徒然手作り日記「ガラスの里で七宝焼き体験No4」

あまりにも手作り体験が楽しいので、友人とちょいちょい通っているガラスの里。
今回もガラスの里へ体験をしにレッツラゴー
平日は、かなりガラガラなガラスの里なので、今回も全体的にまったりムードを醸し出しております。
画像

もちろん、メインの体験は七宝焼き体験
早速、七宝焼き体験の建物へ

来る度に、七宝焼き用の銅板グッズの種類が増えている気がする~。
画像

今回チョイスしたんは、鍵の形をしたペンダント。
多分、ペンダントとしては使いそうにないので、キーホルダーにすると思うけど。
画像

まずは、銅板の裏に裏引きをし、それから、下地になる色をチョイスします。
画像

鍵を見て、色々とイメージを湧かせた結果、ちょうどこの時に読んでいた吸血鬼の本が頭に浮かび、吸血鬼の目玉にすることにしました
目玉ということで、下地の色は花白。
真っ白よりは、塗り方次第で透明感を出したり真っ白にしたりできます。
てことで、白目は花白、黒目の部分は透明を乗せました。
画像

ここでいったん焼いて、冷めたら、今度は白目の血管をのっけます。
先生もノリノリで、この色が血管ぽいですよーーと、血管色を出してくれるし~
画像

それから、いよいよ黒目の製作。
吸血鬼なので、黒目は赤目に変更~。
赤目グッズはこちらを使います。
画像

透明にトロンと溶けて銅板の色が出ている中央に、盛ります。
画像

その上に赤くなる硝子の塊を乗せて、作業は終了~。
画像

見た感じ、全部が透明っぽいのに、焼いてみたらあーーら不思議
リアルに目玉みたいになりました~。
画像

すごいね、ここまで表現できるなんて、想定外だわーー。

早速、鍵型の上に貼りつけて出来上がり~
画像

かなり気に入ったので、私の鍵束に一緒に下げておりまする~
色んな国籍の目玉が作りたくなってきた~~

実は、まだまだ体験は続くので...
次回にしつこく書きなぐるであるよ~

オマケ
久々に、顔はめシリーズです。
今回の御当地顔はめは、別府の地獄めぐりの中のメイン中のメイン血の池地獄の顔はめでござる~。
画像

赤鬼につままれた、嘘つき子供っていう設定かね~。
針千本飲まされ、舌を引き抜かれ系地獄じゃね。
あら、恐ろしや~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック