徒然手作り日記「かわいい刺しゅう」ディアゴスティーニ6号

画像

6号では、5号で途中になっていたこぎん刺しのくるみボタンが完成するので、ずっと発刊を楽しみ待っていたーー

地方なので、今回はアマゾン経由で送ってもらったので、発売まで2,3日待つまでもなく、すんなり手にに入り、早速、童話タペストリーから製作。
今回の童話タペストリーはお城部分の製作。
バックステッチ・ストレートステッチ・ホルベインステッチという3種類のステッチを駆使してお城の城壁と窓を縫い進め、屋根部分はサテンステッチであっさりと完成
画像

クロスステッチで、バックステッチは慣れていたので、ほんと短時間で完成したので、そのままこぎん刺しのくるみボタン製作に突入~。

こぎん刺し部分は、付属のフェルトとくるみボタンの型を使用して完成なりよ~
画像

仕上げ方は、こと細かに書いてあったので、私でもパパっと完成できて、めっちゃ感動したわぁ
自分で書くのもなんじゃけど...
このくるみボタンが青森のお土産屋さんに売っていたら、私なら速攻でお買い上げじゃと思う
ほんまは、長めのゴムを使用したマルチバンドだったけど、髪に使う方が絶対にいいと思って、ヘアゴムにしたんだけどね~

次はがま口らしいから、次の号も楽しみ~~

オマケ
今回も読んだ本アルバムかなーー。
今回の本は、ちょっと怖そうな一冊。
赤鉄町怪事録 首狩り地蔵 木場水京著
画像

表紙のイメージと中身は全然違うけどーー。
中身は3本立て。
謎の職場と首狩り地蔵とオトモダチ。
この中でも、謎の職場がいっちゃん面白かったよー。
何を製造している工場かはネタバレになるので、書かないけど、ハラハラドキドキ話のスピード感があり読みだしたら止まらなかったわぁ。
首狩り地蔵は、オカルトっていうよりは、気持悪かった。
特に、人の首がちぎられる時のその人の痛みの感じ方とか、リアル過ぎてほんま気持ち悪かった次第。
トモダチは、まぁ...首狩り地蔵で気持ち悪くなった後味の悪さの後に読むにはちょーどよい読み物。
内容は可もなく不可もなく。
双子の女の子の謎の話だけどね。
やっぱ、謎の職場がええなーと思いながら、読むくらいな感じ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック