入って490円ってめっちゃお得な気がする。
ターキーハムはほんのり甘さが感じられましたわぁ。
シンプルにトマトとチーズだけってのも私好みで最高

もう1品は野菜タップリ&ハムサンド(セット760円)
画像

セットのサラダが乗ってるから、私のターキーよりちょっと豪華に見えるけどね~。

セットのコーヒーはこんな感じでティーコージーでカバーされていてめっちゃかわいいでしょ
画像

コーヒーはその場でドリップして頂きます。
1人分のセットだけど、カップ2つあり、コーヒーもカップ3杯分くらいありましたっ
画像


サンドイッチながら、胃袋も心も何だか満タンになったよーー
そうそう。
その後、何度か食べたアメリカンスペシャル(ハンバーグ、ハム、トマト、チーズ、ポテトチップス、ドリンク、スープ)(1500円)の写真もここの貼っておくわーー
画像

ボリュームあるから、2人で食べてちょうどいい感じなんよね~。
コーヒーも2人分だしね。

ハニーベイクドハム、サンドイッチもコーヒーも抜群に美味しいけど、ここの店員さんがどの人もめっちゃ感じ良くて、ほんとレクト飲食店の中ではトップクラスでお気に入りのお店になっておりまする~

満腹だったけど...
まだコーヒーが残っていたので、この日ゆめタウンでゲットしたお芋系スイーツを2点ほど食後のデザートに頂きましたわぁ
画像


HONEY BAKED HAM(ハニーベイクドハム)
広島市西区扇二丁目1番45号レクト 1F
082-533-6633
10時~22時

オマケ
今回のオマケは読んだ本アルバム
旅のお供用に軽く読めそうな本を選んでのがこちら神様の御用人 浅葉なつ著
画像

現代の日本人の信仰心が薄れて、神様を崇めることが激減し、神様の力弱まったため、神様が自力で何かをするのが困難になったということで、人から御用人を選抜し、神様の頼み事を御用人が請負い奔走するというお話。
今回選ばれた御用人が、会社を辞めてフリーターになったダラダラ兄ちゃんで、神様に対しても割とため口。
でも、兄ちゃんの性格が良く、神様もそれをわかっているから、会話が結構面白くて、しかも一話一話もこれが面白い。
神様の勉強にもなるし、若い子向けの本かと思いきや、結構、はまってしまい、一気に読み終わってしまった次第。
神様とか民話とか神話みたいなもんだと思って、あんまり考えたことなかったけど、割と本の影響を受けてしまい、神社とか参拝に行った時は厳かな気持ちになると思うわ~。
頼み事とかあんまり良くないみたいだけど、まぁ、どうせ頼んだところで何かなるわけでもないし、神社に参拝に行った時は、感謝の気持ちで行くのが一番なのであります。
続編が何巻か出ているみたいなので、また読んでみよーーっとーー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック