徒然食道楽日記「釜山国際フェリーターミナルでランチ」釜山旅行3日目

いよいよ、帰国の途につくべく、釜山国際フェリーターミナルへ
釜山国際フェリーターミナルは、大阪の国際フェリーターミナルと違って、広くてとても綺麗
コンビニもあるしトイレも綺麗。そして、レストランは??
上の階に上がったらチョンムンシクタンというレストランを発見
画像
とにかくだだっ広い店内です。
出航までの時間潰しでのんびりしている人がパラパラいたけど、とにかく広いので、自分の空間でのんびりできますね~
画像
まずは店内入口にあるカウンターで、先に注文してから、好きな席に行けます。
普段、食べたことがないもんにしようとカルビタンってのを注文しようと思ったら、売り切れ。
よくよくメニューボードを見て見たら、1/4の料理が売り切れって表示してありました
チゲは前にソレイユで食べたから、避けたかったけど、他に大嫌いなキュウリが関わってなさそうなのが、少なかったので海鮮入りスンドゥブチゲ(7000ウォン)にしました。
画像
なーーんと、石焼きでグツグツを沸騰状態
画像
まさか、フェリーターミナルでこんなに美味しい料理が食べられると思ってなかったわぁ
めっちゃ辛いスンドゥブチゲのスープを具材に絡めて、白ご飯に乗っけて食べたら、最高なり

F君が注文したんはこちら。
何か、F君も注文したいのが売り切れだったらしく、受付の人と、辛いの以外で何かないかとあれやこれやと話していて、妥協してこれになったみたい
多分、名前はテジクッパ
画像


最後に、F君が韓国の海苔巻き(キンパッ)はめっちゃ美味しいから食べるべし
と宣言し、チョンムンシクタンにはなかったので、別の軽食屋に行き、時間がないからテイクアウトにしてもらい、船に持ち込みました
F君が、今度の船室は何だか臭いって文句を言っていたんだけど...
なんのことはない、テイクアウトをした海苔巻きの中に、キムチとか入っていて、それがにおってました
その海苔巻き(6000ウォン)はこちら。
画像
海苔巻きは超がつくくらい微妙...
F君が、これはたまたま粗悪品だけど、ほんまの海苔巻きはもっと具沢山でゴマ油が効いて美味しいんよ~と必死のパッチで説明していたので、言いたいことはよくわかりました
何気に一緒に入っていた辛いはんぺんみたいなんが美味しかったんですけど~

さて。
デッキで風に吹かれながら、まずい海苔巻きを食しながら、前日に乗ったパンスタフェリーの旅がまた再開~
画像
フェリーターミナルが素晴らしいね~
画像
フェリーターミナルからどんどん離れていくと、今度はでっかい橋をくぐっていきました。
画像
画像
アンニョンヒ カセヨ、釜山~~
画像
夜ご飯は、肉肉肉~~の肉祭~~
画像
もはや、食器を分けるのも面倒なので、1皿に盛りまくり
この後、更に、同じだけ盛り盛り天国。
朝ご飯は、何気にベーコンとうずらがこれまた美味美味~
画像
もちろん2往復決定でしょ
パンスタクルーズの食事って、なんでこんなに美味しいんじゃろーねー

行きは、窓際の席が、リッチマンたちのリザーブ席になっていて、奴らがワイングラスで乾杯をしていた光景が見られたんだけど、帰りはリッチマン席が庶民にも開放されていて、動きの早い庶民代表の私らは速攻で、窓際席をキープ
勝ち誇って、てんこ盛りの料理を食べながら船窓からの景色を楽しもうとしたけど...
灰色の海で、何だか微妙~~
画像


あ、そうだ。
ラストに、F君が船内の免税店でタバコを買っていたんだけど、韓国版メビウスのパッケージがえぐい
画像
こんなえぐいパッケージ、人前で出すのもはばかれる感じねぇ

帰りももちろん揺れたので、私はほとんどがベッドの上でのびていて、F君は、一人でデッキで海を見ていたみたい。
やっぱ、次は韓国へ行くならひとっ飛びで飛行機でワープかな~
船酔いがしんどいざますよ、ほんま。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック