徒然温泉日記「温泉津温泉」温泉津町(島根)

私がいつも使う道は191号線を走るコースから9号線突入か、時間がないなら浜田ICから、国道9号線に出るコース。
浜田の海岸線を出雲方面に向かって走っていたら、温泉津温泉という看板が見えてきます。
まず、迷いません。
国道から、ゆるゆるとした下り坂を下りて行くと、JR温泉津駅が見えてきます。
駅を越えて、更に進んで行くと、石州瓦の使われた建物が立ち並ぶ、温泉津温泉街に到着。
狭い道路に昔懐かしい感じのする街並が素敵です。

画像

            
今回も元湯「泉薬湯」へ。この温泉は、1300年の歴史があり、源泉から、3m以内というすばらしい立地条件で、しかも源泉そのままが湯に使われてます。

画像

                 
脱衣場も、とても古い雰囲気。年代物の扇風機が回ってます。銭湯に付き物の瓶入り牛乳も販売してたり...。ギシギシと床を鳴らして(古いから鳴るんですよ)いざ、温泉へ。
鍾乳石でできたかのような、湯船が登場。お湯は白濁色で五十度前後の含土類食塩泉。浴槽は3つに区切られていて熱い湯・ぬるい湯・座り湯とあります。微妙に温度が違ってたかも...。この鍾乳石みたいなのは、長年積もった湯の花だそうです。ここまで積もるんだから、長い歴史を感じますね。
ここには、湯の色に染まって、微妙な色になってるコップも置いてあります。そう、この温泉飲めるんです。専用蛇口があるので、そこからどうぞ。
地元の人に広島から来んさったんかね?とか聞かれながら、ダラダラと入ってました。

画像


温泉津は、温泉で有名ですが、世界遺産に登録された石見銀山とも深いつながりがあり、歴史の街として、散策してもいいと思います。古い町並みを見るだけで、タイムスリップしたような...。更に、車で10分もしないとこに、櫛島というとこがあります。日本海が一望でき、釣りをする人がたくさん。キャンプもできます。不思議な形の奇岩もいい感じ。
もう一つの楽しみで、温泉津は、「温泉津焼き」でも有名。1600円で、体験できるんです。もちろん、体験済み。忘れた頃に焼きあがって送ってくれます。チョコレートみたいな色のいい感じな作品が届きます。

温泉だけじゃなく、色々楽しめますよ~~

温泉の効能

浴用

慢性関節リウマチ・慢性筋肉リウマチ(特に腰痛)・神経痛、特に座骨神経痛・神経炎・創傷・痛風・尿酸素質・慢性皮膚病

吸入

慢性気管支カタル・咽喉カタル

飲用

慢性胃カタル(特に胃酸現象症)・胃腸アトニー・弛緩性便秘(温泉ならば冷却して飲用)・貧血症・肥胖症・腺病質


元湯「湯薬泉」

0855-65-2052(長命館)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック