徒然ラーメン日記「スガキヤラーメン」愛知県

愛知県を旅行中にゲットしました
画像

寿がきやという食品会社のオリジナルですね~。
かくし味がついてくるってんが気になるわぁ
画像

とりあえず、ラーメンと一緒にもやしと卵を鍋にぶちこんで、今回は具だくさんのラーメンに仕上がりました。スープの素とかくし味は一緒に入れてよく混ぜておきます。
画像
かくし味効果か、魚介の香りがする豚骨スープがめっちゃ美味しそう
で、食べてみるとほんまにスープが美味しかった。
和風豚骨スープは、かなりのお気に入りになりそう

原材料
めん(小麦粉、小麦たん白、食塩、植物油脂、卵白、たん白加水分解物)
スープ(ポークエキス、しょうゆ、醤油、食塩、香味油、動植物油脂、脱脂粉乳、魚介エキス、たん白加水分解物、麦芽糖、魚介粉末、昆布エキス、昆布エキスパウダー、香辛料)
加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、かんすい、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、着色料(クチナシ、カラメル)、酸化防止剤(V.E、V.C、ローズマリー抽出物)、乳化剤

販売者:寿がきや食品
愛知県豊明市沓掛町小所189

オマケ
今回のオマケは読んだ本アルバム
広島人なら、読んどけと声を大にして言いたい広島の謎
画像

まぁ、中には、こういう説が濃厚とか、ハッキリとはしていないというネタもあるけど、それでも例えば、広島カープはなんで鯉なんだとか、サンフレッチェの意味とか私が知らなかったネタが色々あり。
ネタばれになるけど、サンフレッチェは毛利元就の3本の矢という意味だそうな。
サンが数字の3で、フレッチェはイタリア語かなんかで矢の複数形だって。
あとは、広島電鉄の謎とか、広島駅の謎の0番ホーム、呉という地名はどうやってきたかなどなど。
その中でも、今まで近所だったのに知らなかったのが地御前神社が厳島神社の外宮説。
管弦祭の時は、舟が地御前神社と厳島神社の間を往復して広島の風物詩みたいな感じになっているけど、そういう繋がりがあったとはね~。
てことで...
早速、検証しに地御前神社まで行って来た~
画像

地御前神社の説明書の一部抜粋がこちら。

御鎮座の年代は祥らかならざるも、社伝には厳島神社(御本宮・内宮)と同じと云い伝えられ、即ち御本宮御鎮座の年、推古天皇の端正元年大歳葵丑の年である。
明治維新までは、厳島神社本宮を内宮、地かたの御前の御本宮を厳島外宮と称えたり。


ほんまに、外宮って書いてあるね~。
地御前神社の側にある橋の名前はなんとげぐうばしと書いてあったし
画像

画像

てことは...
伊勢神宮参拝は外宮、内宮参拝が正式って聞いたので、厳島神社もそうするのがいいんかも??

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック