徒然温泉日記「四万温泉 積善館」群馬県

画像


温泉好きにはたまらない~というレベルな温泉に行って来ました
その名も四万温泉 積善館

赤い橋を渡って行きます。何だか雰囲気が千と千尋の神隠しみたいよね。

画像


積善館は本館、山荘、佳松亭のどれかに宿泊できます。
本館は、元禄4年に建てられ、日本最古の木造湯宿建築と伝えられてるそうな

画像

画像


増築されているけど、玄関は当時のままだそうで、あと、途中の廊下、玄関近くの部屋などはかなり古そう。
本格的に湯治気分に浸るなら、本館に宿泊がオススメ
山荘は昭和11年に建造。佳松亭は、最近っぽいけど、かなり豪華。
それぞれ、エレベーターやらトンネルやらでつながっているので、行き来できるし、それぞれに浴場があるので、ウロウロしながらお温泉巡りできます

まずは、本館の部屋へGO~

画像


他の2館は旅館の部屋って感じなので、こっちの部屋はいかにも湯治目的みたいな感じ。

部屋からは緑がいっぱいの庭もよく見えますわん

画像


部屋でお茶を飲んで一息入れたら、お風呂巡りへGO~~

まずは、一番古いという元禄の湯
昭和5年建造だそうです。ラッキーなことに、宿泊中に3回元禄の湯に行って、3回とも貸し切り状態。好きな浴槽選んで、まったりしました

画像


蛇口とかシャワーはなく、浴槽から直接お湯を取るようになります。浴槽のお湯は常にあふれ続けてますわん。浴槽に首まで入った時にざば~~っとあふれるお湯にしばし優越感にひたるあちき。

外から見た元禄の湯。建物、かなり味が出ております~~

画像


そして、混浴風呂の岩風呂

画像


混浴だけど、時間限定で、女だけの時間もあるので、その時間を狙いうちしたら、恥じらいもなくゆっくりできます
この石は、利根川の石を使っているそうですよ。

別に山荘の湯とあるけど、これは家族風呂で、何度か行ったけど、毎度使用中で断念~~

最後に、一番上にある杜の湯
佳松亭にあるので、突然、湯治モードから、温泉旅館に雰囲気が変わります。それまでは、古いトンネルをくぐったり、木の廊下を歩いたりと、古さにかなり癒されていたんだけどね~

で、杜の湯なんだけど、高級っぽいけど、なんだか元禄の湯がレアで良すぎて、どちらかというと、いままでに宿泊した温泉旅館の露天風呂と同じような感じかな~

画像


でも、木々が側にあり、森林浴をしながらの露天風呂は癒されるよね~
ここも、もちろん貸し切り状態

あ、そうだ。この本館の食事は、野菜やこんにゃく中心で、食治と言われています。
特にお粥は飲泉大根粥で、温泉から炊いたそうですよ
食堂で他の本館の宿泊者の方々と一緒に食べる形ですねん。

画像


積善館は、本館から佳松亭までずっと登って行くんだけど、エレベーターに到着するまでが大変。地図をもらったんだけど、地図が読めないので、迷うわ迷うわ エレベーターは何度も乗換えをしないといけんのですよ。歴史あるトンネルの写真も撮ったんだけど、デジカメの露出を間違えて、真っ黒になってました...
上に行くほど、新しくなっていき、探検してる気分ばんばんでした

ほんと、こういう温泉、大好きですわぁ~~

四万温泉 積善館
群馬県吾妻郡中之条町四万温泉 
0279-64-2101
泉質:ナトリウム・カルシウム 塩化物硫酸塩温泉
効能:リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性湿疹および角化症、虚弱児童、女性性器、慢性炎症、卵                巣機能不全症、子宮発育不全症および月経異常、更年期障害など
飲用効能:慢性消化器疾患、慢性便秘、慢性肝胆道疾患、じん麻疹、肥満症など。
源泉温度が高いので、加水、加温なし。循環ろ過なしです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック