徒然温泉日記「神戸六甲温泉「濱泉」」神戸・大阪旅行3日目

神戸のラストナイトは六甲アイランドにある神戸ベイシェラトンホテル&タワーズに宿泊
画像

神戸ベイシェラトンホテル&タワーズには天然自家温泉の神戸六甲温泉(濱泉)があるんですよ~
せっかく宿泊しているので、翌日の朝は、お昼前の出発のため、清掃前ギリギリの誰もいそうにない時間帯に温泉独占してやろーと行ってみました~
画像

さすが、清掃前なのと、料金が日帰りだと2800円、宿泊客でも1500円なので、誰もいなくて、貸し切り状態
内湯は外にある水盤庭園を眺めながらのんびりできる広さじゃねーー。
画像

露店風呂は緑に囲まれた和の雰囲気の中でのんびりできるよ
画像

あとは、打たせ湯や寝湯もあったなー。
画像

ほとんど、露店風呂でゆっくりしたけど、他にはホットカウチドライサウナがあり。
画像

ホットカウチは5分ほど寝そべってみたけど、ジワーーっとタイルが敷いてあるカウチから熱が伝わり、とっても快適
テレビもついてるし、のんびりできるけど、なにせ清掃前だからそんなのんびりもしてられんかったわぁ

お風呂上がりにはリラクゼーションスペースがあり、湯上りにソファーでゆっくりできるなりよ
画像

リラクゼーションスペースには濱泉特製のコーン&麦茶のオリジナルブレンド茶が置いてあり、このブレンド茶を飲みながら火照った体を冷ましながら、何か知らんリッチな気分で休憩できた次第。

風呂上がりに、ホテルのショップや周辺のお店を散策しまくり、どこもかわいいグッズだらけで、しかもカフェのスイーツが美味しそうで...と、手ぶらで散策に出たのをちょっくら後悔したわーー

神戸六甲温泉「濱泉」
泉質:ナトリウム塩化物温泉(高張性・中性・高温泉)
効能
一般適応症神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
泉質別適応症きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
泉温:56.5度
pH値:6.85(弱酸性)
営業時間:6時~0時(10時30分~12時30(火曜日は9時30分~16時30分))は清掃中につき利用不可
料金:2800円(宿泊者は1500円)。

オマケモケケ
今回のオマケモケケは神戸限定いかりモケケ
画像

柄物系なので、いかりの柄がそのままネーミングされたモケケでございます。
今後はこういう柄物に変わっていくんかねー、モケケ様は。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック