Junkie's 徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒然釣り日記「阿多田島の渚でチヌ釣り」

<<   作成日時 : 2017/09/08 22:51   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

釜山旅行日記を書いていたけど...
間に旬の釣りネタが入ってきたので、ちょっくら釣り話〜
最近、数が釣れないし、チヌの型も手の平サイズなので、稲さんが、ここはいっちょ宮島の渚で良型狙おうや〜と渚案を練り上げました。
オクシン渡船の予約とか全部稲さんが段取りをしてくれ、前々日に釣行スケジュールが発表されました
なんと、出航時間を5時にしたみたい
日の出が5時45分くらいだから、真っ暗じゃん〜と、言ったけど、ヘッドライト持参ね〜と、稲さんのテンションはすでに天井に到達しそうな勢いでした。
とりあえず、私が言えるんは、渚でしつこく牡蠣筏を焼くかもしらんから、オプション考えとかないとねくらいでしたわぁ。
そして、待ち合わせは、余裕をもって地御前に4時
隣町なのに、早すぎじゃない〜って言ったけど...これくらいじゃないと〜と、稲さんテンションはマックスで、当日の朝は真っ暗な中、稲さんと合流〜。
眠くて目がもげそうよ
そして、オクシンに到着したら、船長が早いね〜〜と、独り言を言いながら、船の方へ。
私たちも真っ暗な中、ヘッドライドをして積み込み作業。
そして...真っ暗な中、出航〜〜
画像
渡船発着場から宮島の渚は結構な近さなので、ちょっとしたら到着。
暗いから気持ち悪いね〜と、ゆきちゃんと2人で言いながら、渚に荷物を降ろしました。
9月に入ると結構、うすら寒くて、すでに裏起毛のジャンパーを着ていたけど、荷物を降ろすくらいじゃ温まらず、まだまだ寒い感じ...。
嫌な季節になりつつあるね〜
白々と明るくなりそうな中、準備をし、結局明るくなった中、準備完了
画像
まずはオキアミね〜と、オキアミを投げたら....
そのままの形で戻ってきました
前日の夜から練りまくった練り餌もあたりがなく、えぇぇーーーー、渚なのにいつもの波止と変わらんじゃんか〜と嫌な予感がフツフツと湧いてきました
そして、3投目という時に、嫌なもんが目に入ってきました...
なんと、ボロ牡蠣筏を引っ張った船が...
うわぁぁぁ、こっち来るな〜って思ったら...来やがりました
ちょうど、筏船の正面で釣っていたゆきちゃんに、ここで筏を焼くから釣るならずっと左でやってくれって言ったらしい。
ゆきちゃんが走って来て、この旨を告げ、このポイントから左は浅くて釣りにならんよね...とまたもや宮島渚から移動をしないといけないことになりました。
めんどくさ〜〜
稲さんが、早速、船長に電話をし、船長は朝ご飯を食べているということで、しばらく待ってくれと。
朝まずめの一番いい時間帯に、荷物をまとめてボーーっと迎えを待つという4時起きの無駄を噛みしめながら船長を待ちましたさ。
ボロ筏は、私たち3人がいたところにどんぴしゃ筏を上げられて、これだけ広い渚でピンポイントでここで焼くという協定があるんじゃろうね、きっと。
とりあえず、今年はほとんどこの焼き牡蠣筏で渚に上がれなかったので、牡蠣を食べる気にはならないわぁ

テンションダダ下がりの中、船長が到着し、次なる釣り場を船長と検討していて、船長が以前の大会で良型が出ただのどうのの磯がええよと、宮島の磯案を出してきました。
私もアオノリとか気になっていたし、磯かな〜って落ちていたテンションが上がり始めたら...
ここで残念なお知らせが...
稲さんが、クロックスを履いて来ていたという〜
ゆきちゃんも、園芸用の足首までのゴム靴...
えぇぇぇ〜〜、もしかしたらのオプションの靴は?????
私一人、オプションの磯靴を持って来ていたという切ない事実...

2人共、可部島の渚には行きたくないってことで、結局、かなり遠くなるけど、プラス1000円足しで阿多田島の渚に行くことになりました
でも、阿多田島までは、一直線に突っ走るクルージングで面白い〜
てか...ちょっと波が高くないかーーい??
そういえば、この日はよそには台風がきてるらしいので、台風の進路からは外れているけど広島も影響を受けているんかもね〜
そして、いよいよ、初の阿多田島渚に到着
画像
船から見ていたけど、宮島渚は、かけ上がりからすぐに深めな感じだけど、阿多田島の渚ってなだらかなかけ上がりみたいで、遠投してなんぼっぽいところなんじゃね
船長が、他の釣り人もいるから、迎えは16時になるよ〜と、恐怖のお迎え時間を告げて、帰って行きました
えぇぇぇ〜〜〜〜、16時までここにいるの〜

実は、この日のコマセはお昼くらいまでの予定の量で作っていたので、16時までとなると、間違いなくコマセが足らなくなりそ〜
画像
何だか、色々とマイナスなことが重なったけど、気を取り直おさないとね〜
宮島の渚は、何度か行っているからポイントがわかるけど、阿多田島の渚は初めてなので、何度か阿多田島渚に行っている稲さんに相談したら、どこでも食うよとのこと。
稲さんは、船を降りて一番遠い右側に釣り座をかまえ、どこでもいいんなら、ここでもいいんかな...と、船を降りたところに決めました。
いざ、釣り座に立つと、気づいたんだけど、どうやら向かい風の強風...
まだ、潮が高めなので、かなり遠投せんといけんような感じなのに、向かい風とか、この日はどんだけなんね〜。

とりあえず、まずはオキアミを付けて、投げてはみたけど...
投げた仕掛けくらいの距離にはコマセが届かんし
まぁ、あて潮だったから、手前にコマセがいくくらいでちょうどいいっしょ〜と、とりあえずポジティブでいこうと、投げ続けるも、オキアミはそのまま戻ってくるし、練り餌も食わないし、宮島の渚と状況は変わらんし...
何をやっても変わらず、風は強くなるばっかの中、2時間に1匹の割合で釣れたのはフグ
画像
ちなみに、いつも針を飲んでしまっているフグだけど、今回はこんな感じで、いい感じの針がかり(笑)
てか、フグも食いが悪いんかね〜。
ほんま、食いが悪いので、途中から針は2号から1号に替えたけど、渚でこれってさえん過ぎ。
だいぶ潮が引いてきて、ようやく釣り場の状況が見えてきたけど...
私が立っているとこ、結構、浅くて潮が右から左に流れているのに、左側はもっと浅いゾーン
こりゃ、食わんわ...と、見渡してみたら、稲さんのとこは深そう。
でも、稲さんも釣れていないから、どこも状況は変わらんような気がするけど、あれでも、深い方が可能性高そうなと思い、バッカン持って、稲さんよりもまだ右側に移動しました〜
ちょっと右に投げてしまったら、タコ仕掛けのブイがあるので、投げるのに気を付けなければいけんけど、でも、もしかしたら何かいいことあるかも〜
でも...何投かしたけど、特に異常はなく、やけくそで、食い渋りイエロー・名前忘れたけど、マルキューの赤練り餌と稲さんにもらったヒロキューのオキアミ練り餌の3種類をミックスして練り直したスペシャル練り餌でブイのすぐ左側に投げました。
そしたら、ラインがピュっと走り、またフグかも??と思いながらもあわせてみたら..
ズシっと重たいよ〜〜
しかも、首を振ってるし、チヌじゃろ、チヌ〜〜
画像

もう、チビチヌでもなんでもいいから、チヌカモーンてな感じで、巻いていったら、衝撃の良型チヌが浮いてきたし
そして...ズルズルと渚に引き上げたチヌは、なんとなんとのデカチヌ
画像
この夏一番なんじゃないん〜〜
この針がかり、無理矢理渚に引っ張り上げたけど、ブチっと取れなくて良かったわぁ
画像


この後、プチ時合いだったのか、稲さんもやった〜〜と、歓声を上げてやり取り開始
画像
本人的には不本意な手の平サイズのチヌだったので、写真もないけど...
こんな日のチヌってめっちゃ貴重な気がするよ、稲さん

時合いはすぐに終了したのか、稲さんのチヌからはフグすら釣れず、16時までの長い時間、また何かのスイッチが魚たちに入らないか待っていたけど、なーーんも...
もう、気力が萎えて、阿多田島の綺麗な小石を拾ったり、散策したりと、時間つぶしモード
画像
稲さんたちも、この後、もうお手上げと納竿しておりました。
だらけていた時に、稲さんが、恐竜の骨〜〜と、投げてきたんがこちら。
画像
写真じゃ微妙だけど、腕の長さよりも結構長くて、不気味な骨をいじっていたら、これって背骨みたいなね。
てことは、恐竜じゃないじゃろ〜と、本気で検討を始め、悩んだ結果、これってでかい魚なんじゃないという結論に
そういえば、私が立っていた後ろに打ち上げられた大きな腐ったハマチが腐臭を放っていて、もしかしたら、この骨もハマチ??
よく考えたら、阿多田島には海上釣り堀があるから、海上釣り堀からの脱走ハマチの成れの果てなんかも〜
いや、ほんま腐臭ハマチを書いていて思い出したけど、私の後ろにあった腐臭ハマチ、潮が満ちてきて、後ろに下がるたびに腐臭が強くなり、ほんまこの日はどんだけなん〜〜って一日でございました

帰りの船は、行きよりももっと激しい波で、ちょっとしたアトラクションでした
最近、車でも平気で酔ってしまうので、帰りの船でも当然船酔いしたけど、でかい波がきた時に、ポーンと突き上げられるのは、楽し過ぎじゃろ〜

その後、某フカセ釣り名人から電話があり、釣行話を話してくれって言ったので、細かく説明したら...
名人も、この日から近い日に私らがいた渚の近くで2日間釣っていて、そのうち1日は、朝から晩まで投げて2枚だったそうな
なんでも、暑い日が続いて塩分濃度が濃くなり、魚がほとんど食わなかったとか言われてました。ほんで、別の数釣り渚でも7人で上がって1枚だったでという情報を教えてくれ、どこも塩分濃度が関係してるん??
素人にはよくわからんけど、毎週の釣果が冬みたいな感じなので、今回も残念〜で片付けられるのがうまくならない要因なんかもね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徒然釣り日記「阿多田島の渚でチヌ釣り」 Junkie's 徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる