Junkie's 徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒然釣り日記「宮島の磯でチヌ釣り」

<<   作成日時 : 2017/06/13 23:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

何だか、出航時間、納竿時間が自由で、船長のお任せコースがワクワク感満載で、オクシン渡船が私たちの中でアワーブーム
またまた、今回もオクシン渡船さんにお世話になることになりました
今回の釣りメイトはジャイアンと稲さんです。
出航を6時にしてもらい、ちょっと早めに行って、稲さんが船長さんとお任せ釣行の場所を話していました。
宮島の渚は、稲さんが以前に可部島で色々あったので、渚は行きたくないみたい。
とりあえず、亀石灯台にしようかと、亀石灯台を目指して出航しました。
私たちは、宮島の鳥居の前をクルージングしているような感じなので、船の上で大騒ぎ
でも、亀石灯台が近づくと、船長がこの日は長潮で潮位が低いので、そんな時はあまり亀石灯台はよくないから、別の場所にしようと、突然行先変更〜。
なんでも、ホウダイってとこが以前に釣れたらしくて、そこに行こうかっていう話。
今まで、聞いたことがない釣り場だったので、ちょっくら楽しみよ〜
そして、宮島のフェリー桟橋から左側はまだ未知の世界だったので、それだけでも楽し過ぎ〜
ワーワー騒いでいたら、船長の言っていたホウダイが見えてきました。
画像
なんと、船長が言っていたホウダイは、旧日本軍の砲台跡でした
以前に江田島の砲台跡を見に行ったことがあるけど、宮島にもあるんじゃね。
船長の話だと、この砲台の上からかなり遠投をするといいとか...。
遠投かぁぁぁ〜。
でも、この砲台、3つあるけど、立てる砲台は1つだけ
で、一番微妙な私が足場のいい砲台に立たせてもらい、稲さんは、砲台の隣にある磯、ジャイアンは立つところがないので、奥まっているので難しそうな砂浜で釣ることになりました
画像
早速、砲台の上で仕掛けの準備。
本日のコマセはこちら。このコマセの半分を使用でございます。
今回はムギスペシャルが入っていないので、コマセがバッチリ飛びそう〜
画像
早速、釣り開始〜
潮は結構速くて、左から右にじゃんじゃん流れていきます。
でも、砲台の右側にブイがあり、流していくとすぐにブイに絡んでしまいそうになるので、何だか微妙...
遠投してもあて潮気味でこちらに流れてくるので、最終的にブイへ集合〜みたいな。
しかもフグが多くて、ハリスをフグに切られて釣りにならん〜〜。
稲さんの磯も同じ感じであたりがないみたいよ。フグまみれだわで、ゲンナリムード。
画像
休憩がてら、ジャイアン渚に行ってみたら、ジャイアン渚はもっとひどくて、びっしりフグ絨毯。
何と、道糸を2回も切られて、たんびに浮きがなくなったとか...
てか、3人ここで投げるのってどうなかね〜。
それから、潮はどんどん引いていって、砲台の下が砂浜になってきて、遠浅っぷりもハンパないくらいになりました。
稲さんは、もう釣りにならんと、私の砲台の遊びに来て、そのままふて寝(昼寝??)モード
画像
ジャイアンも釣りにならんと、場所移動を始めました。
ちょうど、潮が引いてきたので、砲台の隣にある牡蠣殻の山すそを歩き、先端のどん深ポイントからチヌが釣れるらしいポイントのネット周りを狙って頑張っていました
画像
砲台からは釣りにならないので、ジャイアンが何か釣ったら、私らも牡蠣殻山に行こうやぁって稲さんと頼みの綱のジャイアンを砲台から見学していたけど...
結局、大きなフグが釣れていただけでした...
何だか釣れる気がしないので...
船長が釣れなかったら、瀬がわりできるって言っていたので、稲さんがもう限界と船長に電話
ほどなくして、船長が迎えにきてくれました。
船長がジャイアンが牡蠣殻の山でやっているのを見て、これはダメだと船長も思ったみたい。
潮が低い時はここはダメだなって言われてました。
てことで、お次の磯はぐるっと宮島を周って、砲台のちょうど裏側くらいにある磯に上げてもらいました
画像
ここは水深もばっちりあっていい感じここで釣れなかったら、修行して出直せってことじゃろ〜
釣り座はどうしよ〜ってことになり、稲さんはまだ砲台で散々だった心が癒されていないみたいで、船から降りた高めの岩から動きたくない宣言(笑)
てことで、稲さんはその場に残り、私は稲さんの下側にある隙間に降り、ジャイアンは私の右隣の高場の岩に行きました。
画像
早速、再スタート〜〜
潮は左から右にそこそこな速さで流れていっているので、あまり長く流しても、ジャイアンの邪魔になりそうだからちょいちょい流したら回収って感じ。
せっかく瀬替りしたけど、昼過ぎまでなんもあたりなし
いい潮目はできているんだけど、潮目に投げてもフグすら釣れず〜
誰かが釣れたら、ちょっとはテンション上がるんじゃけどね〜。
そうこうしていたら、12時前に干潮を迎え、潮はいよいよ満ち上げてきました。
潮は右から左へ、左から右へと行ったり来たりしていたけど、いよいよ右から左へと流れ始めました。
潮が変わったら、きっといいことあるかも〜と、時々沖に発生する潮目に張り切って投げていたら...
ラインがちょいちょい伸びてちょっとおかしいよ〜
2人に何かきたかも〜と早速、アナウンス
そして、きましたきましたっ
本あたりの後のあわせで、何だかチヌっぽい手ごたえよ〜〜。
画像
待ちに待ったやり取り開始〜〜
そして、釣れた魚は待ちに待ったチヌでした〜〜
画像
画像
もうこの日は釣れないかと思ったくらいずっとあたりがなかった中のチヌゲットでもう嬉しさハンパなし
この後、20分後に更にもう1枚追加っ
両方とも金龍針ネリエ&コーン1号で釣れました〜。

このチヌを見た男性陣。
にわかに活気づき、13時30分くらいに稲さんがまずはおっしゃ〜、きたよきたよ〜とアナウンス〜
めっちゃ楽しそうにやり取りをし、見事タモ入れ完了
画像
稲さんも嬉しい宮島磯チヌをゲット〜
稲さんはこの後、1時間後にもう1枚釣り、2枚のチヌが釣れました
画像
そしてジャイアンは...
稲さんが2枚目を釣った時に、ほどなくしてジャイアンもヒット
画像
あまりにも静かに釣っていたのですぐには気づきませんでした
そして、ジャイアンもチヌをゲットしてここで全員安打となりましたっ
画像
私は時々現れる潮目にずっと投げ続け、この日は久々に絶好調
すでに3枚チヌを釣っていました〜
実は、船長のはからいで、納竿時間を1時間延長されていて、15時まで釣ることができました。
14時40分になって、そろそろ片付けようか...という話になっていた時、ラスト1投のドラマがあるかもしれんけんとりあえず投げてみるっと宣言し、私はちょっとだけ粘り...
なんと、本当にドラマ発生
画像
ドラマ出演のチヌはめっちゃパワフル
グイグイ引いて楽し過ぎる〜
そして釣れたチヌは、この日一番のチヌで間違いなくドラマの主役でした〜
画像
ラストにもう1枚追加でき、午後に入ってからの釣果は4枚。
私にしては大大満足の釣果となりましたっ

15時に船長に回収してもらい、港に着いてから船長と話していたけど...
砲台はやっぱり潮が低い時にはあんまりよくないね〜という話になりました。実はまだ、潮が高い時以外、あんまり人が上がっていないらしく、実績調査中とのこと。
次回からは潮が高い時に上げることにしようってことになったけど、あの釣り場って水道筋だから、大潮とか潮が速い時なんかめっちゃ潮が川みたいになるんじゃないかね〜
私には難しそうだ...と思った次第なり。

6月4日
長潮
(厳島)
満潮:5時11分
干潮:11時44分

竿:シマノ硬調黒鯛0号
道糸:シマノ ファイアーブラッドハイパーリベルαナイロンゼロサスペンド1.7号
ハリス: TORAY  トヨフロンスーパーL EX 1.2号
針: 金龍針 SSチヌ1号、金龍針ネリエ&コーン1号


チヌが釣れた時間
12時55分
13時20分
14時10分
14時45分


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徒然釣り日記「宮島の磯でチヌ釣り」 Junkie's 徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる