徒然温泉日記「焚きあげ洞窟蒸し風呂 江戸風呂」広島県(仙酔島)

画像


昔の同僚F君とRさんと3人で鞆の浦へまったりドライブに行きました
男女3人ですが、このメンバーでグアム、タイを旅して周ったメンバーで、年に1回,多くて2回しか会わないけど、ノリとフットワークが抜群なので、もう長い付き合いでございます
そんなメンバーで、無計画なドライブへレッツラゴー
とりあえず、鞆の浦へ行き、ランチをした後、仙酔島へ渡ることにしました

仙人が酔うほど美しい島で、七福神の宿る島だそうですよ てことは、パワースポットなんかもね~~。
仙酔島へは、船で渡ります。
この船が、昔の船っぽくて、かっこいいんですよ~

画像


廿日市の女裕次郎、仙酔島へ向かう
わが人生、悔いはない~とくりゃぁ

画像


案外とすぐに仙酔島へ到着
桟橋から5分ほど歩くのですが、この5分の道のりが結構楽しいんですよ。
天然のトンネルをくぐったり...龍神様へ願い事ができる岩があったり...

画像


この橋の上を歩いたら、願い事が叶う岩があるんですが、この橋を渡っている最中は、しゃべったり、息をしたりしてはいけんのだって。千と千尋の神隠しみたいじゃね~

画像


江戸風呂は、この橋の側にありんす。
入口近くに「人生観が変わる」と書いてあり、一体どんなに素晴らしい温泉なんだろ...とかなり期待大

受付で説明を聞いたら、世界一の露天風呂があるんですって
そして、その露天風呂には3回は入った方がいいんだそう。頑張って下さいとエールを頂き、3人はレッツラゴー

江戸風呂は、混浴なので、脱衣場に行く前にポロシャツと短パンを借りていきます。
そして、外へレッツラゴー
実は、行った月は今年の1月。寒い寒い~~

そして、風呂へ行くまでに小石が敷き詰めてあるゾーンを歩くので、体にガタがきまくりの足裏のツボが刺激され、3人とも痛い痛い~~寒い~~と、文句ばっか言いながら、階下に降りて行きました
海岸と露天風呂が見えていい感じ

画像


まずは、海藻蒸し風呂に入ります。
深夜から薪で炊き上げしてるんですって
この小さな木の扉から入ります。

画像


中はこんな感じ。何組か一緒に入れるくらいの広さです。

画像


この中に10分くらい籠って、汗をかかないといけないんだけど、元々が汗かきじゃないのプラス、加齢で汗腺が退化したんか、汗は出ず
でも、薄暗がりの洞窟の中は3人貸し切りで、盛り上がりまくりました

お次は、母親の胎内風呂

画像


ノーメイクですんませ~~ん
なんでも、海水より塩分濃度が高いらしく、入ると体が浮くそうな
羊水の温度らしいので、割とぬるめ。
実際浮いてみて、足が下がったりしたら、どこぞが悪いとか色々あるみたいで、そういう人は、近くにある薬草ポットから、症状にあったお茶を飲んでみたらいいぞなもし。
健康茶は4種類ありました

画像


私は、体の毒を出すお茶を飲みました
デトックスデトックス~~

そして、ヨモギ蒸し風呂へ。海藻蒸し風呂と同じく、洞窟に籠りますよ。
そして、お次は、世界一の露天風呂...
真冬の瀬戸内海へドボン
予想外過ぎて、聞いた時は、心が折れたさぁ

で...なにせヘタレなRさんとあちき。
ここで、F君の男を見せてくれとF君を洞窟で炊き付け、F君にまずは瀬戸内海ドボンをしてもらいに行きました。
ヘタレ組は、胎内風呂で待機
F君は、さすが島の男
瀬戸内海へ向かって走って行き、ほどなくして胎内風呂へ報告にきました。
洞窟風呂で散々暖まってから、直行したら、勇気さえあれば、乗り越えられるとのこと

早速、また洞窟風呂へ行き、今回はかなり汗をかくまで、洞窟で粘りまくり、そして意を決して、砂浜へGO~

画像


やっぱりね...
冷たいよ、冬の海は...
寒いっていうか、痛いっす
でも、そんな冬海にドボンしてる私らって、めっちゃすごいじゃ~~んというなんだかすごい達成感

画像


水道で砂を落してから、また洞窟風呂へ...
せめて、2回は海へ行こうと決心し、頑張ることにしたのら~~
3回目の洞窟風呂では、詰まった汗腺がきれいになったんか、3人ともいい感じに汗をかきだしました
そして、また、瀬戸内海へドボ~~ン
やっぱり、冷たい~~

今回は、砂浜をゆっくり歩きました。仙酔島は満干差が5mから7mらしく、パワーがすごいんですって
何のパワーかはわからんけど、砂浜を歩くと、悪いもんをアースできるとかなんとか。

そして、歳時記風呂でまったり。その季節にあった素材が入ってるんだって。1月は松葉だったかな
てか、仙酔島は温泉じゃなかったのか...とここで気付いてしまった私

画像


トドメに、枇杷の葉蒸し風呂
解毒作用、血液浄化作用により疲労回復効果があるそうな。3種類の洞窟風呂に入ったけど、香りオンチのため、違いはよくわかりませんでした

かなりなデトックスで身も心も軽くなった3人組
帰り道の小石ゾーンでも足裏が全然痛くないという、驚くべき効果が

一応、洞窟風呂の汗を流すべく、最後は男女別の大浴場でまったり

画像


ロビーと土産物コーナーは、パワー&ヘルスグッズがいっぱい
中でも目を引いたのは、
仙酔島沖は、潮が激しくぶつかるとかなんとかで、パワーがすごいんだって
新月と満月にその激しい海水から採取した塩がここで販売しています。

画像


説明がしてあったので、書いておくずら。

仙酔島は満干差5mから7mあります。そして、仙酔島は日本で唯一、インド哲学の基「ヴェーダ」に記されている5色の岩が存在する島です。さらに、仙酔島は、潮と潮とがぶつかり合う地球のエネルギースポットがある島だそうで、その地で作られた塩だから気を高めて、願いが叶うとか、清めて浄化する塩とも言われています。

塩は2種類あります。

願い叶う塩
新月から満月は、月が満ち満ちてくる時です。願いが叶う時です。

浄化の塩
満月から新月の時は、月が欠けてくる時です。捨てて浄化する時です。ついているものを洗い流す。

願い事だらけな私は、当然、願い叶う塩をお買い上げ
あと、塩が必要な人たちがポワンと浮かんだので、何個かお土産にゲット

当然、お買い上げ

ロビーでは、ビタミンを吸収しよう~とRさんがスムージを注文

画像


一気に、ホテった体が冷めたとか言ってました(笑)
100%ミカンなので、みかんを食べているような感じだそうです。他にも、きなこ系和菓子とかあったな~~。

とにかく、楽しかった大江戸風呂
真冬の瀬戸内海にドボンしたという偉業を成し遂げ、確かに人生観が変わりました

服着て混浴なので、みんなでワイワイってのも楽しかったしね~~
苦行を3人でなしえたって感じ

仙酔島は、釣りでも有名らしいので、釣りがてらまたここへ遊びに来たいな~~

あ、そうだ。仙酔島にはタヌキが遊びにきますよ~。

画像


焚きあげ洞窟蒸し風呂 江戸風呂
広島県福山市鞆町後地3373-2
084-982-2111
10時~18時

入浴料 1,700円(税別)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

この記事へのコメント

卓兄い
2014年03月11日 12:02
先日の釣りと今回の釣りをまとめてレポートします。
先日の釣り(大島)はめちゃくちゃ激シブじょうたいでした。
午前中は強風&低水温で磯べラすらアタらず 昼からは少し状態が良くなり
150m先のカケアガリでチヌ40cmが出ました。
そのチヌのアタリはピンギスみたいに小さかったです(笑)
その次は大畠でしたが強風がきつすぎ2時間ほどで撤退 あまった本虫は次回の為に
潮漬けにしました。それでは又。
ばに
2014年03月11日 21:55
鞆の浦と言えば、ジブリ映画のモデルになったところですね。
日本の原風景って感じがします。(^^)
じゅんきー
2014年03月11日 23:09
卓兄いさん
最近、渋渋続きのような気がします。
大島もシブかったんですね~~。
でも、チヌ40cm、おめでとうございます!
じゅんきー
2014年03月11日 23:13
ばにさん
ポニョの崖みたいなんも鞆の浦にあるみたいだけど、正直??でした。
どちらかというと、この仙酔島をもっと煮詰めてみたい気分です。
色々な不思議スポットがあるみたいなので、あちゃこさんにもお知らせしたいですわぁ。

この記事へのトラックバック