徒然お出掛け日記「ひめじ菓子博」兵庫

画像


GWの真っただ中、朝4時半に起きて、ひめじ菓子博へ行って来ました。
渋滞ひどいかなぁって思ったけど、案外とスイスイ行けて、朝の10時過ぎには到着。朝9時半オープンなのでちょうどいいかなって計算だったけど、なにがなにが。
すでに、めっちゃすごい人でした。もう人・人・人。
清水門から入場したんだけど、門入ったら、すでに人に酔いそうでした。

画像

           
ざっと見たけど、どこのパビリオンも1時間待ち...。
何かあるだろうとウロウロしましたが、待たないと入れないのばっか。
仕方ないので、1時間待ちの一つ「兵庫お菓子館」へ。ラッキーにも30分くらい待ったら入れました。
驚いたのが、展示物の前で止まってはいけない、止まってはいけないから写真撮影も禁止という決まり。
流れ作業でチラ見しながら、兵庫県のお菓子を見ました...。何か、デパ地下の菓子コーナーを歩いてるみたい。

デパ地下もどきを出たら、ここの看板ネタ、トリュフでできた地球儀が。
写真撮影禁止だけど、いいでしょ、これくらい。
ということで、こっそりと隠し撮り。

画像

                       
兵庫銘菓コーナーから先は、世界の国のデコレーション菓子みたいなコーナー。こういうの大好き!お菓子ってかわいいですよね~~。で、何枚か写真撮りました。立ち止まってないからね。かわいいので、数枚画像アップ

画像


画像


画像


画像


世界の国のデコレーション菓子の次は、お菓子の道具が展示してありました。ところどころ、その道具を使用したらこんな菓子できますよってスポンジケーキが置いてありました。

画像


兵庫のお菓子館出て、次どこ入ろうってウロウロしたけど...。すでに他のパビリオンは3時間待ち。この炎天下、3時間待ちなんてありえんです。えぇ。
暑いので、ソフトクリーム食べよう...とよろよろしながら出店に行ったけど、ソフト20分待ち...。ありえん。
この時間になると、更に人が増え、会場内は一方通行化。戻ろうと思ったら、迂回せんといかんのです。一回迂回しました。動物園抜けて...。
面倒だったけど、動物園から見た姫路城にはうっとりしました。

画像

            
最後に見たのは...。
清水門近くのあまり人のいないパビリオン。「お菓子の学校」お金払ったら、お菓子作りを教えてもらえるみたい。
予約制らしいです。お菓子作りは、いいとして、ここでは、生徒さんの作品がズラっと飾ってあって、ほんと見事だった。
特に姫路城は、すごい。お菓子だから食べれるんだろ~なぁ。

画像

         
画像

ウェディングスイーツ??

お菓子の学校近くに菓子博グッズが販売してたので...。
とりあえず、買ってみました。
マスコットキャラの「ひめか」というらしいです。この丸い物体。

画像

           「ひめか」ストラップ(500円)

いい加減、暑いし、人も多いので、早々に昼過ぎには撤退しました...。


ひめじ菓子博

4月18日~5月11日
9:30~17:30

姫路駅から徒歩15分です。

主なパビリオン

日本縦断!お菓子めぐり館(北海道から沖縄までの銘菓を展示・販売)

夢のスイーツカフェ(有名パティシエの実演)

お菓子の工場(お菓子ができるまでの工程見学。チョコレートの火山が目玉らしい)

昭和のおもちゃ館(昭和のおもちゃと駄菓子の販売)

お菓子の学校(お菓子作りを教えてくれます。生徒さんの作品も展示)

和と洋のシンフォニー館(姫路城と大名行列に白鷺が舞う職人の作品の展示等)

全国工芸菓子館「和の匠館」(山水花鳥風月を表現した100点を超える和風工芸菓子の展示)

夢のお菓子ランド(大手菓子メーカー8社がゲームやお菓子の配布で盛り上げてる)

兵庫のお菓子館(兵庫銘菓の展示・世界のお菓子・お菓子の道具の展示)








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あちゃこ
2008年05月10日 00:20
やはり混んでたか~!
そんだけ美味しそうなもんがあったら無理もないかっ。

一番気になったのは姫路城です・・・。ごめん(笑)
2008年05月10日 20:16
あまりの人に血圧だけがマックスに上りました。
おいしいもんかどうか並んでないのでわからんけど、3時間も並べば、どんなもんもおいしいって思いこまないとやっとられんと思いまふ。

姫路城といえば、暴れん坊将軍のオープニング...。

この記事へのトラックバック