Junkie's 徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒然食道楽日記「英記麺家(イェンゲイミンガ)」香港旅行1日目

<<   作成日時 : 2018/05/15 22:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

さてさて。
ホテルに荷物を置いて身軽になったので、早速ランチにGO〜
ホテルの下の道路は車、バス、人でゴッタゴタ〜。
活気具合がハンパないね、香港
画像

行きはバスだったけど、香港の移動はMTR(地下鉄)で移動〜。
モンコック駅へと向かいました
香港の切符はこれ。
画像

このカードをかざして、降りる時には、機械に吸い込まれていく感じ。
カードは繰り返し使用されているんだろうから、エコじゃねーー。
確か、韓国も台湾もこんな感じで、繰り返し使用される切符だったな。
とにかく人だらけの香港。
駅は大体こんな感じで、並んでいるけど、便数が多いので、あんまり待つことはないし、広島のせこい新型三両編成のJRみたくギューギュー詰めになることはなく、列車の中はそんなに密集していないので、不快感はなし〜
画像

当初はめっちゃかわいい点心を提供するロウイェディムサムに行く予定で、MTRを乗り換えたりしてワンチャイ駅に到着し、10分くらい歩いたけれど...
画像

ロウイェディムサムがあるはずの場所は、建て替えかなんか知らんけど、内装工事中。
ガイドブックの内装の写真は近代的でオシャレな感じなんだけど、大がかりな工事っぽいので、もしかしたら潰れたとか
詳細はわからんけど、とりあえずお店はやってなかったわぁ

てことで...
行きたい食事処はふせんを付けて、全部チェックしていたので...
次なる候補は点心ではなく、ラーメン。
日本ではあまりこの手のラーメンは食べられないんだけど、海外の中華街とか、一部中華系場所では食べることができる細麺のワンタン麺。
広島で、ワンタン麺はあってもスープも麺も違っているので、香港では絶対に食べようと思っていたあるよ。
F氏は、特に行きたいところをあげていないので、全て私がお食事処だけチェック
それをF氏に渡したら、地図の王様は全てを調べ上げて、どうやって行くのか旅行前に全て終わらせているというツワモノでございます。
今回、私がリクエストした英記麺家(イェンゲイミンガ)は地球の歩き方に出ていて、ローカルながら常連客は何十年も通っているらしーー。
これは期待大よ〜
英記麺家(イェンゲイミンガ)は、MRTのIsand LineにあるSai Ying Pun駅(西營盤駅 )出口B2から徒歩10分くらい。
駅から上り坂をちょっと上がり、High Streetという通りにあります。
帰りは別のとこから帰ったけど、きっつい坂道は、エスカレーターがついている通りがしっかりとあり、そのエスカレーターを使用したら楽だったわーー。
地図には強い、F氏だけど、香港の地図には絶賛苦戦中。
香港は通り名が通りの入り口と出口くらいしか書いていないみたいで、かなりわかりにくかったらしい。
割と、同じようなところを行ったり来たりしてのお店発見だから、嬉しさは10倍
画像

何だか、DANGERという赤白テープを巻きつけた竹に囲われたいたから、2軒目も工事中かよーーと思ったけど、中を覗いたら営業していたから良かった〜
店内は、縦に長い作りで、私たちが入店した時点では近所の人らがラーメンを食べていて、ローカルな雰囲気むんむん。
画像

麺家って書いてあるけど、店頭では、こんな内臓チックなんもグツグツと煮込まれておりました
画像

鉢の巣みたいなんも、きっと牛のどこかの内臓??
ホルモンはもつ鍋がギリなので、あんまりわからんけど...

一応、メニューのチェックーーー
印刷が滲んだメニューは麺の種類がたくさん。
画像

色々あるけど、私の心はワンタン麺に決まっているので、当然、注文したんは炸雲呑麺(39ドル(日本円で546円))。
画像

海外の中華街で食べるワンタン麺の麺は幼麺という細く縮れた麺が使用されていることが多いです。
画像

香港のワンタン麺も当然、幼麺使用。
この麺が好きなんですよ〜
コシがあり、ツルっとしていて、あっさりとしたワンタン麺のスープにほんとよく合う麺でございまする。
個人的にこの幼麺の香りも好きなんだけどね〜。
ワンタンは、豚肉とエビを揚げたもので、海老の風味と豚肉の風味、両方がしっかりと生きていて、それがスープの中で中身はパンパンにハリがありながらも皮はスープでテロっとしていて、ボリュームもあるので、これが1つの料理になっている感じ。
多分、この5年で食べたラーメンの中ではNo1に位置するワンタン麺でございます

私たちが旨すぎるーーってワーワー言いながら食べていたら...
後から入店してきた、香港在住っぽい英国マダムみたいな3人が、おっちゃん店主(もしくは店主の親族?仕事をせずにぼーっと立っていたので、誰かは不明)に最近、この店は日本人がよく来ているわねみたいな話をしていました。
別に日本人が嫌いってわけじゃなく、なんで日本人が急に増えたの??みたいな話。
おっちゃんは英語で、見たことはないけど、日本のガイドブックに紹介されたみたいですぜ、マダムと答えていて、へぇーー、どんな風に紹介されてるんざんしょねーーと、私たちが話を理解できていないと思って、堂々とそんな話をしてらっしゃる。
アメリカ英語は苦手じゃけど、クイーンズイングリッシュは、ヒソヒソ悪口までしっかりと聞き取りできるあるよ
これは、マダムに地球の歩き方にどのように掲載されていたかを教えてあげんといけんじゃろと思い、マダムらがいるテーブルに振り返り、そのガイドブックはこれよと、掲載されているページを開いて教えてあげました。
日本人話が理解されていたという事実に、マダムたちは若干たじろいだけど、その写真を見て、こりゃ食べたくなる写真ざますわねと、納得しておりました

美味しかったあるよーーと、お礼を言い、マダムたちが良い旅をと言ってくれたので、そこにもお礼を言い、英記麺家を後にしました

ようやく、本場のワンタン麺が食べられたので、香港でやりたいことの一つが達成よーーー
やっぱ、旅先では食が重要よねぇ〜

英記麺家(イェンゲイミンガ/Eng Kee Noodle Shop)
G/F, 32 High Street, Western District
2540-7950
10時〜19時
定休日:月に2日、旧正月に1週間

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徒然食道楽日記「英記麺家(イェンゲイミンガ)」香港旅行1日目 Junkie's 徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる