徒然食道楽日記「CHICAGO STEAK AURORA」福岡県 九州旅行1日目

道の駅中国地方の全駅制覇を成し遂げたので、次なる目標は九州の道の駅全駅制覇
釣り話やら近所の食べネタ書いていたら、旅行話が遅れてしまったけど...実はこの旅は1月の話だったりして~
ま、そこはご愛想ということで、早速、九州食べ歩き道の駅スタンプ収集の旅へ出発の巻~
夕方前に出発をしたので福岡到着は夜
とりあえず天神に行けば美味しいもんがあるんじゃないん~ということで、天神をウロウロ
もつ鍋屋さんとかたくさんあるし、水炊きだっけ?それも有名なんよね?そんなんもあるし、お店の前を通るたびに悩む悩む~。
吟味しながら歩いていると、なにやらステーキめいたお店を発見
画像
外からお肉が積んであるのが見えて、肉好きならこれを見るともれなく入店していまうでしょ~
画像
入口がよくわからんで店の周りをウロウロしていたんだけど、建物の中に入ったら外から見た派手な感じではなく正反対のイメージの黒い入口がありました。
わからんかったわ~
画像
入ってみると店内も黒を基調にしたシックな雰囲気。
夜だったので客層はカップルメインだったな~。
画像
メニューを見てみると、さすがステーキ専門店
お肉のメニューが色々あるよ~
色々あるけど、初めてということで、オーロラ名物AGING AURORA BEEFから選択することにしました

ちなみにオーロラビーフとは
オーロラビーフとは、どこにも負けない香りと柔らかさを追求したオーロラ社のアンガス牛のこと。日本人に一番適したものを選び抜き、輸入後はドライエイジングでさらに旨味を引き出しています。
と書いてありました。

エイジングビーフは3種類。
熟成リブアイロールステーキ550g~(2~3人前) 5490円~
通称トマホーク、霜降りまで美味しい豪快ステーキ
熟成Tボーンステーキ550g~(2~3人前) 6600円
サーロイン&ヒレが楽しめる欲張りステーキ
熟成サーロイン500g~(2~3人前) 5000円
柔らかジューシーステーキ

他にも和牛や熟成シリーズじゃないお肉とかあったけど、エイジングビーフシリーズはスタッフがテーブルにワゴンにお肉を乗せてきてくれて、そのワゴンの上のお肉を実際見て選択できるんですよ~
何だかそれってめちゃイベントじゃんか~
早速、エイジングビーフを注文したら、真空パック加工されたお肉がワゴンに乗って運ばれてきました
画像
スタッフさんのお勧めはサーロインとヒレが楽しめるTボーンステーキ。
骨は重さに含まれないとか言われたような気がする。
てことで...注文したのは熟成Tボーンステーキ

焼き加減は4種類。
レア
面のみを焼いたような状態。
ミディアムレア
レアとミディアムの中間。
ミディアム
切るとほぼ全体に色が変わっているが肉汁は生に近い状態。
ウェルダン
さらによく焼いた状態。

当然、血の滴るようなレアを注文なり~

車はホテルに置いてきたので、とりあえず乾杯ができるよ~
大好きなファジーネーブルがあったので、私はファジーネーブル(500円)
画像
なんとジャーに入ってます。めっちゃかわいいね~
そして、これからの肉祭に備えて、野菜もとらないとね~
JARシーザーサラダ(500円)を注文~。
画像
思うに、ジャーをシャカシャカとシェイクしてドレッシングを絡めて食べる感じなんじゃろーね。
あとは、ステーキと一緒に食べようと思ってマッシュポテト(500円)を注文。
画像
メニューをよく読んでいなかったんだけど、普通のマッシュポテトではなく、マッシュポテトの表面にチーズをかけて焼き上げているタイプでした。
お肉にのっけて食べようと思ったけど、もはやちゃんとした料理っぽくてそのまますぐに食べてしまいましたわぁ
そして、いよいよお待ちかねの熟成Tボーンステーキ登場~
画像
骨にちょろっとついていた肉片はスタッフさんがきれいにそぎ取ってくれました
お肉はこんなにたくさんあるけど、やわらかいので、顎が全然疲れない~
ジューシー肉汁が口に入れるたんびに口の中で広がり、肉好きには最高のひと時よ~
とにかく美味しいなり

多分、大都市博多だから、食べるところも星の数ほどあるので、待たずにのんびり食べられたけど、シカゴステーキオーロラが広島にあったら絶対長蛇の列ができそうなわ。

九州の旅初日のディナーは大成功の巻でした~

CHICAGO STEAK AURORA(シカゴステーキオーロラ)
福岡県福岡市博多区中洲3-7-24 ゲイツビル 1F
050-5282-6965 (問い合わせ時間は15時以降)
ランチ
11時30分~14時30分(ラストオーダー14時)
ディナー
月曜日~木曜日・日・祝日
17時~23時(ラストオーダー22時30分)
金曜日~土曜日・祝日前日
17時~翌1時(ラストオーダー0時)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック